☆ Mファイル 2004 ☆
 
「量子脳理論」

 こんばんは。   投稿者:hana    投稿日:2004年 1月

 ミニトリしながら、ふと気になることがあって、最近あらためてMファイルを読み返してみたり
 しています。 すると、う〜ん。
 こんなに詳しく書かれていたのね、と一昨年の6月の「水」についての記述に、今更ながら…
 知る必要があってのことですがとても、新鮮な気持ちで読みました。Mさん、ありがとうございます。



 量子脳理論    投稿者:M    投稿日:2004年 1月

 本年もよろしく。
 hanaさんのカキコに、ピピピと反応してしまいました。

 2002年6月
 Mファイル「ウォーターミステリー(霊水の正体)」の中に書いた「量子場脳理論」について、
 月刊「ムー」2月号にその内容が簡単にまとめられていました。
 
 月刊「ムー」2月号
 「深層催眠で人は超人に変わる」
 特に、第3章(34P)から第4章(43P)までは、興味をひきました。

 (1)本編では、量子「場」ではなく、量子脳理論になっています。
 (2)吾蘇慕宇会と催眠術は、直接関係は全くありません。
 (3)吾蘇慕宇会は、超能力ではなく、能力ですので、既存の霊術や新宗教と
    混同しないで下さい。
 (4)43P上のイラストは、充分参考になると思います。
    学者がマイクロチューブルであるならば、オカルトをはるかに飛び越えて
    いると思っている私は、ナノチューブルで遊んでいます。
 (5)脳波についても、宇宙エネルギーを取り入れ、出し続けることにより、
    意識的、積極的に、シータ波さらにデルタ波が出せると信じています。

 1週間ほど前、映画「コア」のDVDを観ていたら、地球が磁石になる仕組みや、
 磁気を発生させ、磁力線で地球を包む大切さ等々を説明するシーンがあり、
 いまだ理解できるはずもないのですが、宇宙エネルギー使いとしては、映画が終る頃には、
 地球を念入りにトリートメントし、コアの外側部分を特に特に念入りにトリートメントし、
 液状体が順方向に正常活発に動き、流れ、回るように宇宙エネルギーを封入していました。

 強い、きれいな磁気であり、磁力線で、地球を包み守って欲しいものです。
 映画のように、磁場が乱れたり、穴があいたりしないように…。
 さて、何が起きるやら。
 札幌の緯度で、オーロラが見れたら楽しいですね。


 

Mファイル2004へもどるトップページへもどる