☆ Mファイル 2005 ☆

 「宇宙エネルギーは情報だ!」

 宇宙エネルギーは情報だ!   投稿者: M    投稿日: 2005年4月

 現段階において、宇宙エネルギーは『情報』だと言うことです。
 物理学者、科学者そして宗教家、オカルト系の人々を始め世間一般人は、
 「エネルギー」という言葉をそれぞれの立場で使っています。
 (ただし、中には、全く気楽にあるいは知ったかぶりの無責任の発言もありますが)

 吾蘇慕宇会においては、敢えて、敢えて『宇宙エネルギー』と表現しています。

 物理学的な『仕事量』や『力の大きさ』ではないということです。
 既存宗教的、オカルト的なモノとも全く別のエネルギーなのです。
 なぜなら、宇宙エネルギーそのもので、スプーンを曲げる事もできないし、
 骨を曲げる事も伸ばす事もできません。
 どうしても曲げたい人は、万力や道具を使って曲げれば済むことではないでしょうか。

 既存エネルギー使いが、トリートメントと称してやっているコトは何なのでしょう。
 エネルギーを『力』つまりスプーンを曲げる『力』と同じ様に考え、教え、教えられ、
 何の疑いもなく信じている人があまりにも多すぎて驚いています。

 イメージで肉体(カラダ)から骨を取り出して、自分の両手で、曲げたり、伸ばしたり、
 揉んだり、ねじったり等などと絶えず両手を動かし、汗をかきながらそして
 時々イテテテ〜などと奇声を上げたりしているのを見ると不思議な事をしているな〜と、
 本当に感心してしまいます。

 イメージで肉体(カラダ)から骨を取り出し、両手の中に持ってきた『骨』は何なのでしょう。
 骨のコピー・複製物なのだろうか。でも、カタチなどは全く有りません。
 目で見えなくてはコピー・複製物とは言えません。
 セミやヘビの脱皮のようなことでイメージして見てはどうだろうか。
 では、皮を持ってきたのだろうか、中身を持ってきたのだろうか。

 何故、忙しく両手を動かすのだろう。何故、イテテテ〜などと奇声をあげるのだろう。
 皆さんは不思議に思った事はないのですか。
 ただただ、スゴイナ〜と感心と驚きだけですか。

 大げさに言えば、彼らは、闘っているのです。(あるいは肉体労働をしているのです)
 『力』とチカラの闘いなのだと私は考えています。
 だから、疲れる。4、5人トリートメントするとすっかり調子を乱し具合が悪くなるのです。

 目に見えない相手(取り出した骨)と闘っているのです。
 両手を使い、腕を使い、筋肉を使い、生体エネルギー(元気、精力)を使い、
 生命エネルギー(生命力)を使って、相手(骨)と闘っているのです。
 時々、相手の反撃に会い、イテテテ〜となるのです。

 連戦連勝したとしても、時には、生体・生命エネルギーが完全補充されないうちに、
 次の闘いが始まったらどうするのだろう。
 こんな闘いを5年、10年、20年と続けたらどうなるのだろう。
 諺曰く、「拝み屋の、野垂れ死に」という事になるのではないでしょうか。

 エネルギーによるトリートメントとは『力』による闘いなのだろか。
 エネルギーは『力』『チカラ』『ちから』なのだろうか。

 特に、相手と闘い、ねじ伏せる、あるいは自分の思い通りにする『力』なのだろうか。
 魔法使いの魔術や錬金術のようにAをBに『変えるチカラ』なのでしょうか。

 宇宙エネルギーあるいは単にエネルギーとはなんなのでしょう。
 特に、宇宙エネルギー使いである我々が使っている(取り入れて、だしている)
 宇宙エネルギーとはなんなのでしょうか。
 現段階で、大雑把に、一言で言うならば、『情報』だということです。
 (チカラが全くないと言うことではありません)
 (細かなことや推論、仮説的な発言もしたいのですが、ここでは差し控えます)

 数千年生きてきた大木、数万年前から存在している奇岩等などから
 エネルギーを貰ったとしても、たかが知れているのではないでしょうか。
 それよりも、ここで言う大木、奇岩の「エネルギー」とは何なのでしょう。

 いずれも、この世、現実世界に存在するモノからエネルギーを貰って
 どうしようと言うのだろう。自分の内部に取り込む事は出来るかもしれないが、
 次があるのだろうか。

 この世のエネルギーは、この世でしか効力が及ばないし、
 ましてや、時間と次元を超越できるとは、どうしても考える事ができないのです。
 カミのいる世界、タマシイのいる世界そしてココロがある世界までは、
 到底エネルギーは届かないし、内部や中身をトリートメントは出来ないのです。


 何度でも問いかけます。
 あなたの使っているエネルギーとはなんなのですか。

 イメージで肉体(カラダ)から骨を取り出して、両手に持ってきたのは『骨』ではなく
 『骨のエネルギー体』です。
 では、このエネルギー体とは何なのでしょう。一言で言えばエネルギーの集合体です。
 どんなエネルギーが集まって「骨のカタチ」を成しているのでしょう。
 『力』や『パワー』の集合体なのでしょうか。それとも、情報の集合体なのでしょうか。
 私は、情報の集まりだと考えております。
 『エネルギー体』=『情報の集合体』だからこそ浄化やトリートメントが出来るのでは
 ないでしょうか。(ただし、完全なイコールではありません)

 「骨のエネルギー」、「骨のエネルギー体」を「エネルギーの手」あるいは「肉体の手」で触り、
 つまり情報をキャッチすることにより、骨が曲がっている、傷ついている、
 疲れている等などの判断が出来るのです。

 したがって、『この世のみならず、宇宙の総てを支配している偉大なる流れ』から、
 理想の骨、正常な骨、健康な骨、元気な骨などなどの『骨』に関する『情報』を貰い
 「実物の骨」に送ってあげる。
 送り、封入した宇宙エネルギーに、必要な具体的な『情報』として働いてもらうと同時に
 実物の骨にも『情報』どおりになるよう動いてもらう。

 魔法のように「パァ、パァ」と変化はないが、トリートメント後時間の経過と共に
 『情報』どおりの正常な骨、元気な骨になるのです。
 大原則は、「骨」自ら動くと言うことです。両手で「骨」を動かす必要はないのです。
 (アイダノエネルギータイのトリートメントも考えの基本は上記と同じです)

 ただし、情報の量や情報の質そして情報の伝わる速さが、
 宇宙エネルギー使いによって個人差つまり能力の差があることを十分理解して下さい。
 ですから、骨を曲げるパワーアップではなく、
 宇宙エネルギーを取り込むパワーアップが必要なのです。
 「骨」の表面ではなく、「骨」の奥の奥つまり骨細胞そして骨細胞の細胞質さらに細胞質を
 造っている分子にまで宇宙エネルギーを送り込める(封入できる)チカラ(能力)が
 必要となって来るのです。
 我々宇宙エネルギー使いが言う能力アップ、パワーアップ、バージョンアップ、レベルアップ
 などは、『宇宙エネルギーを取り込む為』には絶対必要なことなのです。

 今回のカキコが「結論」でもないし「答え」でもありません。
 ここからがスタートなのです。
 このようなコトを基礎にして、遊んでみましょう、研鑽してみましょう。
                                      M
                                         


 (A) 元気になれ。オレが元気にしてやる。

 (B) 元気にして下さい。宇宙エネルギーよ奥の奥、今まで届かなかった
     更に奥まで入ってZ君を元気にしてね。

 吾蘇慕宇会の皆さんは、上記(A)と(B)の違いは解りますよね。
 (遠隔)トリートメントに関するココロの基本、言葉、動作の基本です。

 (A)は、オレが主役です。
 したがって、オレのチカラ、オレの能力の総てを使って元気にしてやる、
 オレが治してやる。
 総て、オレつまり自分の持っているモノを使ってそして減らしてやることです。
 使った分、減った分を改めて別行動(通常は、難行苦行あるいは修行)で、
 補充備蓄しなくてはなりません。
 でも、殆どのヒトは、適切、十二分な補充備蓄はできません。
 30年、40年、50年とホントウの修行したら………。

 (B)は、宇宙エネルギーが主役です。
 オレは媒介体、仲介体です。主役ではないが、でも、主役と同じなのです。
 (この表現は、正しくないですね。言葉で表現できない事をイメージして下さい)
 主役ではないが、主役と同じと敢えて言ったのは、オレである自分を通して、
 自分の中、内部を通して宇宙エネルギーを出して、送るからです。
 『偉大なる流れ』と同通して宇宙エネルギーを取り込み、Z君に送る。
 そして、Z君の中に入ったら、Z君を元気にして下さい。

 これが、宇宙エネルギー使いの私達の(遠隔)トリートメントの基本です。
 本当に簡単です。(簡単すぎるので高学歴の人ほどイロイロ考えるのです)
 でも、宇宙エネルギーを自分のナカを通すので、
 宇宙エネルギーの持っている情報をはじめ、宇宙エネルギーの総てが
 自分のナカにどんどん貯まっていくのです。


 宇宙エネルギーの持っている総てとは、
 「この世のみならず宇宙の総て」の情報です。(情報だけではないと想いますが…)
 宇宙に関する総てです。当然、人間に関する総てです。
 生きることの総て、生活することの総て、前世、現世、来世の総てです。

 最初は薄くて全く解らない情報でも、何度も何度も宇宙エネルギーを取り入れて
 いるうちに、だんだん濃く鮮明な情報になってきて、ある時、正確な情報として
 閃いたり、思いついたり、更には(勝手に)やっていたり、(話の流れに乗って
 考えてもいないのに)喋らされたり等して、自分の大脳がキャッチして、
 理解ができ、納得できるのです。

 ヒラメキは特に特に大切にして下さい。閃いた瞬間にメモを取るくらいのココロ構えが
 必要です。後で考えて、思い出すことのできないくらいのモノです。
 宇宙エネルギーの情報は日本語で来ないのが最大の悩みなのです。
 当然、宇宙エネルギーのお告げもありません。

 正しい言葉、正確な言葉、科学的な言葉、医学的な言葉、誰もが解る言葉を使って
 アソビましょう。研鑽しましょう。 



Mファイル2005へもどるトップページへもどる