☆ Mファイル 2007 ☆

「こんにちは」「偉大なる流れと同通する時に」


  こんにちは   投稿者:M   投稿日:2007年 2月

 Kさん、いつも楽しいカキコをありがとう。

 >毎日、気がついた時は、宇宙全部に向かってお願いをして、宇宙エネルギーを
   いただいています

 宇宙
 宇宙全部
 宇宙の総て       【全てや凡てはダメです】
 偉大なる流れ

 かなり強引にニンゲンに例えるならば
 自分の名前を間違えられたり、アクセントが違って呼ばれてうれしいですか。
 楽しいですか。或いは、呼び捨てされたらどの様な気持ちになりますか。
 だからと言って、尊敬語に丁寧語あるいは尊敬語に美化語等を沢山付けられて
 名前を呼ばれも、かえって不愉快になりませんか。
 本人はもちろん傍で聞いている人も・・・・・・・。

 『偉大なる流れ』は、擬人化できるような存在ではないので、
 某団体のように「偉大なる流れ様」とは決して表現しないで下さい。
 そして、「いただく」等の謙譲語ではなく、誰もが使う日常用語で良いと考えます。

 『偉大なる流れ』は、私たちと共に生き、共に生活している存在です。
 丁寧に、慎重に、大切に扱って下さい、想って下さい。
 恐れ多い存在ではありません。

 
『偉大なる流れ』とは、
 この世のみならず、宇宙の総てを支配しているソンザイそのものです。


 『宇宙の総て』で決して間違いではありませんが、正しくもありません。
 『宇宙全部』という言葉は吾蘇慕宇会では使った事が無いので、
 私は、宇宙をイメージできません。今後も使う考えはありません。

 確かに「この世」も宇宙の一部でしょうが、
 『宇宙の総て』の言葉には、当然として「この世」は含まれていません。
 『偉大なる流れ』という言葉には、「この世」が当然含まれています。

 単純に「この世の総て」あるいは単純に「宇宙の総て」としないで、
 「○○のみならず」と表現されているコトを考えてみて下さい。

 長い文言が嫌なので短い言葉にしました。でも、その違いは正確に説明できます。

 違いを理解していて使う言葉と、違いを知らないで使う言葉では
 伝わる意味、内容そしてイメージがどんどん本質から大きくズレていくと思います。
 終いには、全く別の事柄を表現してしまうことさえあると常に考えるべきでしょう。

 >お願いをして
 ナニにナニをお願いするの?
 具体的に書けば書いたで違う解釈が生まれ、言葉が一人歩きしてしまうおそれが
 ありますが、あえて、あえて具体的に書くならば、

 『偉大なる流れ』と調和し同通して、

 今・現在のワタシが貰える最高の宇宙エネルギーをくださいと
 『偉大なる流れ』に【お願いして】、

 今・現在のワタシが貰える最高の宇宙エネルギーがワタシに入ってきてくださいと
 宇宙エネルギーに【お願いして】、

 ワタシに入ってきたら、ワタシを浄化・トリートメントしてくださいと
 宇宙エネルギーに【お願いして】、

 ワタシを浄化・トリートメントしたら宇宙にお帰りくださいと
 宇宙エネルギーに【お願い】をする。

 >毎日、気がついた時は
 自分自身を浄化・トリートメントをして、正常元気にし、生活や人生を豊かに、
 楽しくする事は、途切れ途切れで良いはずがありません。
 生きていること、生活していること、人生を過ごすことは連続しています。

 したがって、24時間、365日『偉大なる流れ』から純粋・100%の宇宙エネルギーを貰って、
 先ずは、自分自身のカラダはもちろんココロやタマシイも正常元気にしましょう。
 そして、頼まれた時はもちろん気が付いた時、思い付いた時、閃いた時に
 家族、友人、知人を浄化・トリートメントしてあげましょう。


 【お願い】を【条件設定】と表現する場合も有ります。
 【お願い】を願いどおりにやってもらったのですから、
 『偉大なる流れ』と『宇宙エネルギー』には、
 感謝の気持やありがとうございましたの言葉を付ける事を忘れないで下さい。
                                      M

 Mファイル「宇宙エネルギー使い」を参照して下さい。



Mファイル2007へもどる トップページへもどる