☆ Mファイル 2003 ☆

「宇宙エネルギー考」


 宇宙エネルギー考  投稿者:M 投稿日:2003年 3月

 「マンガでわかる不思議の科学・そーなんだ!」を読んでいたら「条件反射」に関する
 文章があり、

 ○練習とは
  「うまくできたらいいなあ」という理想と
  「うまくできないなあ」という気持の差を埋めること

 とあり、練習を吾蘇慕宇会でいう「研鑽」「あそびましょう」に置き換えて理想を現実、
 当たり前に しましょう。

 また、
 ○反射とは、
   脳以外のところからの指令によって起きる、生まれつき身に備わった本能行動の一つ
 ○条件反射とは、
   反射という本能行動の上に、これまで経験してきたことが条件付けとなり、知らず
   知らず身に付いていくもの
 ○学習とは、
   条件付けを複雑にしていったもの

 以上のことから、仮説として

 宇宙エネルギーを出すことは、生まれつき身に備わった本能行動の一つであり、「宇宙エネ
 ルギーを出す」と想う、あるいは自分で決めた特定の動作をすると、宇宙エネルギーが出ると
 条件付けすることなのかもしれない。

 練習をして学習することにより、想えば純粋100%の宇宙エネルギーが出る。特定の動作を
 すると、純粋100%の宇宙エネルギーが出る、出せるのです。
 したがって、超能力でもなければ特殊能力でもなく、単なる能力なのです。

 2月中旬、NASA発表とする新聞記事に、

 「宇宙全体のエネルギーのうち、水素など星をつくるふつう物質は4%に過ぎず、正体不明の
 暗黒物質(ダークマター)が23%、残り73%はアインシュタインが予言した宇宙定数
 (ダークエネルギー)だった」

 という記事を目にした時、
 偉大なる流れは「この世のみならず宇宙の総てを支配している〜」とある以上、4%の
 ふつう物質はもちろん23%のダークマター、73%のダークエネルギーの総てを内包し
 支配している。

 普通物質と暗黒物質は物質なので、現段階では直接考察することないにしても、ダークエネ
 ルギーについては、いろいろと想像すべきではないだろうか。

 「偉大なる流れ」「宇宙エネルギー」「ダークエネルギー」をどのように解釈し、理解するか、
 そして結論、答えはといそぐ必要はないと考えてます。結論や答えを出すことより、一つでも
 多くの結果を出す、事実を正しく表現することだと思います。

 そして、イメージすることは自由なので、どんどん発展させてみるのも面白く楽しいのではない
 だろうか。私達は、宇宙の73%を占めるダークエネルギーに触れているのではなく、ダーク
 エネルギーにどっぷりとつかっていると想うべきではないでしょうか。

 人間は、究極的には原子の集まりであり、原子は電子と原子核(陽子と中性子)から成って
 いるという。

 一説によると、原子核をサッカーボールの大きさにして東京駅に置くと、電子はパチンコ玉の
 大きさで小田原あたりに位置しているという。

 肉眼で見たところ、正常な皮膚や膜からは空気も水も漏れないと考えているが、物理学的に
 検証していくと、肉体は原子の集まりであり、電子と原子核のあいだは相手が見えない程の
 距離である。このキョリ間、スペースには何もないのか。何もないのではなく、ここにダーク
 エネルギーが存在している、流れている。ダークエネルギー(宇宙エネルギー)があるから、
 電子と原子核との距離が正しく保たれ、原子として存在できているのではないだろうか。

 もし、電子と原子核の間に本当に何もなければどうなるのだろう。ちょっとした力が加わったり、
 熱、エネルギーが作用したら粒子と粒子の衝突ばかりで、原子として存在できているので
 あろうか。

 宇宙では音が伝わらない。宇宙には何もないからだ。これは単に宇宙に空気がないからだと
 判った。だから、宇宙には空気も何もないと結論を出すことはできないと思う。
 音は伝わらないが、太陽の光や熱が地球に届くのは何故だろう。何もない宇宙でロケットや
 宇宙船が飛び続けるのは何故だろう。何もなければ、推進力、反発力も生まれないのに、
 どうして進むのだろう。銀河が渦巻きで回り続けるのはどうしてだろう。

 光を伝え、熱、エネルギーを届けるモノがダークエネルギー(宇宙エネルギー)の中に
 含まれていたら、と想像すると実に楽しくなる。

 話はもどるが、

 私達人間の身体は、物質、物体の集合体であり、そしてそれらは分子で出来ていて、
 分子は原子の化学結合したものである。

 従って、人間は原子の集まりであり、スカスカ状態なのです。単なるスカスカではなく、
 粒子(電子)と粒子(陽子・中性子)の間は、宇宙エネルギー(ダークエネルギー)で満たされ
 ている。そして、身体の外の全宇宙とつながっている、広がっていると想うならば、宇宙エネ
 ルギーを出すことは、いとも簡単なことである。

 ただ、ダークエネルギーなら何でもいいというのではなく、人間に必要な宇宙エネルギーを
 取り込み、利用するということであろう。

 そのためにも、安全、確実、純粋性をとるならば、「(宇宙)エネルギー回路」や「(宇宙)エネ
 ルギーパイプ」を使うべきである。それによって、意のままに宇宙エネルギーを利用できると
 想っています。

 宇宙エネルギーに満たされた中に原子が存在している。
 この宇宙エネルギーが常に新鮮で、パワァーフルで、エネルギッシュであるならば、そこに
 存在する原子も常に元気なのではないだろうか。元気な原子が集まれば−−−。
 キレイな力強い粒子の集まりで、柔らかい波動を出し続けるならば−−−。

 意のままに宇宙エネルギーをどんどん取り込んで、どんどん順方向に流し、身体も心も元気に
 なりましょう。      
    


Mファイル2003へもどるトップページへもどる