☆ Mファイル 2002 ☆

「宇宙エネルギーの基本」

 宇宙エネルギーの基本   投稿者:M   投稿日:2002年10月

 現実に私達の目の前から、無限の宇宙が広がり、決してとぎれることはありません。
 (ただし、これも想像です)

 「宇宙の全てを支配する偉大なる流れ」をどうイメージするか。それは一人一人の
 「心」としか言いようがありません。
 心がきれいだ、心が豊かだ、心が強い等々 等々です。きれいな、暖かい、広い
 宇宙を想像して下さい、とたわいないことしか言えません。

 心に描く宇宙が即ち、偉大なる流れです????
 (判ったような、判らないようなことで、スイマセン)
 それでは、もう一度確認するつもりで読んでみて下さい。

 1.(1)エネルギーなら、とにかくなんでもいいや、の調子でエネルギーを取るか
   (2)手の届くような、ごく近くの空間からエネルギーを取るか
   (3)心静かに想いを集中し、無限の彼方から、本当にすてきな、きれいな、能力の
      高いエネルギーを取るか
 そして、取った(もらった、供給された)エネルギーをj自分を通すのか、通さないのか。

 2.(1)エネルギーをボールを掴むようにして、直接相手(目的物)に送る(投げる)のか
   (2)エネルギーを自分を通し(流し)てから、相手(目的物)に送るのか
 相手(目的物)に送る、封入する時、条件設定(あるいはお願い)をするのか、しないのか

 3.(1)ただ単に送る(渡す)・・・ボールのように相手に投げつける事、投げ渡す事は
      でき、衝撃を与える事はできるが、封入はできない
   (2)相手(目的物)に、ただ単に封入する・・・エネルギーは働いてくれない
   (3)相手(目的物)に封入する。その時、「入ったら」○○○して下さいと条件
      設定やお願いをする
 相手(目的物)をどう想う、イメージするかも大事です。

 4.(1)コップの水           一人の人間
   (2)コップの水の分子      腫瘍(単にがんの塊)
   (3)コップの水の分子全部   がん細胞(細胞質を含めたもの)全部

 ここまでは、吾蘇慕宇会では全て(3)を実施するのが、基本であり、原則です。

 そして、ここまでは、頭で大脳で、そして心で考えても思っても良いし、身体を
 軽く動かしても構いません。しかし、しかしですよ。送る時、封入する時は、
 何も考えず無我無欲の状態です。

 簡単に言うと、自分を信じなさい。宇宙エネルギーを信じなさい。封入する事が必ず、
 絶対できると自分を信じること。宇宙エネルギーは、自分が思った通り、イメージした通りに
 働いてくれる、活躍してくれると、宇宙エネルギーを信じる事。

 したがって、封入の最中に、一瞬でも不安を持ったり、疑ったり、確認したりしない事。
 (入ってるかな、入ったかな、100%かな、大丈夫かな等々)

 1−(3)、2−(2)、3−(3)、4−(3)と考える、あるいは思う、イメージする。
 次の瞬間からは、自分を信じ、宇宙エネルギーを信じ、ただ単に入れる、封入する。
 終わったら、確認する事ができる。封入の最中(ほんの一瞬)は、無です。
 脳の力も入らず、筋肉の力も入らず、です。

 心で想う(入りなさい、入って下さい、入れ)ただこれだけです。
 単純すぎるのです。

 先輩面はしたものの、やはり文章にするのは難しい。
 単純すぎる言葉から、一人一人すてきなイメージを強く持てるようにしてください。



Mファイル2002へもどるトップページへもどる