☆ Mファイル 2004 ☆

「想いを込めて」

 想いを込めて    投稿者:M    投稿日:2004年 3月

 エネルギーを感じる事が良いとか、悪いとか言うつもりはありません。
 感覚のある人は、さらに本質を極められるような感覚の性能を高める努力を怠らないで
 下さい。

 しかし、今回は感じる事につき、たまには逆の発想というか、違う考え方をしてみませんか、
 と問いかけてみます。

 ・エネルギーを感じることが「できる。」でも、トリートメントで効果や結果をほとんど
  出せない

 ・エネルギーを感じることが「できない。」でも、トリートメントで効果や結果を沢山
  出すことができる

 (1) 感じて、どうするのですか
 (2) 感じたら、どうだというのですか
 (3) 感じたら、何かあるんですか
 (4) 感じても、何も効果や成果も出すことができなかったら、どうするんですか。
     研鑽することができますか。
 (5) エネ遊びとは、感じることですか。その違いを表現することがエネ遊びなのですか。

 感じている時は、いつもいつも総てが同一条件なのですか。体調や精神状態は、
 毎回同じですか。環境や雰囲気はいつも同じですか。

 自分や他の人が出すエネルギーや、出しているエネルギーは感じて、大いに、時には
 自慢げに表現するが、入ってくるエネルギーや、取り込んでいるエネルギーについては
 ほとんど表現する人がいない。

 エネルギーなら、どんなエネルギーが入ってきても良いのですか。

 今後は、自分に入ってくるエネルギー、自分が取り込んでいるエネルギーについて、
 感じてみませんか。心を、想いを注いでみませんか。

 例えば、  きれいなエネルギー    あたたかいエネルギー
       気持ちよいエネルギー    さわやかなエネルギー
       さらさらしたエネルギー   まぶしいエネルギー    等々と。


 参考になるか、ヒントになるかどうか判りませんが、車はエンジンオイル、ガソリンや
 軽油そしてグリース等々のオイルを必要とします。

 それらの各オイルを車に注入したときは、どれもキレイで力もあり、本来の働きをする
 能力を持っているはずです。そして、運転をすれば、それぞれのオイルは車をスムースに
 動かすために、がんばってくれるでしょう、働いてくれるでしょう。

 その結果、変質したり、色よごれ真っ黒になり、異臭さえ放ちます。
 ガンバってくれた、働いてくれたオイルをキタナイ、クサイ等々といって捨てますか。
 それとも。「ガンバってくれたね、おまえ(オイル)のおかげで、毎日安全な楽しい
 ドライブができたよ、ご苦労さん」といってオイル交換しますか。

 エネルギーを扱うについても、非常に似たところがあると想っています。
 エネルギーがガンバって働いてくれたので、現在の自分が存在しているのでは
 ないだろうか。

 自分や他の人から出るエネルギーを、マイナスエネルギーとか、ピリピリ、チクチク
 するとか、冷たいとか、何か変な感じがするエネルギーだとか表現するのは、
 正しいことなのだろうか、本質に近づいていることなのだろうか。

 私は、ほとんど感覚はありませんので、トリートメントする時の基本として、
 『新しい力のある能力の高い宇宙エネルギーを○○さんに入れる(送る)ので、
 役目の終ったエネルギーは、○○さんから出て、宇宙へ返って下さい。ごくろうさん、
 ありがとう』と想いを込めています。       



Mファイル2004へもどるトップページへもどる