☆ Mファイル 2004 ☆

「無意識のクセ」


 おこんばんは・無意識のクセ   投稿者:M    投稿日:2004年11月

 吾蘇慕宇会の皆さんは、『宇宙=偉大なる流れ』を、当たり前に知り、
 良く理解しているので、今日の文章には一言も明記しませんでした。
 かつて所属していた会では、カラダとココロが調和し修得して、
 ある動作や仕草をすると『偉大なる流れ』と同通する『無意識のクセ』を、
 それぞれ各自で完成させていました。

 以後、『無意識のクセ』で、エネアソビや研鑽が出来る様になったので、
 その会では『偉大なる流れ』を、使わなくなってしまったのです。
 そうなんです。彼らは、敢えて、使う必要性が無くなったのです。
 タ ダ ソ レ ダ ケ ノ コ ト デ ス。

 そこでの『無意識のクセ』でエネアソビをしているセンパイを『観て育った後輩』や
 『観て育った後輩』を『観て育った後後輩』は、もう偉大なる流れを知ることは無かった。

 「無意識」の恐力。「クセ」の偉大なる力。
 「宇宙エネルギー」の世界を、言葉にし、文字にしようとすると
 『頭が頭痛で痛い』です。
                            M



 こんばんは。   投稿者:M   投稿日:2004年11月

 目に観えないモノや物事、さらに手で触ることの出来ないモノに関して、
 書けば書くほど、目に見える文字・文章となり、一人歩きします。

 意味、内容が判らない時は、辞書を引きます。
 辞書を引くと、「既存」の意味、内容そして常識が出てきます。
 ですから、本来は、文字文章化すべきでないと、常々、思っていました。

 でも、それでは、後世(子供達)に伝わらないのです。(超?)インカ文明のように。
 書き手と読み手が、少しでも同じ意味、内容で進んで行けるようにと願って、
 敢えて、誤解を恐れず、文字文章化しています。

 文章を「ミル」、姿・形を「ミル」と、内容・中身を「キク」では、大違いです。
 例えば、封入やトリートメントを箇条書きすると、次のようになってしまいます。

 ○宇宙エネルギーを取り込み、両手から出す。
 ○正確に、シッカリと対象物を両手で挟み持ってきて、的確に、狙い通りに
   対象物に宇宙エネルギーを送り、封入またはトリートメントする。
 ○さらに、もっと、もっと沢山、溢れんばかり目一杯押し込む。
   あるいは、元気になれ、正常になれと宇宙エネルギーを送り続ける。

 さらに、例え話として、
 自分の「肉体の手」とイメージの中の「エネルギーの手」が、全く同じ動きをする。
 二つの手が同時連動している。と考えてみてはどうでしょうか。
 「肉体の手」が動けば、マッタク同じ様に「エネルギーの手」も動く。
 「エネルギーの手」が動けば、マッタク同じ様に「肉体の手」も動く。

 文字で表現すると、この様なことです。ますます????になったのでは。

 トリートメントや封入については、基本的に、4種類あると考えています。
  1.本人(物体)に触って、直接トリートメントする。
  2.遠くにいる人(物体)のエネルギー体を持って来て、遠隔トリートメントする。
  3.遠くにいる人(物体)にエネルギーを送って遠隔トリートメントする。
  4.上記1.と2.を同時にする。(ダブルエントリ)

 自分が、上記4種類のうち、どれをするのか。トリートメントなのか封入なのか。
 あるいは、さらに改善、発展させた方法、技術でやるのか。

 『たった一つ』の方法、やり方、技術で何もかも全てをやろうと考えないで下さい。

 ここからが出発点、つまりスタートなのです。決して、終着点や結論ではありません。
 どんどん、改善、発展そして進化させ「能力アップ」していってください。
 でも、出発点の基本、基礎だけは、最強のものを築いてください。

 アルと確信しているのは、「ココロ」と「エネルギー」です。
 頭で考えた後は、ココロでエネルギーを使うことです。
 頭で科学的、医学的に考え、考えがまとまったら、
 そのとおりに、ココロでトリートメントを実施しましょう。       M
                      


 おこんばんは。について 投稿者:6年生 投稿日:2004年11月

 Mさんありがとうございます。口が酸っぱくなるおもいもなさっているのかも
 知れませんが「誤解を恐れず」文章化、お願いします。

 『観て育った後輩』である諸先輩が「偉大なる流れとの同通」を伝えなくなっているのは、
  (1) 誤解されやすいから、今は(いつまで?)やめとこう 
  (2) そんなのいらない大丈夫、とホンキで思っているから
  (3) 知りませんでしたあ!
 などになるのでしょうか。少し悲しい(-_-)



 こんばんは〜   投稿者:はる    投稿日:2004年11月

 宇宙エネルギーの使い方を後世に伝えるというのは、とても大事なことですね。
 宇宙エネルギーであそんでいるうちに、いつの間にかそういうことを考えています。

 宇宙エネルギーを使い続けてゆく上で、宇宙の原理・原則を素直に感じ、受け入れる
 ことは重要なことであると思います。
 それは「禅」にも似て、文字や理屈のみでは完全に伝えることが難しい領域では
 ないでしょうか。
 2次元の世界の人間に、3次元の世界を説明するのと同じようなものなのかもしれませんね。



 今晩和      投稿者:いっぽう  投稿日:2004年11月

 “目に見えぬ”エネルギー世界のことを目に見える形として表現するため、深く説明すれば
 するほど、本来のものから遠ざかっていってしまう…怖さ?ということなのでしょうね。

 その意味からすると、物足りなさはあるものの、複雑な用語よりも、シンプルな単語の方が、
 より本質を意図しやすいという…ということも…わかるような気が致します〜☆
 これが、現実の脳で考えるというより、エネルギーの脳で理解する〜ということに
 つながるのでしょうか…



 
                                        

Mファイル2004へもどるトップページへもどる