☆ Mファイル 2005 ☆

 「願う 思う 念力 との違い」 

 おはようございます   投稿者:大津 峯子  投稿日:2005年 7月

 世に言われていることは、エネルギーという科学で検証していくと、どうなるか。。。

 この視点から、みてみると、今までと異なる情報処理になるのが、ちょっと面白い。
 願えば叶うというならば、願う”エネルギー”は、なんなのか。
 思えば叶うというならば、思う”エネルギー”は、なんなのか。

 宇宙エネルギーでそれらをおこすには、どうしたらいいのか。

 知りたいこと、いっぱいで、やってみたいこと、いっぱい。
 こちらのレベルが上がれば、情報処理のレベルも上がる。
 こうして、さらに「能力」が伸びていく。ますます、楽しみ。



 (無題)    投稿者:関西人   投稿日:2005年 7月

 >願えば叶うというならば、願う”エネルギー”は、なんなのか。
 > 思えば叶うというならば、思う”エネルギー”は、なんなのか。
 ・・・それは念力です。。はい



 こんばんは、関西人さん   投稿者:M   投稿日:2005年 7月

 「願う」「思う」「念力」

 これ等は総て人間の「大脳」の働きでありチカラであると考えています。
 既存のエネルギー使いと称する人達は、「願う」「思う」「念ずる」で『ヨシ』と
 したのでしょうが、吾蘇慕宇会においては、既存会派や他グループの考え方、
 価値観を取り入れません。

 
なぜならば、宇宙エネルギー使い本人が、願いや思いを叶えるために、
 自らの大脳を動かし働かして、念じないからです。


 宇宙エネルギー使いといえども、三次元世界に住む、肉体を持った人間です。
 その肉体の一部である「大脳」のする事、できる事などたかがしれています。
 勿論、筋肉を使って出来ることなどは機械には到底及ばないのです。

 宇宙エネルギーにお願いする。そして、願いを実現してもらう。
 宇宙エネルギーに条件を設定する。そして、条件を成就してもらう。
 
宇宙エネルギー使いが自らハタラクのではなく、宇宙エネルギーにハタライて
 もらうのです。


 したがって、宇宙エネルギー使いは、宇宙エネルギーを出す度に、より情報の多い、
 より能力の高い、よりチカラの強い宇宙エネルギーを「取り入れて出す」そして
 「送る」「封入」することを想いましょう。
                              M



 おはようございます  投稿者:大津 峯子   投稿日: 2005年 7月

 関西人さん、おはようございます。
 ・・・念力を動かすチカラは、な〜んだ。ここにポイントがあったのさあ。(^.^)
 そのチカラは、有限だけど、宇宙エネルギーはムゲンなのよ。

 ニンゲンである以上、したいこと、できたらいいなと想うこと、たくさんあって当然。
 私達宇宙エネルギー使いのステキなところは、そういったことにも、過去にも未来にも、
 宇宙エネルギーを送ることができるってことなの。具体的に、物理的に、積極的に。
 現実を変えたいのなら、想うだけでなく、宇宙エネルギーを送ることができるの!




Mファイル2005へもどるトップページへもどる