○ おおつランド ○  2012年 7月
 2012.07.01

今日から7月。半年が過ぎた?ハテナ?って感じです。半年たってて中身は若返ってる。
宇宙エネルギーの応援で細胞の元気度がアップしてるしね。さらにアップ、もっとアップの
夏でゴー♪

今日は、やることやらねばの日。
やれる元気とタイミングがばっちり。いっぱいやったら、あとはトリートメントで復活も(^.^)
お手入れは、いつだって大切ですからね~♪

 2012.07.02

昨日も宇宙エネルギー目一杯使いまくり。そしてちょっとおでかけ。
帰りの高速インターのジャンクションの食堂で一休みしてる時。
ふっと目に止まった壁の文字板を見て、目が点になる。

セルフ形式のその食堂は、合図が来ると自分で取りに行き、食べ終わると自分で食器を
返しに行くシステム。で、目が点になったのは。
日本語で「返却口」と書かれた場所にね。
「tableware return mouth」と書いてあったから。
うう~ん、直訳すぎっ(笑)。口に食器を戻すって?中身を食べたら、食器も食べるのか…。

さて、どのような英文にすると日本語の本来の意味として通じるでしょうか?
何気なく見落としがちなことも、面白ネタとしてゲットできる元気なワタシでした~(^.^)

 2012.07.03

普段は気にもとめてないけど、そうじゃなくなって初めてその大事さがわかるものに、
『元気』がある。病気や健康という意味じゃなく、元気そのもの。
どこかにひとつやふたつ不都合があったとしても、普通に日常性が送れる。これを元気と
するなら。

元気じゃない時の不便さは、ものすごく、自分にも周りにも波及してくる。
日頃、気軽にやってることが、こんなに面倒でオオゴトだったとは。
例えそれが砂糖壺に砂糖を足すだけの事だとしても。にっこり微笑むだけの事だとしても。

元気なら5分でできちゃう事が、30分かかっても終わらない。泣きそうになる。
理由があれば自分でも納得だけど、理由がわからないので、一層自分が歯がゆくなって。

実はこれは慢性疲労、蓄積疲労の状態。病気じゃないけど、元気じゃないんです。
一日休んでも元気が回復しない。あんなに軽々と動けてた自分はどこに行ったのか?

生きるエネルギーを作り届け作用するシステムがダウンしてると、こういう事が起きると、
今の私は思ってる。
システムダウンだから部品の問題ではない。システムそのものがうまく機能してないので、
生きるエネルギーが慢性的に不足してる。不足してるエネルギーで、日常を送る。さらに
システムがダウンする。

私達は生き物だけど、色んなシステムが働き、生きてるわけで。

宇宙エネルギーの応援で、システムが再起動する。細胞も入れ替わり、以前よりも、もっと
効率の良いシステムになってく事も可能。遺伝子という設計図に情報があれば。その時に
応じた最適なシステムで動く事ができるようになってく。
年齢じゃなく、細胞の元気度に応じたように。

システムダウンする前に宇宙エネルギーのトリートメントと上手な食事、運動、休息でゴー♪

 2012.07.04

脳が疲れてると、最少のエネルギーで物事を進行したいので、先手先手を打ちたくなる。
という見方もできるなと、ちょっと思った次第。元気だから先手を打つというよりも。

その先手は正しいかもしれないけど、必ずしも必要かといえば、しなくても済むものだったり。
出たとこ勝負!という事ができない時は、やっぱりちょっと脳が疲れてるのかも~。

こういうことを自覚してると、とりあえず様子を見てから考えたり行動するパターンも出てくる。
女子は特に心配症だから、こういうことが出てくるね。
なんで心配性かというと、体力が(男子に比べて)ないから。
にも関わらず、男子よりも、することが沢山あるから。

元気に見ないふりもしていこう(笑)

 2012.07.05

今、秋の新しい企画を考え中。皆さんにもおたずねして、情報もゲット(^.^)
形になったら、色んなふうにお知らせしますね~。
宇宙エネルギー流しながら、必要なことをしていく。

あ、先にエネ洗濯ものを干さなきゃ。あ、電話が!って、日々することいっぱいで、年を
取ってるヒマもない(笑)

家事や生活のしかた考え方は、ほぼ育った家庭、嫁いだ先の家庭のやり方を踏襲します。価値観を変えて新しいやり方にしてくって、エネルギーが要るし、慣れた方法でやってしまう。
宇宙エネルギーに出会い、色んな発達をしてきた宇宙エネルギー使いの皆さんは、新しい
方法をやれる能力も育ってる。なので、「見ない事にしておこう」もできるヒトに。

考え方を変えるって、脳を変えるに等しいのかもね~(^.^)

高いブランド品を身につけても、それがベッドの中での自慢なら誰にも見せられない。
自分で歩いて相手の所へ行き、ほら、見てみてと見せびらかそう(笑)。元気ならそれが
可能。ブランド品じゃなくても良い、元気な自分を見せにいこう。

元気が財産と、しみじみわかる(^.^)。宇宙エネルギーで元気が回復。良かった!!

人権は男女平等ではあるけれど、体力差は、やっぱりある。こういうこと学校で教えて
欲しいよね~(笑)。自分の体力を超えたことが要求される現代において、上手な発想や
知恵で自分の元気を護り、確保してくのさっ(^.^)

 2012.07.06

明日することをメモして寝る。次の日起きると、それを実行してく。
又は朝起きると、今日することをメモする。どちらも実行したら、線をひいて消してく。
宇宙エネルギーを流して書いてるので、未来にも宇宙エネルギーが届いてる。

実行できることもあれば、先へと延びてくもののある。
ただ一度目にしてるので、忘れてた~が少ないのが、ありがたい。
Mさんに教わった方法。

日常の決まった作業もたくさんあるけど、そうじゃない要素もたくさんあるのが暮らし、仕事。
スケジュール表に書くものもあるけど、用事もしたいことも、いっぱいあるのが大人の世界。
やること想い出したら、ささっとメモして、済んだら消してく。

ひとつでもクリアしたら、マルさっ。ひとつやり残した~なんて、あせったりしない。
明日でも間に合うものなら、明日にしたって良い。
今日を楽しむ予定が入ったら、それを優先しても良い。

私達は、楽しむために生きてるしね(^.^)。
スケジュールをこなせたという喜びもあるけど(笑)、人生を楽しむという選択があるのさっ♪

 2012.07.07

ものすごく疲れてる時と、とある時(これは明日のセミナーで話します)には、アタマのエネ
ルギーが不足する。

すると笑顔だけでなく表情が消える。表情の筋肉を動かすエネルギーをカット。
それから。短期記憶のエネルギーもカット。次に、思考する脳のエネルギーもカット。
注意力も落ちる。話すのもおっくで、しやべらなくなる。
息をする、心臓を動かすのにどうしても必要な、「生命維持」に生きるエネルギーを回してる。

考えなくてもできる事、慣れた事だけやって、日常生活や仕事を過ごしてる。ただし本人に
この『自覚は無い』のがポイント。

疲れてるAさんの場合。先輩と仕事の打ち合わせ。先輩からすると「はい」と、Aさんが話に
うなずいてるのに、後で確認したら、ちっとも話を聞いてやしない、覚えちゃいないので、
また説明するはめに。けれど再度話した仕事の話も、ところどころしか聞いてない、覚えて
ないので、Aさんの仕事は中途半端なまま。

「真面目にやってくれよ」と先輩が言う。Aさんからすると、え、なんで怒られるんだろう…に。
それくらい、短期記憶が働いてない。言われた事をやってるのに・・・。しか認識機能も
働いてない。どこがどう出来てないんだろうと、思考する脳はストップしたまま。

Aさんには自分が疲れてる自覚はない。疲れを感じる神経も疲れてて機能してないので。
むしろ、いつもと同じように完璧にやってると思ってる。そりゃ少しはミスがあるかもだけど、
そんなの誰にもあるし。くらいの反応。そしてプライドが傷ついちゃったりして。
「言われたことをしてるのに、なんで~?」とAさんは思ってるから。

先輩も、あれだけやってたAさんが、こんなミスをするなんてと、最初は気がつかない。
けどそのうちにAさんのミスが続くと、先輩は「少し休んで回復して欲しい」とAさんに伝える。

思考能力が低下してる自覚のないAさんは、自分が正しいようにしか見えない。
「休んだ方が良い」と言われた事にも憤慨する。自分の記憶の中の、絶好調の自分だと
信じてるので。

という話は、身近にゴロゴロしてますね~。私達宇宙エネルギー使いは、こうなる前に手を
打とう。
思考の脳が動く段階で、自分にとって必要なことをしていこう。できるしね(^.^)

 2012.07.08

宇宙エネルギーの応援で、やるべきことがクリアできてる。
間に合うかどうかハラハラする日もあるけど(笑)、結果的にはクリアしちやってる。
二つを一遍にやる日もある。さすがに三つ重なると、アタマがショートしちゃったけど(笑)。

なんで皆、こうも忙しいのか。
やりたい事の道筋に、どれもこれも一長一短があり、選択しながら行ってるからかも。

オトナは忙しい。けど、ゆとりの時間をどこかに挟むのも、オトナの方法。
私達は楽しむために宇宙に生まれてるって考えると、気持ちの中にほっとするものが(^.^)

 2012.07.09

吾蘇慕宇会セミナーin札幌が済みました。
Mさん、参加のアラユル皆さん、ありがとうございます。
毎回だけど、時間があっという間に過ぎちゃう。
ためになるレクチャーも、盛りだくさん。現実に対応してくノウハウもたっぷり。

アタマを動かす、新しい発想で考えるって、ほんとに莫大にエネルギーが要るんだな~と、
また思う。宇宙エネルギーの応援で、アタマが発達、成長できるって、ほんとにスゴイな、
ありがたいなと思う。知恵や知識の収集や吸収する力も、伸びてると思う。

知ったうえで、判断、選択する。
知ってる事が少ないと、判断の幅が狭くて、問題解決するにも時間がかかる事が。
この知るため行動するエネルギーが、あるかないかっていうのもある(^.^)。
宇宙エネルギー使いチームは、これも発達していくね。

昨日は2次会で、究極のテーマ
「宇宙のとある星にいつのまにかいた。送ってくれるというその星の住人に
地球までの帰り道を説明しなさい
の、上級の回答が飛び出しました(^.^)

これは以前掲示板のメンバーの書き込みで、原文はちょっと探さなくてはならないのですが、おおまかに
「ある日、目を開けると見知らぬ星にいた。その星の科学は発達しており、地球まで送って
くれるという。地球までの帰り道を説明しなさい」
という内容。

気が付いたら自分の知らない場所にいた。どうすれば地球に帰れるか。という意味ではなく、
「地球までの帰り道を説明しなさい」が問いなわけです。

で、ついに。「今の私達の能力での回答」が出てきたわけです。
これは、宇宙的回答です。でも、きっと納得できる回答だと思う。
私達がアップすると、また新しい回答が出てくるかもしれないなあ。それも楽しい(^.^)

宇宙エネルギー使いは、宇宙についての考察を毎日行ってるのかもしれないね。
宇宙エネルギーの応援を貰いながら。それもまた楽しい♪

 2012.07.10

究極のテーマ。
「ある日、目を開けると見知らぬ星にいた。中略。地球までの帰り道を説明しなさい」

今の自分ならばと、新しい発想で考えることができる人が増えてるかも。
ヒントは、3次元・現実の発想から離れること。

 [この道をまっすぐ30m行った先の交差点を右に曲がって銀行が見えたら、その角の
向かいに目指す駅がある]的な発想からの解放。宇宙ってどんなところ?と考えててくと、
ちょっと面白い答えが出てくると思います。

いつも使い慣れた脳を動かすだけじゃなく、使ってない脳を動かす。
するとね。日頃、当たり前と思ってやってることが、実はしなくても良いこと、新しい方法で
やれることに気がつき出す。これが楽しい。

慣れてる事をして、何か問題でもあるのかという問いには、こう答えたい。
「その慣れてる日常は永遠ではないし、むしろ常に変化してる社会においては、そぐわない習慣になってるかもという視点も持って下さい」

社会的通念も価値観も、どんどん変化してく。それに柔軟に判断と行動してく柔軟な発想は、
たわいもない脳トレからも起きてきます。

宇宙エネルギーたっぷりで、新しい脳を開発してくのも楽しいじゃない(^.^)


お題 投稿者:こうへい
見知らぬ星に着いてしまったら。
その星の科学力で、私のイメージをスキャンしてもらう。
地球の環境、風景、見える夜空、太陽、銀河…。
それらの情報から、地球の位置を割り出してもらいます。

こんばんは 投稿者:yume
宇宙次元。
その星に行ったんだし、送ると言われるんだから、来たときの航跡ルート検出システムで
お願いしますって頼んでみよう。

byおおつ
この「お題」のコワイところは、問題を読んで、脳が勝手にに「どうすると地球に帰れるか」
と、自動変換してしまうこと。

相手に地球の位置を割り出して貰うのでは、「帰り道を説明しなさい」という設問の答えに
ならないのが、この問題の奥深さです(^_^;)。
このお題は、どうやってその星に行ったのか知らない人が、その星の住人に「帰り道を
説明しなさい」という、『わけわかんない質問』をしてます。

宇宙を航行できる科学力がある星の住人に、私達が来た道を検索してねの回答は、
相手に帰り道を探して貰うので、帰り道を相手に説明することになってない。こんな問題を
思いついたメンバーの頭の中を観たいよね(^.^)。

けど、実はこれに「答え方がある」のを発見した時は、興奮しましたよ(^.^)v
ささ、再チャレンジ。こういう脳トレは、ウルトラな発想力を育てるかも~♪

時には、思い切りわけわかんない質問の答えを、大真面目に考えてみる。
答えが必要なんじゃない。使ってない脳の領域に刺激を与えていく。
毎日の暮らしも、答えがないことの積み重ねだしね。

 2012.07.11

究極のテーマ。
「ある日、目を開けると見知らぬ星にいた。中略。地球までの帰り道を説明しなさい」

最初は、どうやると地球に帰れるかな~と、そういう発想で私は問題を眺めてた。
それで問題を印刷して何度も読んでると(元の文は、もっと長かったので)、
なんと「
帰り道を説明しなさい」というのが、本当の質問だという事が浮かび上がってきた
どうやってこの星に来たのかを知らないのに、帰り道を説明する?それって何?はてさて。

次に冷静に、この例文に似た物語、浦島太郎を想い出す。
浦島太郎は、亀に乗り、竜宮城へと行き、もとの浜に送ってもらう。
行きの亀に乗ってる時は、海の中だし珍しいしで、どこを通ったか覚えてないと思う。
また海の中だから、めぼしい標識もないだろうし。似たような状況だろうし。
で、ここからちょいと別バージョンを。

帰りを送ってくれる亀が、もしも「行きと別の亀」だったら。
「浦島さん、帰り道を説明してね」と言われても、浦島太郎は絶句しただろうと思う。

帰り道なんて知らない。でも、浜で待ってる親元に帰らなきゃならないし。え~と~。
「ここにつれてきた亀を探してよ。その亀は僕がいた浜を知ってるから」と帰りの亀に言うと、
「あの亀は、いなくなりました。なので浦島さん、あなたが帰り道を説明して下さい」
ピンチの浦島太郎!

かつての私は「地球への帰り道の説明」の質問は、「答えがない」が正解だと思ってました。
そして今回、新たな閃きが出てきた時に。
問題には必ず答えがある。という思考からの自分解放。それは新鮮な驚きでもありました。

年月がたち、実はこれに対応できる答えがあるのに気がついたわけです。
ヒントは、宇宙ってなあに?どんなふうなところ?ということからでした。
3次元の発想を超えると、これはありだなの答えです(^.^)


こんばんは 投稿者:sai
帰り道を説明する・・・難しい。宇宙に地図があったら説明できそうですが、銀河系の
太陽系の水の多い星ですよって。でもこれもまだ3次元の発想ですよね。。
もう少し考えてみます。

おはようございます 投稿者:toda
図説もできないし、言葉も頼りないし、、

偉大なる流れにお願いして、地球へ行く地図情報を宇宙エネルギーのかたまりでおろして
もらって、その星の方々に渡す。

星の方々は「朝飯前さ」と高性能カメ型飛行機にプログラミング。
「ではまた来週~」と地球へ向かう。

 2012.07.12

究極のテーマ。
「ある日、目を開けると見知らぬ星にいた。中略。地球までの帰り道を説明しなさい」

私達は宇宙に生まれ、地球で生き、また宇宙へと、お土産を持って還る。今回のお土産は、
宇宙エネルギー使いとして得た能力さっ。もっと磨いて持ち帰ろう。そして楽しいデータも
沢山ね。それが可能な吾蘇慕宇会メンバーです(^.^)

以前より、ずっともっと思考の脳の自由度が高まってる(^.^)。偉大なる流れに、情報を
こっそり教えてもらって帰り道はこうです!と、送ってくれる住民に説明するという発想も、
かなり楽しいですね(^.^)うふふ♪
これは無理難題なんです(笑)。だけど、3次元の発想から自分を解放すると回答が出てくる。
『宇宙には、上下も左右もない。基点がないから。時間もないかも。基点がないから。』
これが今日のヒントです(^.^)

地上にいると気がつかないけど、地球も毎日動いてる。太陽の周りをだけど。私達には
自覚はないけど。他の銀河から太陽銀河に戻ってきて、そして私達の太陽系に戻るという
事を考えても、基点となるべき星々が、全部動いてるのだとしたら。目印になりませんね~。だから広大な宇宙と考えた時、目印となるものがないという発想が生まれてきます。

そして宇宙が膨張してるという要素も含めると、来たルートそのものが、もう存在しないかも。
けど、今いる星から地球を目指す。

この先が、3次元の発想から自由になると、それってあり~、あるかもの答えになっていく。
時間すらも、無視して良いからね。


おはようございます 投稿者:炭酸飲料
宇宙エネルギー使いなら、その星から地球へ宇宙エネルギーを送り、その星から地球への宇宙エネルギーのルートをつくり、その星の宇宙エネルギー使いか、宇宙エネルギーを検出する装置で、地球の位置情報ではなく、宇宙エネルギーの情報を基準として送って貰うのもありかなと思います。

こんばんは 投稿者:yume
>その星の科学は発達しており
・その星に高次元の宇宙地図があり、美しい地球も登録されていて、”ここです”。
ワープ道でかえれる。
・タイムマシ完備の宇宙船で目盛を少し戻してもらう。”そこです、お願いします”。

地球では、宇宙は泡構造。ダークマターで満たされている。...。
その星ではもっと、高次元の情報があるだろうな。
宇宙のこと、こんなに一生懸命研究している人がいるんだから、きっとそんな星で目を
覚ましたい人いっぱいいるだろうなと楽しい。

明石駅にて 投稿者:いっぽう
三次元的な発想を超える事は、四次元や五次元などの高次元的な考え方…という事!?

過去に確実に地球に存在していた自分が移動してきたであろう宇宙での軌跡を経由させて、過去の自分自身に宇宙エネルギーを送り(瞬間に送り返してもらう)、それを科学の発達した人々のセンサーによってその道をたどってもらうこととする…

~では、道を教えたことにはならない?

こんばんは 投稿者:sai
さて地球までの帰り道ですが
時間も空間も飛び越える宇宙エネルギーなら何かできそうです。

人間である自分を地球まで送ってくれるというのなら、何万光年も移動するわけではなく
次元転送装置?ワープ装置のようなものがあるのではないかと仮定します。

そして、その文明では宇宙エネルギーを感知する装置も存在していていると。これまた
都合よく仮定します(笑)

そうすると宇宙エネルギーを地球に送り、私が宇宙エネルギーを送っている場所まで
転送してね!というのはどうでしょう。

おはようございます 投稿者:toda
時間が無い
逆に時間が全部あると考えて
地球のこの時間帯でこんなことしてた、誰べえです、、と記憶の焦点を絞って、その時の
エネ体を渡す

エッ、本当にイイノ~?コノホシにいた方がタノシイヨ


 2012.07.13

ワープや、宇宙エネルギーや、エネ体の発想が、いよいよ出てきましたね(^.^)。
これもワクワクの回答ですね(^.^)

『宇宙には、上下も左右もない。基点がないから。時間もないかも。基点がないから。』
高度な移動の科学力を持ってる宇宙生命体なら、距離も時間も関係ない。
何故なら、そういう科学力があって、初めて宇宙を自由に移動できるのだから。

先日の札幌2次会で出てきた回答は、
「とりあえず、この星から宇宙に出て下さい。そして右でも下でも、とにかく私の思う方向に
進んでください。すると、『いつか地球に辿り着く可能性』があります。地球のエネルギーに
引き寄せられて着くこともあるでしょう」

一旦宇宙に出ることは必要。この星のエネルギーの影響を受けないところまで移動して、
それから地球を目指す。

質問には、最速でとか、いつまでに帰るという設定はありません。また、星にいる私は、
身体を持った私か、エネ体の私かも不明です。なので、時間はここでは無視できます。
高度な科学では、一瞬で何億光年をジャンプする事も可能とするなら、宇宙中を検索して
目指す目的地の地球へ着くことも可能になるしね。

なので、帰り道は無数にあるとも言える。けど、それは一瞬でかたがつくのかもしれない。
今いる所と、目的地が重なるのは、瞬間移動(テレポーテーション)等もありますが、
この場合でも、時間は一瞬ですね。

どこまでの答えが帰り道の説明に該当するかが、この無理難題を考えるにあたっての
醍醐味かもしれません。

宇宙エネルギーは一瞬で宇宙中から私達のもとに届きます。
1億光年先の宇宙エネルギーでも。100億光年先の宇宙エネルギーでも。
4次元、5次元・・・の宇宙エネルギーでも。
ならば。そういった高度な宇宙エネルギーを、現実に移動の手段に利用してる生命体が
いても宇宙では当たり前なのかもしれません。

このウルトラのお題も、宇宙そのものから来たのか?いやいや、それは出題者にも
わかってないかも。ね、はるさん(^.^)

皆さんの、自由な発想とレベルアップが、とても楽しい(^.^)。3次元の発想からの解放。
距離と時間からの解放。
それは、限界からの解放かもしれない。

今回の回答は、最先端の数学、物理学、量子学に匹敵するような回答のオンパレードです。
数式ではなく、テーマの回答がダイレクトに閃くのも、私達は常日頃から、宇宙に生き、
生活してるからですね、きっと(^.^)

  2012.07.14

究極のテーマ「・・・帰り道を説明しなさい」で、色んな発想をしてくうちに、距離は私達の
スケールでは捉えきれない、説明できなという観点が出てきた。だからここでは、太陽と
地球というセットも存在しない。太陽と地球の距離のスケールを、相手に説明できない。

>地球から太陽までの距離は約1億5千万km。太陽の直径は地球の直径の109倍。

そう言われても、距離も大きさも具体的にイメージできないもんね。測る単位そのものが
説明できないし。

だから
相手に伝えるのは、地球だけで良いという事になる。これなら、イメージできる。
次の問題は、地球は宇宙を動いてる星だということ。軌道があるにせよ、一定のスピードで常に動いてる。そして自分が今いる「とある星」も動いてる星だとしたら。

どっちも動いてる。それなら、ワープとか宇宙エネルギーで…と、おおまかな移動をして、
それから地球を目指すのもありだね(^.^)。高度な科学では、どんな移動をしても一瞬かも。だから、「とりあえず行って。そしたら[いつか]地球に着くから」というのも成り立つのです。


別の話。先日、忙しい日があり、「どうして私は一人しかいないんだ~」と叫んだという話を
友人にしたら、「そうそう。自分がが7人いたら良いのにと思うよね。することいっっぱいだし」と友人は言ってた。

「。。。私は、自分が7人いれば良いとは思わない」
「どうして?7人でやればできるじゃない」
友人のように発想する人は多いと思う。自分が7人いたら、あれもこれもできるのに、片が
つくのに。

けどね。この能力のままの人が増えるという事は、やることも増えるから、いつまでたっても問題が解決しない、ってことになるのだ。

今抱えてることが7つあるとする。7人でいっせいに行うと、そりゃその7つは片がつくかも。
けど、その7人は、次から次へとまたそれぞれが7つどころか10や20の事を抱えこんで、
できやしない~も増えてく。もっと自分を増やさなきゃになる可能性が、とても大きい。

「どうして私は一人しかいないんだ~」と叫んだ私は、一つずつコツコツやってると、いつか
片がつくから。できなかったことも、いつかできる日がくるから。できなくても、問題ないから。
と、宇宙的な発想で過ごしています(^.^)。
だってね。元気度がアップすると。能力がアップすると。解決できるかもしれないじゃない。

そのほうが、自分という人数を増やすより得策という発想も、上記の難題を考えてた脳から
生まれてきます(^.^)。

 2012.07.15

先日見たTVで、家事労働を時給に換算すると、あなたはいくらだと思う?というアンケート
に対し、男性はおよそ1000円、女性はおよそ1500円と、開きが出ていた。
値段はさておき、この500円の差は何を意味するか?

たぶん男性側の値段は家事をやってない、やった事がないヒトの発想じゃないかなと私は
推測する。でなきゃ、うちの女房の働きは、こんなもんだよっていうのも、あるかな?
とにかく家事は軽労働という考え方。
女性側は、割とリアル。もっと高い値段がつくかもと思ったけど、皆さん謙虚なのね(^.^)

家事は、して当たり前。しないと家族から文句が出るけど、やってても褒められる事はない。
このへんは天気予報に似てる。予報がはずれると文句がでるけど、予報が当たっても、
褒められない(笑)

先日、何事も全力でがんばるのが好きという方と話したあとに私がひとこと。
「自分ではフルマラソンを全力でずっと飛ばして走ってると、脳がそう認識してるけど、
隣の、歩いてる人に抜かされてるような状態になってることは、認識できてないんだよね」
「うっ・・・」

自分では全力でトップを走ってると脳がそういうふうに動いてる。
けど身体はちっとも動いてやしない。それを認識できない位、実は脳の働きもダウンしてる。

『実行すること<実行するエネルギー』 又は 『実行すること=実行するエネルギー』
この状態なら良いけど、
『実行すること>実行するエネルギー』 になった時に。自分の色んな能力を高めて
対応する方が合理的。

誰かの助けを借りるも良し、はぶけるものははぶいても良し、明日でもOKのものは明日に。
自分の元気、自分の健康をおろそかにして、がんばることに全精力を注ぐのは、いかがな
ものか?と、誰かに言ってもらわなきゃ、気がつかない程忙しいのが当たり前の現代。

宇宙エネルギーの応援で、新しい自分になっていこう。新しい価値観も時には試そう。
リラックスから生まれるひらめきや、つながりもあるから(^.^)

2012.07.16

狭い日本の家屋ですが、狭くても広くても、やることは変わりない。
大人服と子供服。サイズは違っても、作る手間暇は同じ。
言われると、そうだな~とわかることだけど、ついつい見かけに惑わされる。

やること山盛りですが、元気な時は、それすら楽しい。疲れてると、ため息ばっかり(笑)
本格的な夏が来る。
宇宙エネルギーの応援で、元気度アップ、そのうえで、今日の体力に見合った事を
上手にやってくのも、おとなとしてはありですね。
子供は、限界点を伸ばしてく、高めてくのが必要な時もあるので、色々やってみよう♪、
そうして育っていくのさっ♪

2012.07.17

最近ではストレスばかりじゃなく、機能性の低血糖によるもの、栄養バランスの乱れ、
腸内環境が悪化したのが中枢神経に影響を与えて、性格として現れてるという説が。

性格だと思ってたものが、栄養不足、栄養過多によって起きてる側面があるとか。
栄養不足は、各種ビタミン、ミネラル、鉱物のたぐい。栄養過多は糖質。糖質がこんなに
ふんだんに手に入るのは、人類史が始まっても、近代だけのよう。

それに身体が対応できてない。というか、必要なものが入ってこない・また多すぎる場合、
身体の働きがうまくいかないのも、ある意味そうだよねの話に。

宇宙エネルギーは必須、さらに私達を具体的に作り、機能させるための食材や食事も、
大事だよねの話。

脳は、特にエネルギーの消費の多い部位。必須の栄養を体内で作る力も相当あるけど、
まず材料・動力である食品品が不足してるなら、動きが変わってくることが出ても不思議
じゃない。
宇宙エネルギーをたっぷり封入して、必要な栄養もとっていこう。夏に勝っていこう♪

 2012.07.18

今朝起きたら、食卓テーブルの上にバッタが一匹。なんだキミは。どこから来たの?
間髪入れずに、おんもへ離しました。ほっ。庭でも見た事ないのに。そうか、いるのか。
いても目に入らない色をしてるもんね、キミは。

目の前にいてもあっても気がつかない。何度聞いても気がつかない。
何かの拍子に焦点が合うと、目に入る、耳に入る。そういう事は日常に沢山ある。

元気だと、この範囲が広がる。疲れてるとこの範囲が狭くなる。
だから元気でいたいのさっ。目の前のラッキー。見逃さなない、逃がさないためにもね。
宇宙エネルギーの応援で、今日も元気な自分を楽しもう(^.^)

   2012.07.19

私達宇宙エネルギー使いは、どんどんみずみずしくなっていく。また、それをキープしてる。
身体も、ココロも。

ちまたに流れるニュースを見てるうちに、あることに気がついた。
子供を護るべき大人のトップ達が、とても鈍い反応の答えをしていた。
心が乾いてて、目の前に出来事に、ちっとも反応してなかった。
こんなに乾いた心の大人に、繊細でみずみずしい成長期の子供達を育てられるのかと、
とても疑問に思った。

子供「喉が渇いたよ」
大人「そんなはずはない。私は渇いてないのだから」
子供「お腹がすいた」
大人「そんなはずはない。私はすいてないのだから」
子供「もう眠たいよ」
大人「そんなはずはない。私は眠くないのだから」

相手の話を聞いてないのではない。聞いてる。聞いてるけど、心が乾いてるので、子供が
言ってることより、自分の価値観、基準が優先してる。

心が乾くってなんだ。脳の動く所が限定されてないか。想像する力、相手の立場になって
考える力、そんなものも含め、脳の動くところがどれだけあるのかという事かもしれない。

宇宙エネルギーの応援で、脳の色んな所に栄養もエネルギーも血液も届き、働き、育つ。
そして丈夫にもなっていく。ちょっとの事でも、へなへなとならなくなってく。
身体も、ココロも(^.^)

子供の時にだけ経験できることがある。それをたっぷりすることで、大人になっていける。
宇宙エネルギーの応援で、それらがスムースに。
そして元気な大人になって、人生を生き抜いていく。

 2012.07.22

熱中症対策が、あちこちで語られてる。その中にスポーツドリンクを飲むというのが、ある。
とあるサイトを見てたら、スポーツドリンク500ミリリットルの中には、糖分が約20グラム~33グラム入ってるとか。
スティックシュガーは今、3グラムが主流だから、7本~11本分、入ってる計算になる。

熱い時に、こういった甘い飲料を飲むと、さらに水分が欲しくなる。
そして、塩分の補給がおきざりになってたりして。むむむ。
本当に暑い時は、甘くない飲み物で、ちょこちょこ水分補給が良いのかも。
塩分補給に、インスタントみそ汁を飲むっていうのも、ネットで見かけます。

これから本格的な暑さが来るけど、宇宙エネルギーの応援と生活の知恵で、
元気に過ごしていけるのが良いなあ♪

  2012.07.24

宇宙エネルギー使いの私達。
色んな感情がある。その感情で離れたところにいる人を想った時に。

心配があった時。相手に心配のエネルギーは届かない。 宇宙エネルギーだけが届く。
悲しみがあった時。相手に悲しみのエネルギーは届かない。 宇宙エネルギーだけが届く。
寂しいがあった時。相手に寂しいのエネルギーは届かない。 宇宙エネルギーだけが届く。
苦しみがあった時。相手に苦しいのエネルギーは届かない。 宇宙エネルギーだけが届く。
怒りがあった時。相手には怒りのエネルギーは届かない。 宇宙エネルギーだけが届く。

うれしいことがあった時は?
その時は、嬉々として、相手に電話をしてるよね(^.^)。もしくは会いに行くよね(^.^)。
喜びを伝えに、現実のコミュニケーションを取る行動をするよね。
宇宙エネルギー流しながら。

そういうことの積み重ねで、私達の日常はできている。積み重なってる。円滑になっている。

 2012.07.25

先日、Mさんと客人と私の3人で、旭川の隣町、美瑛・白金(しろがね)にある「幻の青池」
までドライブ。幻といっても、いつでも現存してますが(笑)。

なぜ幻かというと、たぶん、この青色にあると思うの。
アルミニウムの成分を多く含んだ十勝岳の地下水が、美瑛川の水と混ざり合って生まれた
「コロイド」という成分が太陽の光の青い色を反射して水自体が青いように見えているそう。

その青は、ソーダ水のブルー。
その池には、かつて植林された木が今は枯れ、白い肌をさらし、何本も池から伸びている。
ネットで「美瑛の青い池」と検索すると出てきます。

けど。やっぱり現地で実際に見る色はステキです。うぐいすも啼いてるし、そよぐ風、近くの
川の水音も良いし。
吾蘇慕宇会のメンバーをつれてきてあげたいと、しみじみ思いました。
それが叶う日が、いつかきっと来る(^.^)

帰りは対向車もまばらな農道を、ゆったりとドライブ。貸切の道路感覚。観光期の北海道で。
もちろんメイン道路の国道は、車がびっちりですよ。けど裏道っを知ってると、こういう技が。
たぶんカーナビ見ても、白地図に道路と進行の△しか出て来ない道。

宇宙エネルギー使いになる前に、この辺りを車で走り回ってたので、今でも道を覚えてる。
国道が身動きできない程混雑してる時も、時間短縮で富良野までいく道もあります。

宇宙エネルギー流しながら、短い北海道の夏を楽しむ日も必要。
そしてまた、気分を切り替え、日常生活へゴー♪

 2012.07.26

宇宙エネルギー使いとはいえ、私達は生身の人間です。
生活してくうえでは相手もあることだし、無理がかかる時もある。へたる時もある。

けど、それは気力でカバーなんてことではなく、宇宙エネルギーを使いまくって、
やること(食事、休息、運動等)、しっかりやってるから、日々を円滑に過ごせてる。

無茶や無謀は、しないでおこう、やめようと、言い続けてる。
この無茶や無謀のレベルも個人差があるので、それは各自で判断を。
疲れた~のサインが出る。それをキャッチした時に。

上手な判断と、行動ができるために。
宇宙エネルギーで頭をトリートメント。疲れてると、真っ先に、判断の脳の動きが落ちてくる。
そして慣れたことを、慣れたようにしてく。考えなくて済むから。
そして気がついた時に。2倍も3倍も回復に時間がかかるライン迄、自分を追い込んでたり。

宇宙エネルギーたっぷりで、あそび、ゆとりも取り入れ、楽しいという時間も確保していこう。
私達は、そういうふうにできてる(^.^)

 2012.07.27

9月の高尾山、多くの反響をいただいてます(^.^)。ありがとうございます。
それまでガンガンアップしていこう。もちろん、北海道セミナーもアツイ、濃いので、おいで~

本州は本格的に暑くなってるようですが、体力維持、温存のための工夫も色々と必要ね。
北海道もここ2日位暑いのですが、この暑さは期間限定なので、割と過ごしていける。
それはね。その期限は、お盆なんです。お盆過ぎたら、暑さもピークが過ぎちゃう。
昼間の長さが短くなってくると、暑さがおだやかになっていく。

これは本州では、なかなか出てこない現象ですね。南の方では、今や11月でも半袖OKの
年もあるようだし。

暑さによる急激な体調変化を防いでく為に、まずは基礎体力をアップ。食事も休息もね(^.^)
宇宙エネルギー流して、疲労やストレスもトリートメント。元気アップでゴー♪
それでもムムムの時は、北海道で自然の風に吹かれよう(^.^)

 2012.07.28

洗濯ものを干す時に、ポール4本全部を使って、タオルケットやシーツを広げて干す。
ザ・太陽さんの光が洗濯ものに直角に当たり、あっという間に乾く。風が水分を持ってくし。
時折これをするけど、テントを広げてるようで、欲し物の下は涼しい。ちょっとキャンプ気分。
2回目の洗濯ものを干す時には、もう乾いてるのが楽しい(^.^)

日常の中にいても、非日常気分。節電の夏なので、たま~に、暗くなってきても、すぐに
照明をつけずに、電池式のランタンをつけたりして、セルフトリートメント。落ち着くひととき。

私達の脳は、ものすごく柔軟。世界は日常だけでできてるわけではないしね。
非日常でできてることのほうが、もしかして多いのかもね。と考えるのも楽しい。
今日からロンドンオリンピックが始まる。これも非日常の世界。
トップアスリートの活躍を、まとめて見られるチャンス。わくわく。

いいものを見る。刺激を受ける。それも生きてるうえでの楽しみですね。

 2012.07.29

オリンピックって、人間の可能性への挑戦の連続なのかも~と思う。
その挑戦は、次から次へと新しい選手によって引き継がれてく。更新されていく。

宇宙エネルギーを使っていた先人達。伝統とマニュアルは伝承が途切れたけど、
今も私達は偉大なる流れ=宇宙から宇宙エネルギーを貰い、使うことができてる。
新しいマニュアルを創りながら。

いつだって、宇宙規模での新しい可能性を追いかけてる。
そして実現してくのさっ(^.^)

 2012.07.30

かくれんぼで入ったタンスの向こうは、おとぎの国だった…。という映画を昨日鑑賞。
内容はさておき。我が国日本でも、猫型ロボットが、どこでもドアというウルトラグッズを
持ってる。アリスがうさぎを追いかけて落ちた穴が、不思議の国だった。

日常と非日常。隣り合わせというイメージは3次元の発想。
ドアの向こうが異次元というのも、たぶん3次元の発想。

4次元5次元の発想からすると、呼ばれて振り向いたら、そこはもう異次元っていうのも、
あるかも。同じ景色、同じ登場人物。けど、そこで起きることが、異なってる・・・。

私達はMさんによる「新・あそびましょ」を読んで、宇宙エネルギーシステムが作動し、
偉大なる流れから宇宙エネルギーを貰う、宇宙エネルギー使いになって、使い続けてる。

3次元で生きてるってことは、3次元のエネルギーで生きてるってことだ。
私達宇宙エネルギー使いは、3次元のエネルギーだけじゃなく、宇宙エネルギーもある。
その宇宙エネルギーは、どんどん次元もレベルもアップしてるのを貰えるよう研鑽してる。
そして3次元だけではなく、4次元5次元レベルの暮らしもしてるのかもね(^.^)

だから、毎日が『日常あんど非日常』なのかもしれない~(^.^)

2012.07.31

コツコツと、やっていく。必ず勝つ結果になる事を信じ。
宇宙エネルギーの応援を貰ってるから、そうなってく。
ならない時は、アップしていけば、きっと結果になると信じ、また研鑽。情報収集も。行動も。

だまってラッキーが降ってくるより、自分でラッキーを迎えにいく。呼び寄せる。
そういう方が私は好きだな。

探して探して、Mさんに出会い、宇宙エネルギーに出会い、今の私になることができた。
だまってラッキーが手に入ったわけじゃない。半年図書館に通い必要な本を読みまくり、
そして行動して努力して、今日という日がある。

Mさんに宇宙エネルギーに出会ってなかったら。こうしてパソコンに向かってる今日は
果たして存在したか。

ラッキーも、宇宙エネルギーの応援で、たくさん巡ってくる。
活かすのは自分です。活かす元気があって良かった♪
 
                       
                                                                                                 
   おおつランド総ページへもどるトップページへもどる