☆ Mファイル 2004 ☆

「三重小周天」


 
三重小周天      投稿者:M   投稿日:2004年 1月

 三重小周天あるいは三層小周天のほうが分かりやすいかな。
 気功の世界においては、小周天という気の流れが…。

 小周天についての詳細は、省略。

 私も初めのころは、小周天という気の流れが1本(1管)と理解しておりました。
 研鑽することにより、例えば宇宙エネルギーの粒子が極微小になればなるほど、
 または宇宙エネルギーの周波数がウルトラになればなるほど、判ってきたことは、
 1本(あるいは1管)と理解していたのが、実はその内部が三重、あるいは三層である
 ということです。

 1.皮膚に接して皮膚の上(身体の外)を流れ回る小周天
 2.皮膚そのもの(皮膚の中)を流れ回る小周天
 3.皮膚に接して皮膚の下(身体の内)を流れ回る小周天

 の三重(三層)であり、流れる速さが三つとも違うということです。健康な人ほど
 流れる速さが違います。

 宇宙エネルギーがどこを流れているかを感じるよりも、身体が暖かくなったり、楽になるなどの
 変化を楽しんでください。        

 

Mファイル2004へもどる トップページへもどる