☆ Mファイル 2006 ☆

「宇宙エネルギーの反応」

 あけましておめでとうございます 投稿者:moku  投稿日:2006年 1月

 おめでとうございます。年末のイベントに参加させて戴いてから、元旦はひたすら 
 眠くて一日中寝ては起きを繰り返しました。これがエネあたりというものなのでしょ〜か?



 こんにちは    投稿者:M   投稿日: 2006年 1月

 mokuさん初めまして。おおいにアソビ、研鑽して楽しんでください。

 最近、他所でも目にして気になっていたのですが、たまたま今回mokuさんの
 カキコの中に、その言葉があったので、失礼を承知の上であえてmokuさんに
 質問させていただきます。

 >これがエネあたりというものなのでしょ〜か?

 【エネあたり】と言う言葉なのです。
 エネあたりとは、どの様な意味、内容、そして状態をいうのでしょうか。

 昔々大昔、【超次元エネルギー】を『偉大なる流れ』に同通して取り入れて出すことは、
 ニンゲン誰でも出来ることを実証し、仲間を増やし エネアソビ、エネ研鑽によって、
 自分の能力(超能力ではありません)を高め、子供達や子孫に、この能力を渡そうと
 実践していたという、本当にステキな会がありましたが、今はどうなっているやら。
 そして、【『偉大なる流れ』との完全な調和】を趣旨としていましたが、
 今はどうなっているやら。

 その会の初期に【偉大なる流れ」に同通して超次元エネルギーを取り込みすぎて?
 とても気持ち良い状態となり、お酒を飲んで本当に気持ちの良い状態と非常に似ている
 ので「酒酔い」ならぬ「エネ酔い」だと言う事になりました。
 この時、「エネ酔い」と言う言葉が誕生しました。

 しかし、言葉は一人歩きするのが世の常です。
 【酔う」と言う言葉は、
 1.気分や気持ちの【良い状態】を表現した「酒酔い」
 2.気分や気持ちの【悪い状態】を表現した「車酔い」「船酔い」「乗り物酔い」
   (酒も飲み過ぎると……です)
 があるにもかかわらず、気分や気持ちの良い状態はもちろん、正常でない状態
 あるいはシャキッとしない状態、フラフラした状態総てを「エネ酔い」で表現する
 ようになってしまいました。

 「エネ酔い」と言う言葉の意味するところは、
 エネルギーを取り込んでとっても【気持ちの良い状態】あるいは
 エネルギーを送ってもらってとっても【気持ちの良い状態】の事だと確信しています。
 決して、「ワルヨイ」状態を表現するときに使う言葉ではないと考えています。

 で、ハナシを最初に戻しますが、【エネあたり】とはどの様な状態なのでしょうか。
 まさか「食あたり」を捩(もじ)った言葉なのでしょうか。
 漢方のほうでよく使われる「メンゲン(好転反応)」とはニュアンスが違うと思われます。

 mokuさんは何処でこの言葉を知りましたか。
 そして、周りのヒトはどの様な状態の時によく使うのか教えて頂ければ幸いです。

 吾蘇慕宇会でいう『宇宙エネルギー』は、どんなに沢山、超沢山取り込んでも、
 どんなに沢山、超沢山封入しても「エネルギー酔い」も「エネルギーあたり」も
 決して無いと断言しておきます。

 >最近においては、「ふんわりくん」の表現があったとおもいます。
 >「気持ちの良い酒酔い」と「ふんわりくん」とは全くベツモノだと言っておきます。
 >アタマは冷静正常なのだが、ココロが気持ち良い

 
なぜならば、『宇宙エネルギー』だからです。
 人間や人間に関わるエネルギーでないからです。


 >酒は、正しい言い方をすると、アタマやココロを気持ち良くしているのではありません。
 >正常な判断が出来ないように麻痺させているだけです。
 >正常な判断が出来ない、つまり異常な状態で気持ち良さを造りだしているだけです。

 某会初期の超次元エネルギーをはるかに、はるかに超え、総ての次元というか、
 無限の次元からも取り込むことのできるのが宇宙のエネルギーであり、
 さらに肌理(きめ)の細かい、能力の高い、情報量の多い『宇宙エネルギー』だから
 安心・安全なのです。

 したがって、おおいに、おおいに宇宙エネルギーを使いまくりましょう。
 この宇宙からは宇宙エネルギーは減る事もないし、
 私たちにおいては宇宙エネルギーが満タンになることは決してありませんから。   M
                           


 Mさんへ  投稿者:moku  投稿日:2006年 1月

 「エネあたり」という言葉は、某会の会誌で、ずっとまえに目にした言葉です。
 周りに、これになった人も、私がなったこともありません。
 (そういう知り合いがいないせいもありますが・・)
 年末のMさんのイベント後に、眠気が何回も一日中来たのははじめてのことで
 「ザ・宇宙エネルギー」の影響としか思えなかったので、書き込みさせて頂きました。
 ですから、この状態のことをエネあたりというものなんだろうと思った次第です。
 決して酒酔い状態ではありませんでした。
 知らぬ間に眠くなり1〜2時間で目を覚ますのですがまた気持ち良くなり
 また眠り込むという状態がずうっとつずいていました。
 以上が私が体感したことです。



 きもちよく、、  投稿者:あい 投稿日:2006年 1月

 mokuさんのねむくなったのは、単純に眠る必要がある状態だったから、、
 だろうと思います。
 きれいなレベルの高い宇宙エネルギーでほぐれて、眠くなったのなら、
 眠りましょう(-_-)zz
 大切なんですよ、眠るのって! この場合は、他所でいわれている処のエネあたりとは
 ちょっとちがう現象ですね。

 あいまいで宇宙エネルギーに関する表現としては、
 この言葉はあまりふさわしくないかなァと 私は思っています。
 (^-^) シンプルに、具体的に、たのしみましょう。
 吾蘇慕宇会にも来てね。



 こんばんは   投稿者:海    投稿日:2006年 1月

 きれいなレベルの高い宇宙エネルギーでトリートメントされると本当に眠くなりますね。
 私の場合、しばらくその状態が続きます。
 しかし、寝不足や疲労による眠さでなく、気持ちの良い眠りへの導きだと想います。
 細胞が疲れきっていると眠る力が衰えており、宇宙エネルギーによって
 細胞は本来の力を取り戻して良質な眠りをカラダにもたらし、
 人間本来の自己治癒力をよみがえらせ正常な状態になるのではないでしょうか。

 カラダが必要としているから眠いのですね。
 眠りから覚めるとココロもカラダもすっきりして力がみなぎります。

 眠りの重要性を再認識して今から眠りに入ります!



 こんにちは   投稿者:moku  投稿日:2006年 1月

 Mさんの書き込みを何度も読み返してみました。

 今までエネあたりとは湯あたりみたいなものだろうか?と想像していました。
 でも湯あたりは、しんどかったり、気持ち悪くなったりするものですよね。

 ですから「ふんわりくん」の表現が今回の私の状態を言い当てて妙だと改めて思いました。
 Mさんのご指摘のように不適切な表現だったと改めてお詫びいたします。
 某会の会長がお亡くなりになり、もともと地方での情報は会報誌くらいで
 内容をそのまま受け取っていたのですが、ネット等でいろいろ真実?を知る度に、
 興味もなくなっていたところ、たまたま、大津さんのホームページにたどり着いたので、
 ロムラーとして今まで閲覧だけさせて頂いていたんです。
 けっこう私のような人は多いのでは?と思います。



 こんばんは。mokuさんへ。  投稿者:M 投稿日:2006年 1月

 >エネあたりは湯あたりみたいなもの
 そういえば、昔々そのような言葉を聞いた事が有るような、無いような。
 語呂合わせ的にイメージした「食あたり」よりは、遥かに「見た目」は適切な表現ですね。

 でも、「湯あたり」とも、やはり根本的に違うのです。
 見た目はまったく同じように見えても、内部と言うか本人しか解らないウチガワは、
 大違いです。

 傍のヒトからは眠っているように見えるけれど、本人の
 アタマというか大脳は、マヒとか異常とかあるいは興奮ではなく、
 冷静ヒヤヤカ、車でいうならば、アイドリング状態です。

 肉体は気持ちが良いので一切かまわないでくれ、ほっといてくれ状態なのです。
 でも、傍にいる人の話し声は聞こえているし、周りで起きている事などは覚えています。

 また、瞑想状態とも違います。
 チャンスがあるたびに体験して、エネあたりしない自分を造り上げてください。

 科学的であること。宗教やオカルトあるいはアタマだけの哲学にはならないこと。
 我々の言動は日常用語で語り、説明できること。
 我々自らを高め、出来ることならば世の中の役に立つ事をする。
 そして、これらの能力(誰でも持っている能力)を子供達や子孫に渡すこと。

 基本理念、原則を見失うことなく前進、発展あるのみと考えております。
 (今や、遥かに遥かに飛躍していると確信しています)

 吾蘇慕宇会やこの掲示板で、それらを受け取ってください。
 そして、「偉大なる流れ」と同通し宇宙エネルギーを取り込んで、出しまくり、
 使いまくって、まずは、自分のカラダそしてココロを綺麗に元気にしましょう。
 mokuさん、掲示板であそんでいる皆さん、おおいにアソビ、研鑽してください。
    



Mファイル2006へもどるトップページへもどる