○ おおつランド ○  2011年 4月
 2011.04.01

さあ、4月のスタート。新年度というところも多いかな。気を引き締めというところあり、
新人さんのういういしさに、自分もそうだった…と懐古にひたったり(笑)。

生きる知恵。シンプルな暮らしの知恵。時には、これも必要かと(^.^)。
物があるのが当たり前の今の子供達に、これもある、あれでも良いと、伝えていく。
無人島で生活できるくらいの知恵も持ってるほうがいい。
知恵はいつでも使える財産だもの。そして宇宙エネルギーは最大の味方(^.^)

寒い時は、身体に新聞をまきつけて、その上から服を着ると暖かくなる。
登山をする人で、これをして助かったヒトもいる。低体温から身を護ることができて。
自分の体温を逃がさないだけでなく、空気の層ができて、暖かい空気がたまる。

空気の層。空気を含む能力がある素材。ポリ<綿<ウール<カシミア<毛皮
そして空気の層ができる位のゆとりがある大きさの服。ぴっちりの服は、あったかくない。

それでね。夏は、だほだほの服。風を通す服。すると、涼しい。
アラブの砂漠方面で着てる服って、長袖で、たっぷりとした服でしょ。
今ドキのぴっちりとした服は、風が逃げないので、熱がこもってしまう。

省エネが必要な昨今だから、エアコン節約するためにも、着るものは、ゆったり系を。
浴衣って、風がぬけて、けっこう涼しいのを、去年の暑い夏に経験しました。

宇宙エネルギーの応援で、4月も元気で過ごしていこう!

 2011.04.02

時には、全く別の脳を動かそう。

バージェス動物群(バージェスどうぶつぐん)は、カナダのブリティッシュコロンビア州にある
バージェス頁岩の中から化石として発見された動物群である。バージェス頁岩動物群
(バージェスけつがん-どうぶつぐん)とも呼ばれる。約5億0,500万年前(カンブリア紀中期)の
ものとされる。
byウィキペディア

カンブリア紀の生き物としては三葉虫が有名だけど、アノマロカリスやハルキゲニアなど、
どんなフイギュア作家が作ったの?という生き物が、どっさりと。

彼らが生きてた頃の地球。どんな環境だったんだろ。環境に適してたから長く存在してた。
そしてきっと、環境に合わせて、変化していった。そのDNAは、たぶん今も、生き物達の
どこかに残ってるんじゃないかなと考えると、楽しい♪

私達の身体も、環境に適応してくという能力を持ってる。それは生き延びる能力でもある。

氷河期や大噴火など、幾多の変化を地球は経験してきてる。それでも生き物が全滅すると
いうようなことは無かった。姿を変え、形を変え、多様化してイノチをバトンリレーしてきた。

その末裔の一端に、私達ニンゲンもいます。
生きる力たっぷりで、宇宙エネルギーの応援貰って、今日も踏ん張ろう!
宇宙エネルギーの応援で、4月も元気で過ごしていこう!

 2011.04.03

黄砂も花粉も飛びまくってるけど、洗って終わり(^.^)。
微量の放射線は、実は毎日測れない単位で浴びてるそうだし。調べると私達オトナは
かなり丈夫にできてるんだな~♪ということも、わかります。地球46億年の生き物の、
生き延びてきた存在の末裔ですからね(^.^)。今日も進化しちゃおっか♪

○放射性物質→放射線を出す物質
○放射能→放射性物質がどれだけの量の放射線を出せるかの能力
○放射線→高いエネルギーを持った電磁波や粒子線
by YAHOO知恵袋より

放射性物質に限らず、色んな物の影響は、毎日私達を襲ってる。
それに打ち勝つには、宇宙エネルギーの応援を貰い、免疫君達を活性化させ、
するべき仕事を彼らにきっちりしてしてもらい、ダメージの修理修復をするしくみや力も、
きっちり働くようにしてくこと。

にっこり笑って、免疫君の活性を応援(^_^)
ガンってね、最初の細胞がガンのタネになって、1cm×1cm×1cmの小さなカタマリに
なるまで、およそ9年かかるそうです。それにしたって、その先どういうスピードで育つか
どうかも、実は不明なのじゃ。高齢になれば、新陳代謝のスピードもゆっくりになるしね。

ということで今日は、宇宙エネルギーでゆったりとリラックスして過ごして免疫君を応援(^.^)

 2011.04.04

病気になるリスクが50%の確率とする。それが色んな要因が増えて51%になるとする。
「1%も増えるんですよ、おおごとじゃないですか!1000人のうち、500人から510人に
増えるんですよ!」という書き込みをよそのサイトで見たんだけど。これは、はてさて。

確率というからには、必ずそうなるという意味ではない、ということは、どこへ行ったの?
あくまでも、計算上の話。目安にはなるけど、そうなるかどうかはわからない話。
確定ではない。しかも老若男女、0歳から100歳超えまで、全部含めての確率。

病気になるもならないも、免疫君や修復力の働きによるものが、とても大きい。

明るく笑って免疫君を応援してるヒトと、くよくよして免疫君の働きがおちてるヒトを
同列に扱い、確率がね…と言っても、なんのこっちゃ。と、ワタシは思うタイプ。

私達は、宇宙エネルギーの応援があり、アタマが正常元気で動き、働き、筋肉もあるから、
熱を作る力もきっちり働き、免疫君達も正常にシゴトしてる。修復力も働いてる。
人生を生き抜く。その力も働く。

先のテーマでは、50%のリスクについては語ってるけど、治る確率には触れてない。
かかっても、治るものかもしれないってことは念頭にないのが、難だなあ。
数字マジックに、踊らされない。

ニンゲンの強さ。いろいろあるけど。これを測る機械も、今のところ存在してないんだよ。
だから、宇宙エネルギーで、どこまでもニンゲンの強さを高めていこう。できるからね(^.^)

 2011.04.05

新学期や入学式も、そろそろ。
校長先生は「大震災にも負けないような、強い人間になっていくこと希望します」的なこと
を言う人が多いと予想される。もちろん、それは大事なこと。至極当然。でも。
具体的にどうすればそれが可能になるかは、生徒本人が考えて実行しなくてはならない。

勉強して強い人間になる、運動して強い人間になる、友人をたくさん作って強い人間になる。
さまざまな要因は必要さっ。イイコトもそうじゃないコトも、経験してマルバツの基準ができる。

でもその前に。正常元気度はどうかな?若いからイコール正常元気ってことではナイ。
身体の元気は余ってるけど、それを活かす知恵が不足してるというか、これから学習してく。
必要な時に必要な事をする元気。若いからできるよとは、一概に言えないわけで。

宇宙エネルギーの応援で、細胞が元気。神経ネットワークも正常元気に成長してく。
もちろん本人の遺伝子情報に基づいて。すると、その子ならではの特性も個性も育つ。
生きる基本のところを宇宙エネルギーに応援してもらう。生きる力も育っていく。
これは子供だけでなく、大人にもあてはまりますからね。そして情報も知恵もゲットしてく。

新学期や入学のお祝いに、上位者の宇宙エネルギーのトリートメントは最高のギフトです♪
人生の門出。元気でスタートして、ダッシュして進んでいく♪楽しみながらね。

  2011.04.06

想定外のことが起きてる。

今朝の新聞のコラムから。
>『医学は自然科学の一分野です。自然科学は確率に支配されています。研究でいつも
>確率と向き合っています。実験結果が予想通りに出ても、それは「たまたま」かもしれず、
>自然の真実を表していないかもしれないからです。そのため、研究者は同じ実験を何度も
>繰り返し、確率の高いことを見いだそうとします。

>というわけで、医者も確率で説明したがります。「手術の成功確率は80%です」なんて。
>80%なら、よほどのことがない限り手術は成功するのですが、患者さんは残り20%に
>なるのでは、と心配します。
>手術の成功確率というのは、手術自体は完璧に終了できるとして、その上で予期しない
>トラブルが起こる確率を考慮に入れた値です。手術の手順、技術自体の失敗確率の
>ことではありません。

>でも、今よく言われている「想定外」は意味が違います。確率の高いところだけ起こると
>予想して、確率の低いことは起こらないと断定してしまうことを意味しています。で、結局、
>確率の低いことが起こると「想定外」といって責任を逃れるのです。だから「想定外」は
>科学ではないと断言します。』

by當瀬 規嗣(とうせ・のりつぐ)札医大医学部教授 北海道新聞 一部を抜粋しています。

いつだって、想定外のことが起きる。そんなの、しごくあたりまえ。
でね。その時の対処のしかた。今も継続してる大きな出来事も、当初は
「想定外のことが起きたから、ボクラには責任がないんだよ」というのが彼らの表情に。

一歩譲って。ありとあらゆる想定をしても、それ以上のことが起きる。それが現実ってもの。
けど。その時に責任ある立場からの発言のしかた、対応のしかたってものも、あるでしょ。
マニュアルに書いてない事ばかりが起きるのが人生だと、誰かに教わってこなかったの?

放射物質、放射線についても、専門家の立場で、色んな意見があるのは当然。
同じデータでも、どのように解釈してくかは個人個人で異なるものだから。
科学ベースで観た場合、医学ベースで観た場合、経済ベースで観た場合、
人間ベースで観た場合。それからそれから…。
だからそれによって導き出される結果に大きな違いが出るのは、今までの歴史にもあった。

色んな意見がある。それは当然。色んな異論が出る。それも当然。
その時に、これは机の上では、というのも要素に含めておく。
なんでこんなに色んな意見があるのかは、これはこうなるという「確定できないもの」を、
それぞれの立場で語ってるから。あくまでも確率論なんだよね。それも大事だけど。

私達宇宙エネルギー使いは、もっともっと正常元気度を高めて、その確率から脱出する
ベースを作っていく。遺伝子レベルから、それは可能な話だもんね(^.^)。

いつだって、想定外に向き合ってる。
想定外の問題が出されて困った学生諸君、キミ達にも覚えがあるでしょう。
たくさん勉強して暗記もして、これでバッチリと思ってたのに、
「外国から黒船が港に来て、我が幕府に開国をせまってる。さあ、どんな対応をしますか?」
なんて問題が出たら、頭の中は真っ白に(~_~)。

その時に役に立つのが、色んな知恵です。雑学しかり、じーちゃんばーちゃんの故事しかり、
あそんだ時に覚えたあの方法。それらを組み合わせ、答えにしていく。
そしてね。丈夫で元気な身体にしていく。考え続けるには、体力も必要だもん(^.^)
今日も色んな脳を動かそう、身体を動かそう。

こんばんは 投稿者:りっく
>「手術の成功確率は80%です」なんて。
こんな事いっちゃうかもしれません。
「そうなんですか(;_;)。今回の私の手術は、80%ぶん、成功して、
20%ぶん、失敗しちゃうんですね(大泣)」
極端ですけど、ひねくれてる?かな?(笑

確率を使って説明されると、錯覚しやすいことがよくあります。


 2011.04.07

トンデモナイことが起きた。
まさか、あんなに大きな隕石が落ちてくるなんて…。
我らの仲間が大勢影響を受けた模様だ。けど、我らはそう簡単に滅びはしない。
長い間地球に君臨して来たのは、我らなのだから。
どんな姿・形になろうとも、きっと生き延びていく。我らも、我らの子孫も。
イノチはきっと続いていく。

恐竜達が滅びた原因とされる巨大隕石による影響。
長い間、ちり、ほこりが太陽をさえぎったという。それにより大気も植生も変わり、
微生物の分布も変わる。栄養となるものが劇的な変化をしていく。

そうして滅んでった生物群もあると思うけど。でも生き延びていった群もいると思うの。
隕石による影響で、あっという間に恐竜達が滅亡したようなイメージがあるけど、
一説には、15000年後に滅したという説もあるし、実際どれくらいで生き物群が
入れ替わったのか、今のところ、これといった決めてがないのだそう。

地球はカンブリア紀に代表されるような、今とは異なる(としか言えないような)生物の
歴史あり、その後の恐竜紀があり、そして哺乳動物の歴史がある。そしてその先は…?

その時々の地球に適した生き物が、この地球で栄えて、そして入れ替わっていく。
これは紛れない歴史。それはこれからも。地球がある限り、ずっと。

愛しい地球を護り、生きていく。いつまでも、住みよい地球でいて欲しい。
宇宙エネルギーの応援で、正常元気で生き、
宇宙エネルギーの応援で、正常元気に宇宙にかえる。
きっとこの繰り返し。

地球で生きてることで、手にするものがある。
なので、今、ここで生きてる。
と、今日も生きることを楽しもう(^.^)

 2011.04.08

桜のたよりは、春の訪れを告げてくれる。ほっとする季節。
こちら北国も、春に向けて始動。

色んな催しが、自粛ムードの中で取りやめになってるけど、それを言い出してるヒトは、
たぶん、日頃から華やかなこと好きじゃないのかもね(笑)。
いつだって、オマツリは必要。日照りの時も、大雨の時も、私達のご先祖達は、
オマツリをして、祈りを捧げたり、生きるパワーを爆発させてきた。

いつでも普通のことを普通に行なっていくことを、次の世代にも伝えていく必要がある。
どんな時でも笑う力があると、免疫君もきっちり働き、正常元気を保てる。

TVに出てきて机の上で計算したことを、とうとうと述べる専門家と名乗る人々は、
実際に現地に赴き、科学的に検査して、実験してきた数字はこうでした、とは、
ひとことも言ってない。もしもそれを実行してるなら、だまってられないはず。
彼らが言ってるのは、本日公表された各種公共機関の数字から考慮すると…。だけ。
安全とキケンを身を持って経験してみるチャンスだろが~とか、ツッコミたくなる(笑)

その昔、殿様に直接触れることができなかったお抱え医師達は、殿様の手首に糸を結び、
脈をみてたとか。それで測った脈の信憑性が正しいと言えるのか~と、さらにツッコム(笑)
過去も現代も、似たようなことがあるなあ~。ふうう。

とか、色んなことを考えて、今日も脳トレ。

 2011.04.09

節電のアイデアなるものを、TVや新聞等でやってました。

日本中で電気ポットの保温をやめると相当な節電になるとか、掃除機の回数を減らして、
ほうきやコロコロで済ませちゃう。これって早い話、エコな暮らしと共通してるよね(^_^)
個室にいるのではなく、家族が茶の間に集まって、照明を節約をするというのもあったよ。
あ、早寝早起きというのもありました~(笑)。

うちでも何かないかと見渡すと。めったに使わないビデオの電源コードを抜きました。
待機電力も、日本中で行なえば、相当な節電になってくそうだし。
夏の暑い時期は、天然クーラー気候の北海道に来るのも、エコさっ(笑)。

暑さや寒さの感度も、正常元気度によって感じ方が異なる。
疲れてる時は、同じ温度でも寒いと思ったりするし、暑さに耐えられなかったりする。
元気ならひと駅歩くこともできるし、自転車で移動することもできる。
夏のネクタイや上着をやめるだけでも、男子は相当ラクだろうなあ。
日本人の底力。無理するのではなく、がまんするのではなく、暮らしを工夫するという視点。

宇宙エネルギー使いは、毎日偉大なる流れ(宇宙)から、たっぷり宇宙エネルギーを貰える。
なんたって無尽蔵にあるもんね。これは使いまくっていいからね。遠慮しないこと。
限りある現実の資源と、限りなくある宇宙エネルギーを同じに考えない。

とか、色んなことを考えて、今日も脳トレ。

  2011.04.10

安心と不安の境界。安全とキケンの境界。
これは時代でも変わるし、経済でも変わるし、科学の発展でも変わっていく。
だから、これだよ!と今日は言ってても、明日もそうとは限らない。

なので、どんな状況でも生き抜いてく強さを持っていこう。
私達の遺伝子情報も、まだまだ未知で、使われてないもの、準備中のものが
あるかもしれないんだし。
そういったモノを、宇宙エネルギーの応援でおこして、使えるようにしてくことが可能。
なんたって、私達は地球で生きてる宇宙エネルギー使いだもの。

今日は吾蘇慕宇会セミナーin札幌。
エネ体参加も、がんがん行なっていこう。
アップは、どこまでも(^.^)。うふふ♪

 2011.04.11

吾蘇慕宇会セミナーin札幌が済みました。
Mさん、参加のアラユル皆さん、ありがとうございます。

今回、Mさんは寿ぎ事(ことほぎごと)があったので、秘伝を参加者に教えてくれました。
本当にありがとうございます!!!!!

宇宙エネルギーの応援がある。それは運を味方につけてる、ということにもつながると、
今の私は想ってる。
円滑現象も、世間で言う[運がいい]のひとつのバージョンだと想うことがあるの。
それは自分の想うとおりになることとは別。想いもよらないけど、結果がマルということで。
こっちのほうが、すごいのよね(^_^)

>地球から16万光年離れた超新星の爆発によって飛び散ったエネルギーの99%は、
>ニュートリノでした。
>そのニュートリノは、光のスピードで16万年かけて、カミオカンデにたどり着きました。
>その日は、小柴さんが定年退官を向けるわずか1ヶ月前でした。
>発見の数ヶ月前に、カミオカンデでは蓄えた水をきれいにする作業を行なってました。
>さらに、当日あの施設には「あいつがいるとなぜか実験がうまくいかない」と
>非科学的な中傷を受ける大学院生がいたらしいのですが、ニュートリノを補足したときは、
>たまたま不在だったとか(笑)。
>あの大発見は、さまざまな幸運に恵まれていたわけです。

by「宇宙は何でできているのか」 村山 斉(ひとし)著

科学や物理の最先端、これはもう科学で測れない事の積み重ねのレベルになってくのは、
歴史にも、たくさん出てくる。

宇宙エネルギーというスーパーな味方。レベルアップすることで、さらにそれも変わっていく。
今日も宇宙エネルギーを使いまくって、踏ん張ってゴー!

 2011.4.12

音楽って、演奏技術を楽しむのと、音そのものを楽しむとか、演奏者自体を楽しむとか、
色んな楽しみを含んでいると想うの。クラシックから、アイドルまで含めて。

アイドルの場合、アイドルそのものを楽しんでるので、歌や演奏技術は二の次でもOK。
クラシックの場合、演奏技術を楽しんでるヒトも多いんだろうなあ。ウルトラテクニックが
あるそうだし。そういえば、オーケストラなら、指揮者によって音の構成も異なるよね。

でもね。音そのものを楽しむという音楽があるの。音の響きを楽しむ。
それは、宇宙エネルギーによる演奏。
楽器そのものが出したい響きがある。それを引き出して演奏。
そして演奏者と調和して、演奏者も楽器も鳴り響く。
聴くヒトも、鳴り響く。

吾蘇慕宇会のメンバーで、楽器にたずさわるヒトも多いと想うので、いつかメンバーで
合奏できる日が来るといいな。すっごくステキな演奏会だと思うの。楽しみが広がる。
その時は、各人が実力発揮できるよう、上位者が、こそっと応援(笑)。
わくわく♪♪

 2011.04.13

布団ばなれが良い(^.^)。朝、目が覚めて素早く布団から脱出。もう布団が恋しくない(笑)。
当たり前のことが、当たり前にできる。朝のごはんが美味しい。朝からテキパキ動ける。
脳も身体も。一日に何度か笑ってる。

そんな日常が、宇宙エネルギーの応援で手に入る。
シンプルだけど、これは大事なんだと思うの。

身体のキズは見えるけど、ココロのキズは、見えやしない。
大きな出来事があって、一瞬でキズがつくこともあれば、じわじわっとキズついて、
気がつけば深いキズになってることも。

毎日の回復する力を上回ってキズがついた場合、回復することをしなくてはならないのは、
ココロのキズも同じだよね。休息したり、気分転換したり。時には笑うことも泣く事も必要。

見えない心のキズにつける薬は、キズが見えないので、あれかなこれかなってことに。
うまくいくこともあれば、そうじゃないことも。手探りで行なっていく。

心がどこにあるかはわからないけど、窓口は脳が担ってる。
宇宙エネルギーで、脳をトリートメント。そしてココロがどこにあるとしても、
吾蘇慕宇会式のトリートメントで、ココロをトリートメントしていける。

細胞の柔軟性が高まるように、ココロの柔軟性も高まっていく。
キズつきにくくなるし、もしもキズがついても回復力がアップしてく。

目の前に広がる景色も、受け容れることができる。その広さが、目に入ってくる。
そよぐ風の音が気持ち良い。あ、今、美瑛の丘の景色が浮かんじゃった(笑)。

今回の震災や余震や原発のアレコレで、傷ついたココロを、トリートメントしていこう。
時には上位者の応援もゲットして、さらなる元気を目指していこう。できるのがウレシイ(^.^)

 2011.04.14

脳は、使いこむことで育っていく性質がある。若いからいいというものではなく。

>歳をとればとるほど向上する脳の働きもあるのです。それが直感力。直感力は40歳を
>過ぎてからのほうが鋭くなります。
>直感力とは、無自覚的に、無意識にできてしまう能力のこと。何かを察する力や
>行間を読んだりする力のことです。先天的なものではなく、後から経験によって
>会得したもの。それを脳研究では「直感」と呼びます。長年経験したことによって
>養われるのが直感力なのです。

>歳をとっらから物忘れがひどい、というのも誤解だと思います。物忘れやど忘れが
>増えたと思ってしまう理由のひとつは、子供の頃に比べて大人はたくさんの知識を
>頭の中に詰めているから。
>そのたくさんの要素の中から思い出すのに時間がかかるからなのです。
>子供のすごさは、忘れる早さ。気の毒なくらいよく忘れます。覚えるのも早いけど、
>忘れるのも早い。

by 文藝春秋SPECAL 「歳のせいで物忘れがひどいという誤解」 池谷 裕二著

そうなのか~。そういえば、子供は忘れる生き物でもあるなあ。
だから毎日、お母さんに「何回言ったら覚えるの!」って怒られるもんなあ(笑)

覚えるのも大事。忘れるのも大事。不要な思い出は、さっさと忘れちゃお。

宇宙エネルギーの応援で、身体を正常元気。そして脳も正常元気。
好奇心を持って、新しいことにチャレンジ。新しい神経ネットワークを作る、育てる。
脳も身体も、どこまでも使っていこう。新しい能力も育てていこう(^_^)。
宇宙エネルギーたっぷりでね♪

 2011.04.15

日の当たるところの雪は融けましたが、裏の畑には、まだこんもりと。
車は夏タイヤに換えたから、足取りは軽い。
冬物をしまって春夏ものへ。断捨離しようと思うけど、どれもまだ使える気が…(笑)。
ま、いっか(笑)。

本当にいるものは、自分の正常元気。身体もアタマも元気っていうのが、なにより。

宇宙エネルギーと出会い、宇宙エネルギーの応援を貰い、毎日を無事の範囲で生きる。
時には、歯をくいしばって耐えるようなデキゴトだってある。人生だからね。
でも。耐えるエネルギーを応援して貰ってる。気がつけば耐えてたデキゴトもクリアしてる。
円滑に。穏やかに。

色んなことが、自分の糧になっていく。色んな経験で、生きる力も強くなっていく。
私達宇宙エネルギー使いは、さらに偉大なる流れから宇宙エネルギーを貰っている。
がんばって、踏ん張っての生き方を選ぶ自分がいる。
そしてほっこりして、ほっと力も抜く生き方を選べる自分もいる。

色んな自分でいよう。だって、どれも自分なんだから(^.^)

 2011.04.16

泣きそうだった空から、雨のつぶつぶが。これで道路のほこりも黄砂もキレイになるかしら。
残ってる雪も、これでとけるね。

宇宙エネルギー流して、今日のするべきことを、しっかりと。もちろん上手にゆとりも。
生きてることを楽しむ。ものすごくシンプルだけど、時にはそれだけでいいのかも。
そして、今度は目的に向かってゴー!休息あとは、勢いも良い(^.^)
なんでも、バランスだよね、きっと。

宇宙エネルギーの応援でバランス自体も変わっていく。レベルの高いことができるヒトへ。
そうなるために、自分でも工夫していく。それも楽しみのひとつ(^.^)

あると安心、上位者の応援(^.^)。毎日、自分の可能性にチャレンジするというワールドで、
今、生きてるんだね♪
持ってる生体生命エネルギーだけで生きてた昔。宇宙エネルギーを貰って生きてる現在。
生き方そのものが変化してる。3次元だけでなく、4次元、5次元…とつながってく宇宙でも
生きてる。3次元では限界があったコトも、4次元では可能に…。5次元では可能に…。
ということも、きっとある(^.^)

 2011.04.17

朝、カーテンを開けてびっくり。なんと雪が!クロッカスもチューリップも雪の下に。
午後からは雪が雨に変わるようだけど。2週間くらい季節が逆戻りのかんじ。
桜は、いつになるのやら。でもまあ、こんなのは、北海道では繰り返してきてる。
経験値が高いから(笑)、びっくりするけどストレスは最小で済む。

子供は毎日が新しいことばかりで、毎日がびっくりの連続。
学校の勉強も新しいことを覚えたのに、また次の新しいことを覚えるなんて!(笑)。
そして手持ちのデータで目の前の出来事にぶつかってくけど、
なんせ少ないデータだから、時には泣いたり、時には立ち止まったり。

楽しい経験、困難な経験、色んな経験を積んでいくと、そうか、これくらいなら、
ま、いっかというレベルへ。文句は沢山あるけど(笑)、文句を言うエネルギーを、
解決のほうへ持ってったほうが結果まで早い。
なんたって、文句は後でも言えるけど、目の前のやっつけシゴトは、さっさと片付けねば。
ということも、だんだんにわかってくる。

宇宙エネルギーの応援で、現実を生きている。
あって良かった、宇宙エネルギーの応援!

 2011.04.18

想定外が起きたけど、想定外用のマニュアルが無い。ひとまず想定内用のマニュアルで
対処することから始めよう。なんたって、それはいつも行なってるし。
ってこと、やってた気がする、TVの向こうで。(もしかして、今も?)

にんげん、はなっから新しいアイデアが浮かぶもんじゃないけど。
マニュアルに書いてないことが起きてるのに、それに「似たこと」をマニュアルの中から
引っ張ってきて、無理矢理当てはめて、とりあえずこれからスタート。なんてことも、ある?

そういう時、マニュアル以外のことを、いかに知ってるか、できるかが勝負の分け目かも。
専門知識も大事だけど、色んな豆知識、雑学、歴史、体力も生活力も含めて必要だね。

それは私達は普段から毎日の中で行なってるはずだよ。特別の事ってことじゃなく。
予定しないことが起きる。その時に、自分が何をするか。
素早く気持ちを切り替えて、目の前のことで、何が有効かを判断する、決断する。
家族や友人に助言を求めるも良し、時間があればネット等で調べるも良し、そして行動へ。

これも、自分の経験値が上がると、色んなことに対しても応用がきく能力になっていく。
若いとか高齢ということでは測れない。【経験がどれだけあるか】の話だから。

成功経験しかないと、予想外のことが起きた時、思考しきれない。
なんたって失敗経験の中には、成功につながるような貴重なデータがたくさんあるから。
失敗するかもしれないし、失敗すると心も傷つくから、成功とわかってることだけをする。
という生き方を選ぶと、いつか、想定外のことが起きたときに…。

宇宙エネルギー流しながら、色んなことにチャレンジ。経験して初めてわかることがある。

 2011.04.19

「安全ですか?」と聞くと、「安全です」と答えが返ってくる。
「危険ですか?」と聞くと、「いいえ安全です」と答えが返ってくる。
じゃあ、ほんとに安全なんだなと思ってしまうけど。

「あなたに対して安全ですか?」と聞くと、「ええ、その、それなりに…」
「あなたの家族に対しても安全ですか?」と聞くと、「ええ、まあ、その…」
「あなたの小さなお孫さんに対しても安全ですか?」と聞くと、「…」

質問の仕方を少し変えることで、同じ質問に対する答えが、全く違うものに。
上記の質問は、今起きてることだけでなく、色んな場面にも当てはまるね。

相手から答えを引き出す質問のしかた。
これも脳トレになるのでした。

 2011.04.20

今年も本州の桜を、TVの旅番組で楽しみました。いつかリアルで見られるといいな♪
TVといえば、「~~に注意しましょう」というフレーズがよく出てくるけど。

天気予報で「明日の朝は気温が低いので水道の凍結に注意しましょう」等がある。
これは具体的に水道の元栓をひねって水を落とすとか、夜通し室内暖房して水道管を
凍結させない、「自分で具体的な行動がとれる」ので、どうってことないんだけど。

「余震に注意しましょう」と大真面目にアナウンサーが言ってるのを聞くと、
”君は、それをどういうふうに注意するんだい?”とツッコミを入れたくなるのは、
私だけでしょうか(笑)

いつ起きるかわからないことに注意を払うなんて無理じゃん。決まり言葉にしても変。
なんの意味もないことを言うだけ。アタマを使ってないよなあ、きっと普段からって思う。
アナウンサーが台本通りに言ってるにせよ、台本書いてるヒトも気にも留めてないにせよ、
やっぱり変は変。決まり文句も変えてみて。

余震を伝える「放送には」注意を払える。TVやラジオをつけておくと情報が流れるし。
けど、「余震そのものに」注意を払うのは、どうやればできるの?なのよ。

世の中には、注意できるものと、できないものがある。
できないものに対し注意しましょうって言うのは、なんなのって、ツッコミたいのさっ(笑)

宇宙エネルギーで、見えないキケンから護ってもらう。未来のキケンからも護ってもらう。
偉大なる流れから宇宙エネルギーを貰う私達宇宙エネルギー使いには可能な話。
そして、自分でできる注意はしていく。
宇宙エネルギー使いは慎重もできるので、毎日が安全無事の範囲で過ごせてる♪

 2011.04.21

「バリアフリー」は大事。ちょっとでも身体に不都合があると、家の中の段差や街中の
段差がこたえる。でもね。身体が元気な時は「バリアアリー」の状態のほうが、健康には
良いみたい。

身体中の目に見えない筋肉を、わずかでも動かす。使い慣れた筋肉だけでなく。
窓ガラスを拭いたり洗濯ものを干す時に、おもいきり腕を上げたり、脇の筋肉を伸ばす。
ちょこまか動いて全身の筋肉を動かすと[自分で思うよりも足が上がらず段差でつまずく]
ような未来にならなくて済むかもしれない。そして歩く時、履物でも動く筋肉が違ってくる。

>昔の日本人が好んだ活動的な履物のなかに、台座が足裏の半分までしかない
>「足半・あしなか」というものがあり、鎌倉時代に書かれた「蒙古襲来絵詞」には、
>すでに足半を履いた武士の姿が登場している。鼻緒のすげ方はワラジと同様、
>台座の先端で、土踏まずまでしか丈がないので、足指と踵(かかと)の部分は素足と
>なる。ワラジと比べて脱着がしやすく、踵に台座がペタペタとまとわりつくこともないので、
>動きはゾウリよりも、はるかにスピーディで、武士の間では特に重宝されたことが
>伝えられている。中略
>実際に足半を履いてみてわかったことは色々あるのだが、まず感心したのは、
>激しく動いても「脱げない」ことであった。
by 「美しい日本の身体」谷田部 英正著

さっそくネットで探して購入しました。藁ではなく、竹皮製のものが手に入りました。
平らな床に慣れてる脳に、微妙に凹凸のある足裏という暮らしを覚えさせていく。
足半を履いてる時は、基本的につま先歩きに近い状態。なんだか土踏まずのカーブが
深くなってる気がする。
マイ足半に、宇宙エネルギーをたっぷり封入してるので、今後の自分がさらに楽しみ(^.^)
バリアアリーで、色んな筋肉を動かそう♪

 2011.04.22

「バリアフリー」は大事。でもね。身体が元気な時は「バリアアリー」の状態のほうが、
ココロや身体の健康には良いみたい。
現実世界はバリアフリーどころか、格差、障壁 障害だらけ。物でも社会でも。

障害を乗り越えていくという経験で、私達は育っていく。強くなっていく。そうして
赤んぼが子供へ、大人へとなってくわけだ。障害をクリアしてくという経験を積んでいく。
それがどんな小さなことでも。
子供は毎日が新しい経験の連続。すとれすもいっぱい(笑)。

「もう3歳だもん、なんでもひとりでできるのに、ママはひとりでしちゃダメっていうから、
イヤになっちゃう」
3歳ができること。それは2歳と比べると莫大。けどママの側からするとハラハラの連続。
子供は色んなことができる、またはできなかったという経験をたくさんして、大きくなる。
いつしか、ママやパパの手を借りなくても、できるようになっていく。

特に大きな失敗もなくオトナになった場合。そのまま人生がゴールすればイイケド、
想定外のことが起きた時。障壁をクリアした経験が少ないので、とてもストレス大に。
他の人からみれば、なんてことなくても。

新しいことにチャレンジしてくのも、バリアアリーの一環かも。脳の新しいところを動かす。
動かしたことのないところ、以前使ってたけど、今はあんまり動かしてないところを動かす。
最初は動きが心もとないけど、そのうち神経ネットワークも広がり、太くなり、動くように。

動くようにできている。ならば動かしておくほうが、健全をキープできるよね、きっと。
宇宙エネルギーたっぷり流して動いていこう。身体もココロも。ちょこまかとね(^.^)

 011.04.23

日本人が蛍光灯を好むのは、網膜のカーブが大きいことによるそうな。欧米人はカーブが
ゆるいので光が奥に届き易い。なので蛍光灯だと、彼らにはまぶしすぎるんだそう。
もちろん、青や茶色といった目の色の違いもあるそうだし。

日本の夜のまぶしさ。それが今、節電で見直しが進んでる。夜が昼間のように明るいので、
いつまでも起きて活動してる暮らしを、いつのまにか私達は当たり前と思ってきたけど。
夜の暗さで見る、月や星のあかり。
それは、私達がいつでも見ることのできる、ふるさとへのみち。

宇宙というふるさとから、今は地球というところへやってきて、生きている、暮らしている。
という説も、ありなんだよね(^_^)。

偉大なる流れから宇宙エネルギーを貰ってる私達は、宇宙の情報も貰ってるのさっ。
その中に、自分のふるさとの宇宙の情報も入ってると考えたら…。わくわく。

 2011.04.24

先日、りっくさんがリンクを貼ってくれた「夏のオフィスは北海道へ 東京で募集 
涼しく停電知らず」の記事は、こちらでも取り上げられたニュースです。

やってみる価値、おおありだと思う。
本州の最近の夏の暑さってなかなかコントロールできないレベルだもんね。
身体は夏バージョンなのに、クーラーは冬レベルで冷えちゃうし。
天然の涼しさ。もちろん北海道でも暑い夏はあります。毎年異なるので勝負!ですが。
この春は温暖化ってどこの話?というくらい、雪解けも遅かったし、今も朝晩の暖房が
いるけど。でもまあ、普通に生きてます。

宇宙エネルギーの応援で、色んな情報がキャッチできる。
あ、これもOKなんだって、受け容れる脳になっていく。育っていく。そして選択できる。
生きるには、多様性が必要なのは、私達人間も一緒さっ(^_^)

 2011.04.25

吾蘇慕宇会セミナーin旭川が済みました。
Mさん、参加のあらゆるみなさん、ありがとうございます。

今回も、Mさんの濃厚なレクチャーが、ほんとにたくさん。
しかも、今回の実体参加者には、先行してうれしいお知らせも(^_^)。うふふ。

【偉大なる流れから貰う宇宙エネルギーのすごさ。なので、こういったことが可能に】
というのが、いつでも前提としてあるのです。
思えばできるとか、やればできるというレベルではなく。

【確実にできる】。宇宙エネルギー使いの【レベルに応じて】。
だからアップが必要。アップして、さらにレベルを上げてく。結果がもっと変わってく。

自分の持ってる生体生命エネルギーだけでなく、宇宙エネルギーの応援がある私達。
生きる力も、生きる能力も、本当に変化してくね。それは、毎日アップしてく能力でもある♪

 2011.04.26

脳を動かすには、莫大に”エネルギー”がいる。
天才と呼ばれる色んな人々。
今は脳のCTスキャンがあるので、血流が多いところをCT画像で見られる。

先日のTV番組の出てた元プロスポーツ選手は、フットワークと視覚がとても発達してると
脳のセンセイは解説してた。それに比べ聴覚のほうは、あんまり発達してないので、
(人の話をあまり聴いてない)それは彼のキャラクターにも影響してるかも…とね。

優れてる人の、あれができるなら、これもできるでしょ、と、ついつい思いがちだけど、
人間である以上、特定の脳の分野に、特に多くの血流(栄養・酸素)を送ったら、
他のところには、薄くしか送れないのかも。
なんたって、物理的に総量は決まってるわけだし。

その番組だけで結論を出すことはできないけど、どうも、聴覚分野とか言語分野は、
あとまわしになるかんじが…。生きるのに必要な順位とでもいうか…。

それで思い出すのが有名なプロ野球選手。「どうすればホームランが打てますか?」と
聞かれて、ガーッと来た球を、ダーッと打って、バーッと走っていくだけです、というような
答えが返ってくる。自分の中で、画像を鮮明にイメージできる。それを日本語に変換
する時には、擬音の多用になるのかも。

【宇宙エネルギーの応援があると、脳の色んなところを同時に動かせる可能性が高くなる】

おおつは、たまに早口になりますが(笑)、考えたことを次々と言葉にして語ろうとすると、
思考のスピードで話してるみたいなの。そして、口の筋肉も動くの。噛みもせずに(笑)。

脳を動かすには、莫大に”エネルギー”がいるけど、あれば、もっと動くのもわかってきた。
宇宙エネルギーの応援で、さらにさらに動かしていこう。
脳はそういうものだしね(^_^)

 2011.04.27

脳には莫大に”エネルギー”がいる。身体を動かすにも莫大に”エネルギー”がいる。
複雑なことをして脳を使ってたら、身体を動かすのも億劫になるという経験、あるよね。
脳は使ったけど、身体はさほど動かしてなかったということでなく。

複雑なこととか、普段しないこととかで、脳が先に疲れちゃうというか、とにかく
”エネルギー不足”になると、全体にエネルギーが回らなくなるというかんじ。

だから、やり慣れたことをしてると、あんまり考えなくても、脳を必死に動かさなくても、
身体が覚えてることは、きちんと行なえる。

宇宙エネルギーでトリートメントを続けていると、脳が活性化してくる。
脳が動くので、いつまでも動いていたい、活動していたいという気分の日もあるけど。
肉体が脳と同じレベルで動くかは、別の話だなあと、気がつくようになってきました。

脳にゆとりがある状態で、今日はひとまず終了。回復が比較的スムースにできる状態で。
宇宙エネルギーのトリートメントで、回復をうながす。修理、修復する。
今日も元気。目力も、しっかり♪表情も豊かに♪めんこい顔になりますよ~(^_^)v

毎日元気であそびましょ。楽しいデータを増やしていきましょ♪

 2011.04.28

A.「自分は、こういう時には○○と思うので△△と行動する。あなたも同じでしょう?」
という発想は確かにある。
けどね。宇宙エネルギーのトリートメントで脳が活性化し、吾蘇慕宇会セミナーで、
色んな情報に触れていると。
B.「自分は、こういう時には○○と思うけど、あなたはどう思うのかな?」という、
二つのことを同時に考える脳が動くようになる。

A.の脳だと、自分と違う答えが返ってきたら、「え、なんで?どうして自分と違うの?」
から考えがスタートし、「信じられない、そんなの」となって(笑)、「自分と違うなんてヤダ」。
それから改めて、なんでそんな発想になるんだろう?と、ようやく相手の意見を考える。

B.の脳だと、最初から相手の答えを待ってるので、すぐに相手の意見を考えられる。

でね。脳がエネルギーたっぷりで元気だと、誰でもB.の状態で考えることができるの。
それが。脳が疲れたりエネルギー不足になってくると、A.の状態になることが。
もちろん、日頃からA.の発想オンリーのヒトもいるかもしれないけど。

宇宙エネルギーの応援で、脳が活性化する。脳の色んなところが動き、働き、
具体的に血液もエネルギーも回る。届く。そして具体的に脳を使っていくと。
B.の発想も、いともラクに。

脳は、宇宙エネルギーの応援があると、本当に動く能力が高まりますよ(^_^)v

 2011.04.29

A.「自分は、こういう時には○○と思うので△△と行動する。あなたも同じでしょう?」
B.「自分は、こういう時には○○と思うけど、あなたはどう思うのかな?」

例え話。
A.「先日、Eさんとお見合いをしたけど、本命のCさんのお見合いの返事がまだだから、
   それを待ってから返事しても良いですか?って、Eさん本人に言ったの。
   あなたもそうするでしょ?」
B.「えっ。私なら、Eさんにだまってるよ~。でもA.さんは、それをEさんに言ったの?」
A.「ええ。普通は正直に言うでしょ。みんな、そうでしょ!」
B.「……」

自分がすること発想することが、他の人も同じかどうかは、わからない。
それぞれの価値感があるから。
極端な例え話だけど、ここに出てるA.さんは、正直であることが最優先。相手の立場や
感情ではなく。A.さんが見合い相手のEさんに、逆の立場で同じことを言われたら
「いいですよ、待ちますよ」と返事する可能性が高い。正直に言ってくれたんだから、
待つのは当然よね、とか。だって、みんな、そうでしょ!の脳が動いてるので。

B.さんは自分の意見がある。自分ならだまってるとね。そしてA.さんが、まっ正直に
言うのを良いと信じてること、それ自体は否定しない。
そのうえで、A.さんに、こういう場合はストレートに正直に言う方法あるけど、その他に
○○という言い方も、△△という言い方もあるよと、自分の意見も話せる。
二つのことを同時に考える脳が動いてるので。

宇宙エネルギーの応援で、脳の稼動領域を増やしていこう!円滑も増えるとも(^_^)
脳は、宇宙エネルギーの応援があると、本当に動く能力が高まりますよ(^_^)v

 2011.04.30

休日も、ふだんの日の延長で朝からキリキリと忙しくしてるヒトも多いと思うけど。
「いつもと違うこと」をして忙しいのは良いけれど、「いつもと同じこと」で忙しいのは
ちょっとストップ。

いつも使いこんでる脳を休ませる。オーバーヒートを鎮める。これで脳も元気度アップ。
そして宇宙エネルギーのトリートメントで、脳全体を活性化していく。

脳も同じところばかり使ってると、くたびれる。なまものだもの。
なので色んなところを上手に使ってくとか、時には全く別のところを動かす。
非日常。これで、脳を回復させる方法もある。

日頃、子供と接触するチャンスが少ないヒトは、連休中に子供とあそぶ。
これも非日常の楽しみ。
家事も家族に変わってもらうのも良し。出来を気にするのではなく、新しいチャレンジの
レッスンへ。これも互いに非日常。
日頃しないことをする。脳や身体の普段使ってないところを刺激。

宇宙エネルギーたっぷりで、それを行なってみると。
色んな自分をまた発見できて、それも楽しみですね(^_^)v

6月に今年度の吾蘇慕宇会イン関東を行なう運びとなりました。
復興ニッポン。色んな応援があるけど、ひとりひとりが正常元気で、それぞれが
普通に普通の暮らしを行なえるっていうのが、まず基本にあると、私は思うの。

自分が元気なら、誰かに手を差し伸べることができる。
そこからのスタートでも良いと思うの。そして。宇宙エネルギー使いが増えてゆき、
能力がアップしてくことで、色んな円滑も働き、幸せな顔が増えてゆけばいいと思うの。
こんなすごいことを、さらっとやってるのも、ステキよね(^_^)

                     

おおつランド総ページへもどるトップページへもどる