○ おおつランド ○  2013年 1月
 2013.01.01

あけましておめでとうございます。本年も宇宙エネルギー使いとしてアップしましょう(^.^)

2012年度年末イベントは大盛況で終了しました。
早々と終了の方、すべりこみセーフの方ありで、沢山の方がこのイベントを堪能されましたね。

私達は目に見える範囲と見えない範囲で構成されている。
この「範囲」は物質だったり、エネルギーだったりする。
見えないからといって存在しないのではなく、見えないレベルでの存在があるのだということを、
意識させてくれたイベントだったと思います。

見えるところで起きてる不都合だけでなく、見えないところでおきてる不都合に対応してくには、
そこに届く・作用してくれるレベルのエネルギーを送ることが必要。

私達「ザ・偉大なる流れ」から宇宙エネルギーを貰ってるチームは、常日頃から見えない範囲にも
届く宇宙エネルギーを使い、送っているのです(^.^)v

なので、気がつけば、以前よりもずっと元気度がアップしてる(^.^)(^.^)(^.^)

これは奇跡ではなく、日常の話なのが、実にスゴイ♪
今年もガンガンアップ!!!
宇宙は果てなく、私達が接してるのは、ほんのわずかかもしれないのだから。

今年も宇宙エネルギー使いまくって、セミナーにも参加しよう♪北海道は案外近い(笑)

 2013.01.02

一日の夜は「相棒」を堪能。もやもやする感覚は、脳トレになってる。ツッコミ入れながら見てるし。
そのあとで、「あの名曲を方言で」という番組が楽しかった。
津軽弁で歌う「プレイバックpart2」が秀逸♪新しい歌になってたなあ。

坊や♪→ぼんず!
PLAY BACK→ もどりへ

標準後にない味わいが、たっぷり♪いいもの見たな~と、そのあとぐっすり。
夢をみたような気もするけど、ま、今日も宇宙エネルギーたっぷりで、やることやっていこうっと。
もちろん、脳トレも(^.^)筋トレも(^.^)

 2013.01.03

1.ただいま2時間雪と格闘中。なので、レスはまた後ほど。

2.途中で着替えたり、塩分と糖分補給でトータル約5時間弱、それでもまだ終わらない雪かき。
  そして真打ちのMさんが登場!速いし、きれい♪すごい♪
  そこへ、ようやく道路の除雪のダンプが。道路は車が通れるようになったけど、
  各家庭の前には、山のような雪の塊が残されて。
  はー。また行ってきます。

3.雪かきも無事終了(^.^)。日常家事も終了。ほっ。
  しのごの言ってもしょうがない。コツコツやるしかない。ってこと、たくさんあるなあ(笑)

今回は、ここに住んで初めてかもしれない量の雪。玄関のドアも雪でふさがるくらいの。
瞬時に身体も気持ちも雪かきモードへ。宇宙エネルギー流しながら、安全無事に終わりました。

トータル約6時間半。ひとりだと、一日で終わったかどうか。
Mさん、応援をありがとうございます!!!
雪かきも、ウマイ・ヘタがある。そう、Mさんは達人です(^.^)v。みるみる減ってく雪の山。
すごっ。おかげで無事に終わりました。

今日の予定は全部すっとびになったけど、ま、いっか。なんたって今日はまだ3が日なので、
ご近所中が総出で雪かき。これが明日なら仕事初めだし、ワオ!に。
マルの範囲でおさまれば、OKなのでした。あとはセルフトリートメントで疲労も回復へ(^.^)v

 2013.01.04

例年なら、雪が降ってもあったかい日には少し溶けて、また降るという繰り返しなのだけど。
今年は、初雪即根雪という変則的なパターンに。しかも連日気温が低くて、なかなか雪がとけない。
ま、こういう年もあるか。

年末のMさんによるイベント効果かも♪と思ったのは、最初の雪かき2時間のあと、家に入った時。
疲労感がまるで違う。疲れてないことはないんだけど、あ、「もうダメ感」がない。すごっ。
着替えて外に出て、またひと仕事。少しくたびれてきたなあ~と思ったところに、Mさんが登場♪
やったー♪ありがとうございます♪

そして今日。ふくらはぎに少し筋肉痛があるかな…?くらいで、他は元気なの(^.^)
もちろん、Mさんにトリートメントしていただいたので、ものすごくプラス(^.^)
腰も膝も痛く無い。うふふ♪若い時よりタフなところがある。

だけど、ゆとりを持って動くのも大事。私達はナマモノだから、際限なく動けるわけじゃないしね。
日照時間は、かなり伸びてきた。初春の単語が似合うくらい。
ささ、今日から本格始動。あれもね。それもね。宇宙エネルギー使いまくりで(^.^)v

雪かきはかなり運動量も多く汗をかくので、一回着替えに家に入りTVをつけたら、箱根駅伝は
天気の中を走ってる!道路に雪がない!ヘン!(笑)。
こちらは正月からマラソンに匹敵する雪かきさっ(笑)。筋肉痛もすぐ出て、若いと自画自賛(笑)
スロー筋トレで鍛えた筋肉、今も健在なのを実感(笑)。持久力の筋肉は財産。身体の使い方の
レッスンもおおいに役立ってました(^.^)

 2013.01.05

年末に、勉強のために買いこんだ本を読む時間は、雪かきに消えました(笑)。
けど、日常生活には支障なく作業もできたので、これはこれでマル。
今日はものすごく晴れて、室内はぽかぽか。でも外はたぶん-10度以下だろうな。ま、いっか。

暑いところに住んでる人も同じだと思うんだけど、イキナリ暑くなるわけじゃなく、
じわじわ暑くなってく。最初はキツイなあと思ってても、体内システムが対応して働きだすと、
暑さにも対応できるように。寒い所に住んでるチームも、たぶん同じ。寒さに徐々に慣れてく。
そういうしくみを私達は持っている。

しくみも元気ならきちんと働く。疲れてると筋肉が熱を作る能力も十分に働かないので寒く感じる。
暑さ寒さは元気度によっても全く感じ方が異なる。身体の元気度だけでなく、脳の元気度でもね。
だから、元気でいるって、とてもエコなんです(^.^)。

お正月、ちょっと出かけたけど、ここいらで着物姿のひとは見かけなかった。
晴れ着という感覚も少なくなってる時代。時代によって暮らし方は変わってくけれど、
元気が何よりというのは、きっとずっと変わらない(^.^)

 2013.01.06

北海道が室内暖房をするのは人間のためもありますが、水道管が凍らない為というのも、大きい。
ひとたび水道管が破裂すると、それはもう…。
一軒家ならまだしも、アパートやマンションは他の家にも被害が及ぶので、
留守にする時は水を落とすという作業をする方も多いです。水圧って、すごいのさっ。
宇宙エネルギーの応援で、年々自分があったかいので、そこんところもよろしく~(^.^)

自分の中にある治す力。宇宙エネルギーでそれがきっちり働くように。発症すれば回復する。
これも大事♪疲れてると発症に時間がかかることがあり、気がつかないうちに、じわっとレベルが
下がってることも。風邪のウィルスをやっつけるには、熱でやっつけるのが効果的とか。
回復のしくみがわかると、ストレスも小さい。これも豆知識です。

☆ー☆ー☆
今日までお休みという方も多いかな。
明日から本格始動というのが多いかな。

明日は、ちょっと素敵なお知らせをしようと今、企画中。
明日の掲示板やホームページをチェックしてね!!!

 2013.01.07

吾蘇慕宇会の「新春お年玉トリートメント企画」を発表します!

 1.日程  1月7日(月)~1月31日(木)まで

 2.吾蘇慕宇会のメンバーが、Mさんのトリートメントを受けた場合。

   メンバーがトリートメントを受ける時に、同時に家族を1人トリートメントします。
   さらに。中学生以下の子供も1人同時にトリートメントします。
   合計3名のトリートメントとなります。料金はいつもと同じ一万円です。

   ※子供は、自分の子供、孫、甥、姪の関係であること(血縁関係にあること)。
    詳しくはメール又は電話で、お問い合わせください。

   例)自分、妻、中学生の長男
   例)自分、夫、小学生の孫
   例)自分、弟の嫁、弟の小学生の子供(姪、甥)

   未来を担う子供達へのギフトという意味合いもあります。

   子供が高校生、大学生です…という方は、今回はメンバープラス1人の対象とさせて
   いただきます。
   また、中学生以下の子供がいない場合は、2名のトリートメントとなります。

 自分も家族もMさんに最高のトリートメントを同時に受けて元気アップ♪素敵なギフトです♪

☆ー☆ー☆
新春お年玉企画、発表しました。
自分も家族も同時にMさんのトリートメントを受ける(^.^)。わお!ステキ!!

元気なひとが周りにいるって、ありがたい。疲れてる人が周りにいるより、ずっと良い!
自分の自由度が高くなる。家族も自由度が高くなる。
元気なら自分で自分のこと、しちゃうからね。元気におでかけもして家にいなかったりする。

そして。未来を生きる子供達へのウルトラの応援。
元気度の高い子供が成長してく。大人になってく。
元気な大人が作る未来。未来は常に更新されてくもの。変化してくもの。
いつも未来を創る、生きていく。
生きることを楽しむ未来は、いつでも存在してる。それがもっと強くなってくといいな。

 2013.01.08

新春お年玉企画、発表しました。
素早い反響が多々。昨日は、早々とMさんと家族のトリートメントを受けた方もいました。
自分も家族も同時にMさんのトリートメントを受ける(^.^)。皆で元気アップ♪ステキ!!

四季の国、日本。世界的にみれば、四季があるのは珍しいのだとか。へええ。そうなんだ。
私達、北国人には雪はそんじょそこらにあるものだけど、沖縄人からすると珍しいそうだし。
北国人は春は4月過ぎって感じだけど、沖縄ではもう緋寒桜が咲いて、春へ一歩踏み出してる。

このところの雪かきで、本州人にも雪かきの体験をして欲しいなあと思った次第。
それは雪かきが大変という意味ではなく、これも日常なんだという、そういう感覚を
味わって欲しいなあという気持ち。
雪かきをして、家の前がさっぱりとキレイになるのは、ある意味快感でもあります。

冬のスポーツ、雪かき。動くと汗が出る。ダイエットになる人と、ならな~いの人がいる(笑)
宇宙エネルギーの応援と、身体の使い方のレッスンを続けてきてるので、雪かきも
タメイキなしでやってます(^.^)。とはいえ文明の利器も使います。
上手にやってくと続けられる。そのバランス感覚も大事だし。

片付けって大きなところが片付くと、小さなところは後回しでも間に合う(^.^)。
毎日コツコツやっても間に合わない量の整理整頓の場合、天気が良い日に朝から動くのが極意。
疲れたら休む。

やってくと片付け脳の神経ネットワークが、育つ、動く。←これが出来上がると、
いるいらないの判断も早くなる。
まだ使えると思ってたものが、もう使うことないなと判断が変わることも。
もっと良いものができてる、ある。それも視野に入ってくる。

 2013.01.09

今日はダイヤモンドダストがキレイなの(^.^)。寒いけど雪じゃないっていい(笑)

女性のフォーマル用の服は何度着るチャンスがあるか。同じメンバーが集まる場合2回が限度。
期間をあけて着て、トータル3~4回位着たらお蔵入り。高かったので処分できなくて(笑)。
女性ってめんどうだわっ(^_^;)。だからといってフォーマル用の服は普段に着るには向いてない。

若い頃は友人達と身長も体型も似たり寄ったりだったので、皆で服を回してた。ラクで便利。
主婦になった友人達は、それこそ一回しか着ない服を新調せずに済むので、皆で助け合ってた。

日本の家庭は四季があるので物が多い。暮らしの物も着る物も、四季の分があるのに収納場所が
少ない。ならば。時折、物の要不要を見直してくしかない。
「もったいない」とのバトルでもある(^.^)

けどね。モノを買うって、狩りだと私は思ってる。買った時に、第一目標は達成されてる。
狩りの喜びを得たから、使うこと自体はおまけ感覚。そう考えると、処分の判断基準も変わる。
もう二度と手に入らないものやエネグッズは別として、まだ使えそうとか、いつか使うかもと
いうものは、見直しの対象になる。

「この本は面白かったから、いつかまた読もう」。これが実行されることは無いに等しい。
なぜなら。読みたい本や情報が次々と出てくるので、もう一度じっくり読みなおす時間は
どこからも出てこない。新しい本を読む時間も仕事や生活の中から、やっと確保してる。
片付けの時間や体力も、ひねり出さないと、出て来ないのかも。

片づけない理由も山のようにあるけど、暮らしを快適にするために必要なことをしてく。
宇宙エネルギーの応援で、元気な時には、いっきにやってみよう。
脳が育つ。これもレッスン(^.^)

「飽きる前にやり抜く」。ちょっとずつ片づけてても、あまり片づかないうちに飽きがくる。
するともう手をつけたくなくなる。だから大きなところから手をつける。
「飽きるスピード」と勝負!勝つぞ!!

 2013.01.10

外に出て鼻呼吸して鼻毛が凍るような感覚があると、-13度以下だとわかる。長年の経験で。
マフラーで口元を多い、呼吸する。冷たい空気が肺に入らないようにする。で、マル(^.^)
ユーミンの歌にある♪前歯も凍るわ~♪っていうのは、現実の話なの(笑)
歩くと足元の雪が、きゅっきゅっと音がする日も気温が低い。

でもね。こんな気温の日でも、女子高生でミニスカート、なまあしのコ達がいる。
本人だって寒いだろうけど、見てるこっちも寒くなってくる。
寒さに足をさらしてると防衛本能が働き、脂肪をつけて太くなるんだけどね。
冷え症になるコも多いだろうなあ。

宇宙エネルギーの応援で、正常元気度が上がってくると、普通に普通の選択と行動ができる。
寒い意には、あったかい格好もできるし、薄着でも自分で熱をつくる筋肉も元気♪
宇宙エネルギー使いになって変身してきて、もしかしたら若い時よりも寒さに強くなってるかも。
若い時より脂肪量が多くなってるからではなく(笑)、元気度が上がってるからという話(^.^)

今日も元気アップでゴー♪あったかく過ごそう♪宇宙エネルギーたっぷりのお鍋もいいね♪

 2013.01.11

あると安心。使わないけど。でもじゃま。日本の家庭って、こういうふうにできてるかも。
四季の衣服、寝具。食品・日用品のストック。これらはどうしても要る。記念品、想い出の品。
これらも賞味期限があるか(笑)。

要る・要らないを選択するのは整理。定位置に置いてくのを整頓とするなら。
整頓は割とやってるかも。後で定位置に戻そうと思い、とりあえず別の所に置くのも含めて。

ところで整理。これはたぶん普段やってない。とりあえず全部「要る」に。
なのでたまに整理が必要。ここで問題が。

整頓の脳は多くの人は、しょっちゅう使ってるけど、
整理の脳は、使ってる人は使ってる、使ってない人はめったに使ってないとするなら。
使ってない脳を動かすのは、ものすごくエネルギーが要るってこと。
でもこれが動き始めると、動くように。そして使い込んでくと、なめらかにいつでも動くように。
という見方、考え方もあるかもしれないと思ってる。

私は普段は整理整頓はおおまかな方だけど、スイッチが入ったら、一気にするタイプ。
脳のタイプによって色々あると思うので、どれが良いかは別として、
まだやったことのない考え方も取り入れるのはありだね。
整理整頓も、脳トレなのであった(^.^)

 2013.01.12
新春企画がスタートしてほぼ一週間。たくさんのご予約をありがとうございます。
「自分がゆっくり計画してるから皆もきっとそうだね」という方、
いえいえ他の皆さんは素早いんですよ。

いい席から埋まってく。これはコンサートやライブでもそう。
希望する日にちや時間って同じになるもの。
とはいえ、何事もチャレンジは大事。自分や家族を元気にして新しい未来にしてくためにも、
この新春企画にトライして下さいね。

ところで。エエネチェックのコールで、3回くらいでやめちゃう方、ときどきいますが。
3回で電話にたどりつけるほど、せまいところにいるわけではありません(笑)。
いつも手元に電話があるということでもないし、他のことをしてる時は、それを中断もするし。
エネチェックは短時間で行うけど、ウルトラのレッスンです。
チャンスは上手に活かしていきましょう♪

今日から連休、明日から連休という方も多いかな。
人ごみに出かけることも多いと思うけど、バリヤー強化で自分も家族も護ってゴー♪

 2013.01.14

今年最初の吾蘇慕宇会セミナーが済みました。
お年玉というか、福袋というか、ウルトラのレクチャーをMさんにしていただき、
年頭からすっごく素敵なお話を聞くことができました。
これでまたトリートメントがぐ~んとアップ(^.^)v

魔法と異なり、宇宙エネルギーはレベルアップに伴い、条件設定(お願い)そのものの
内容も変化してく。
単純になおれ~とかげんきにしてね~と漠然と行うのではなく、
科学・医学・様々な知識に基づいたベースで宇宙エネルギーを送り、
「宇宙エネルギーに」実行してもらう。そして宇宙的価値観で結果になっていく。
最善の時に最善のことがおきてくる。
これは事実です。

今年は、「ちょっとした工夫」で、お正月太りが起きなかった♪そういうことだったのか。
ダイエットといえば、カロリー制限で、体重を落とすことに目がいきがちだけど。
肝心の身体を創るために必要な材料としての食品も摂ってないので、
身体の中で起きてることは、期待以外のことだったのが、最近の情報でわかってきた。

お正月料理は糖質でできている。おせちも、お餅もね。それらを食べるのは活動してる昼間は
マルの範囲だけど、夜寝る前だと使いきれない糖分が脂肪となって蓄えられる。
ほんの少しの工夫で、にっこりや、しくしくに。まずは筋肉作る材料の食材も食べてゴー

 2013.01.16

本州方面で降った、めったにない雪で混乱してる様子が、ニュースで映し出されてた。
「注意して安全に歩いてください」とアナウンサーは言うけど、
何に注意するのか、どうすれば安全に歩けるのか。これについては全く説明がない。
だってアナウンサーも知らないから。
雪国に住む私達には、雪道を安全に歩くコツは、当たり前なんだけどね。

ところで。こちらの夕方のローカル番組に出てた本州出身のアナウンサーが、
「靴に冬靴があるとは北海道に来て初めて知りました」と言ってた。
そうか。そうだったのか。冬の北海道に旅行やスキーに来たことがある人ならともかく、
本州の雪に縁のない人々は、そもそも冬靴を知らないのか。

雪国の人は冬には冬靴を履く。それは暖かい靴というよりも、
靴底が滑らない工夫がしてある靴の事。
昨今は研究も進みスタッドレスタイヤと同じ素材、構造の靴もたくさん出てる。
溝も色々、ピン付きも。
雪道もあればスケートリンクのような氷の道もある。そういう所を歩くには、
底がつるつるしてる夏靴は歩けないだけでなく、危険なの!

TVに映る東京の女性は、ハイヒールしかないので、ゆっくり歩きます…。と言ってたが、
東京でも、毎年、年に何度か雪が降ってるのになあ。最低でも長靴か溝のある運動靴。
安全のためには冬底の靴を手に入れよう。

という話をメンバーとしたら、そもそも関東では冬底の靴を売ってないといか。
昨今はネットでモノが買える時代。安全のために、手に入れましょう。
年に1回か2回のためにモッタイナイという方へ。
防災グッズと同じと考えてみるのはありですね。転んで打撲、けがをすると靴代ではすみません。
もっと高くつくだけでなく、不自由で過ごすはめに。

で、冬底の靴を履いて、さらにちょこちょこ歩きも。決して夏のように蹴らない。
けるとすべるので。
身体の重心を丹田に置いて歩くのも有効。そして宇宙エネルギー流しながら歩いてく。

 2013.01.21

吾蘇慕宇会セミナーイン旭川が済みました。
Mさん、参加のあらゆる皆さん、ありがとうございます(^.^)
ウルトラの講義でした~♪今回は、先週の札幌で教わったことを、さらにしっかりと確認し、
そのうえ『極意』も教えていただくことができ、感激です!!直接参加の方、良かったね(^.^)v

こういったチャンスは、いつでてくるか。たぶん講師をしてくださってるMさんにもわからない。
宇宙エネルギーの流れによって、話が出てくるとしかね。

宇宙エネルギーが大好きで、宇宙エネルギーをもっともっと貰いたい、レベルアップしたいという
参加者のその情熱も、こういった流れに参画してるのかしら。そう思うと楽しさも、さらに増す。
Mさん、ありがとうございます!!!直接参加は、ほんと、ステキですよ~♪

宇宙エネルギーのトリートメントや封入は、ただ単に宇宙エネルギーを送って終わりという性質の
ものではありません。
魔法とはそこが決定的に違います。

宇宙エネルギーにお願い・条件設定する。
『こういうことをしてね。それは○○や、△△を◆にしてね』
『 』の中身は、科学的、医学的な情報、さらには色んな知識情報も含めての
お願い・条件設定です。
ここが深く、広がってくると宇宙エネルギーの結果もより増してくる。
ならば「専門家」なら、宇宙エネルギーでより効果のあることができるのかと
以前聞かれたことが。

「専門家」でも、人間がなんでできてるか、どうやってできてるかは、きっとわからない。
専門家なら、なおそうかも。わからないから、わかりたいとずっと研究追及してるわけで。
しかも、人間は、目に見えるモノと見えないモノで構成されてる、動いてる、機能してる。
だから、人間の知恵・知識で推し量れないことがたくさん。

なので、私達「ザ・偉大なる流れ=宇宙から宇宙エネルギーを貰う宇宙エネルギー使い」は、
人間を構成してるあらゆる総てを宇宙エネルギーに応援してもらう。元気になるように。
そして結果につながっていく。わくわく(^.^)

後半では大津により、1月のお題の脳トレの解説も。
図に書いてみると、なるほどそうだよねと納得。
そして『脳トレ』なので「いつもの自分が答える回答」もありだけど、
『突拍子もない答えを期待してた』と説明を。
突拍子もない答えを考えるのは、ものすごく能力とエネルギーが要ります。日頃あんまり
使ったことのない脳を動かす場合は特に。

この脳を使い慣れてる人には、次から次へと出てくるので、また色々考えてあそびましょ。
あそびは楽しいから。

 2013.01.22

本日の関東界隈の降雪は無い模様。とはいえ年に何度か雪が降るし、路面が凍結するよね。

先日のTVで「雪国の人は、いつもどう歩いてるの?」というインタビューを札幌でやってた。
歩き方のレクチャーもあったけど、女子高生が「冬靴を履きます」と言ったら、
インタビュアーが「えっ、冬靴って何ですか?」
女子高生はこの質問にびっくりしてたけど、こう答えてた。
「靴底に溝があったり、滑りにくい素材でできた靴です。これで私達は歩きます」

冬靴を知らない文化圏があるのは想像つくけど、冬靴無しに雪の道を歩くのは、とても危ない。
雪国育ちの私達は絶対したくない。雪道をすべって転ぶのは、痛いだけじゃすまないし。

「え~、だって一年に1回か2回目のためにわざわざ冬靴を用意するのって、もったいな~い」
と、TVスタジオにいた、とある女性がこのインタビュー画面を見て言ってたけど、あらまあ。
「年に1回か2回しか行かないバカンス用の水着は買うのに、自分を護る冬靴はもったいない?」
困ってない子は、困ったもんだ。

たぶん、このヒトも雪がふったら、毎回ひやひやもので、夏ヒールで歩くかタクシーか。
「転びそうにはなるけど、転んでない。なんとかなるもん。そうやって今まできたし。
これからも、きっと」
困ってない子が、もしも転んでも。運がわるかった、はずかしかった。ちょっと痛かった。
でも、まあ、こんなこと、そうはないから。で、自分を納得させちゃう。

困ってない子に「困った」を、意識・理解させるのって、結構難かしいかも。

夏靴で、平らなところはまだしも、少しでも傾斜のあるところは歩くのが困難。
やったことあるけど、踏ん張りがきかない。ずるずるすべる。とてもコワイ。
家から車に乗るのも、一苦労したことが。
少しでも底に溝があると、サンダルでも歩けるけどね。摩擦の問題でもあるのさっ。

今は長靴でも、おしゃれなのがあるし、スニーカー類はだいたい底に溝があるけど。
安全対策で冬靴があると安心ですよ。
こちらはウィンターバーゲン中。お得に買えます。おいで~♪

 2013.01.23

かなり昔の話ですが今も通じると思うので。
私がバイトしてた所に、夫の転勤で関東から来た新妻が加わりました。
時折雪が降ることもある北関東ですが、本格的な冬は初めてとか。ものすごく明るくて
元気な方でした。

で。雪が降った時。彼女は靴屋で靴を買いましたが。すごく迷った。
1000円の靴と5000円の靴とどちらにしようか。
5000円の靴は、たしかに良いけど、それではせっかくのバイト代がとんでしまう。
気をつけて歩けば大丈夫だよね。
なにしろ1000円の靴も普通に売ってるということは、これでも間に合うからでしょ。

ところで次の日、彼女は新しい1000円の靴を履いてバイトに来る時に、
つるつるの道路で転んでしまう。そしてムチウチ状態と診断された。
かかった病院代が5000円。差引1000円の損。いえいえ、もっとです。

なぜならバイトも辞めざるを得ない。首を固定してて下を向けないので。
さらにこれから通院費も。

価格が高い靴を履いても歩くテクニックは必要ですが、安くて滑りやすい靴で歩く時には、
雪国人でもさらにテクと全身の筋力が必要。
冬は、雪道だけでなく、雪がとけて凍った氷の道が多々同時に存在するのです。

私が冬に着物を着て歩く時も原則冬靴。冬用の草履をはく事もあるけど、外の様子次第。
おしゃれは大事だけど安全はもっと大事。秤にかけて安全を取るのよ、みばえよりも。
そもそも、冬だし誰も見ちゃいないから。外は寒いし、皆、足早に過ぎる(笑)。

―15,6度でも、なまあし・、ミニスカートの女子高生は多々いる。
寒いけど、おしゃれが優先。今はよくても、のちのち、どうなるか。

安全も経験で基準値が変わってくるね。宇宙エネルギーたっぷりで、
色んな判断と行動ができる人になってゴー♪

 2013.01.24

どういう方法で目的を達成するか。目的が達成できればマルというのが現実。
だんどりや過程が必要な時もあるけど。
方程式を書き連ねて答えに至るのが普通だけど、もしかしたら答えは○○?と閃いて、
書いて合ってたら儲けもの(笑)。

身近な例え。
キモノに着替える。この時に、キモノを着てゆっくりと「帯結び」をする時間がない場合が。
着物を支えてるのは腰ひも。帯は飾りのベルトなの。
なので自作で形を折り込んで縫いとめた帯に面ファスナーをつけ、
ワンタッチで留められる帯に作り変える。あ~ら簡単、5秒で帯の装着がOK♪
これで気楽に着物に着替えられる。サーカスのような動きで着つける帯結びは、いつかね(笑)

そういえば算数や国語のドリルをする時、1ページ5分とか10分とか区切ったこともあった。
時間と競争。すると勉強じゃなくゲームになる。それが周りからは勉強に見えるだけ(^.^)

こういう発想もあるよ。ということ。これをしてねということではなく。
「あそび=ゆとり、ゆるみ」が置き去りになってないか。ずっと緊張状態で、はりつめてないか。
人間、交感神経と副交感神経の両方が働くようにできている。ところで中高年になってくると、
この副交感神経の働きが下がってくるそうなのだ。だから意識してゆったりの自分の時間を
持つのも大事。はりつめっぱなしではなく。

私もたまに、時計の針が真下(30)分になるまで、ちょっとタイムブレイク。
という風に気分転換する。
ずっと仕事モードのはりつめた状態って慣れてるから気持ちイイのかもしれないけど(笑)、
身体はそうはできてない。

宇宙エネルギー流しながら、ゆったりもする。
身体の新しい使い方も研究。すると目的達成もスムース♪


 2013.01.26

「もったいない」とのバトル。敵はとても手ごわいぞ(笑)
ごはんを残しちゃもったいない。けどそれにより増える体重とのバトルには勝つはず(笑)
なんてこと日常茶飯事ね。色んな「もったいない」がある。それは文化だったり、信条だったり。

とある番組を見てたら、お宅には何枚の紙袋がありますか?なんてのをやってた。
多い人は250枚近く。他の奥さんは大小とりまぜて50~60枚くらいは普通だった。
ブランド物の紙袋、惜しくて捨てられないと色んな奥さんが言ってたけど、気持ちはわかる。

でも必要量を超えた分は、いつまでたっても出番は来ない。250枚の紙袋。
毎日一枚使って処分すれば250日でなくなるという計算は成り立たない。
(大きさや色や素材はこの場合考えない)何故か。

買い物をする度に紙袋は増えるから。
250枚の紙袋がなくなってから買い物をするわけじゃないので。

シャ○ルの紙袋を持ってエル○スの店で買い物をして、このシャ○ルの紙袋にドレスを入れてとか、
持参のエコバッグにドレスを入れてなんてことはしないから(笑)
そして増えていく紙袋。あの店で買ってきたのよと獲物をみせびらかす感覚もレジャーかな。

コツコツと増えた紙袋。コツコツ使えば減るはず…が通用しない。
コツコツ使ってる最中にも増える。
だからコツコツの3倍くらいの量を毎日処分しなきゃ、いつまでたっても減らない(笑)
この紙袋、先月ひと月で集めたもんじゃなく、何年もかかって自覚のないまま増えた代物。

もったいないけど時々思い切って減らす。今は紙袋も紙ごみ収集となる自治体もあるし。
その時に「もったいないおばけ」が出てくる。
でもね、250枚。押し入れもタンスの上も、占拠しまくり!
「もったいない」と「スッキリ」を秤にかけて、スッキリを取ろう。
スッキリしたら、また溜まってく…(笑)

こんなのも脳トレの一環。宇宙エネルギーたっぷりで、もったいないとバトル!
勝つか負けるかはあなた次第!

 2013.01.28

一冊の本から色んなふうに情報がつながってく事があって。要約すると、次の事がわかってきた。

>男性は平安時代以前から「帯の文化」
>女性は平安時代以前から「紐の文化」

>帯の文化は男性の方がはるかに古く千年以上も道具として使われていたのです。
>男性の帯は剣の時代~刀の時代に移っても「重たい物をぶら下げる道具」として必要でした。
>武士の二本差し(刀)は、帯の別々のところに差すから、ずれないのです。
>なので男性の帯は最初から結構長さがあるものとしてスタートしてます。

>女性が帯を結ぶようになったのは飾りとして江戸時代の中期以降です。
>十二単は、2本の紐だけで着ています。

>男性の帯は腰骨の位置で締めるからどんなに強く締め付けても苦しくはなりません。
>女性の着物を留めているのは帯の位置より下にある腰紐一本です。
>その腰紐より上の位置で伊達締めや帯でどれだけ締め付けても着崩れには一切関係ありません。
>女性の帯は飾りで何も仕事をしてないし、お腹に巻くので全体の幅で締め付ければ
>苦しくなるのです。

「男性の帯は締める」・「女性の帯は結ぶ」。身体に巻きつける位置と役割が違うから。
なろほどね!そして男女どちらも締めるのは、腰骨のあたり。胸まわりはゆったりさせておく。

男性の帯を、自分でこの腰骨の位置に締めてわかったこと。ものすごく腰がラクなの♪
腰が据わるとか、腹を据えるとかの意味を実感!帯がずり落ちないように、お腹に力を入れる。
息を吸う時も吐く時も。これが古来の呼吸方法という本を見つけた事から情報が広がり出した。

昔の人は、帯を前で結んでた。結び目がじゃまになるというので、身体の横や後ろに回してた。
浮世絵にもそういう絵がたくさんある。
いたって簡単なこと。昔は、今のように後ろ手で帯を結ぶサーカスはしてなかった。だよね~♪

知ることで自分を護れる。そのために、色んな情報をゲットして『有効活用♪』
宇宙エネルギーたっぷりでね(^.^)

 2013.01.29

男性用の角帯の幅、ほとんどが約9センチ。この幅は、お腹の下「臍下丹田」を覆い、
腰椎3~5のあたりに落ち着きます。前が少し下がってる状態。
時代劇でもそう巻きつけてますね。この腰椎にこの幅の帯があると、
椅子の背もたれをつけてる感じがあるの。マイ椅子の背もたれ(笑)。

お腹周りに帯や紐をまきつけてた先祖達は、息を吐く時も吸う時もお腹が出る状態だったそう。
それは現実的には帯のずれ防止だったけど、横隔膜が上下することで、お腹全体が動くのもある。
内臓はユニットなので、つながってるところ全部が動くのだそうだ。
それは骨盤底筋と呼ばれるものも。
そう、この筋肉の働きが落ちてくると、尿関係の悩みが出てくる。

輸入文化を発展させるのが大得意の日本人が、なぜ椅子は手を加えずに見てたのか。
椅子の伝来も相当古いはず。
織田信長は洋服を着て椅子に座り、グラスでワインを飲んでたしね。
日本家屋は狭くて椅子が置けないとか、色々今の基準で考えそうになるけど。

男性用の角帯を締めてみて、わかった。これはマイ背もたれです。腰がものすごく安定する。
女性の帯よりも、ずっと。なるほど~。
男性用の帯もしめるのは簡単。私が好きなのは侍結びという結びかた。ゆるんでこないの。
面ファスナーで留めるワンタッチ帯も、男性用が市販されてます。兵児帯もマルかな。
ちなみに普段は洋服を着て角帯を閉め、そしてチュニックを着てます。
帯をしてるとは、ばれません♪

男性用の帯、間違っても胸のあたりに巻きつけないでね。
それは天才バ○ボンのように、子供の結ぶ位置です~。
宇宙エネルギーたっぷりで、色んなチャレンジも楽しい(^.^)v

 2013.01.30

昔、身分の高い人や富裕層や花柳界では、人に着物を着つけてもらってた。それをする役割の人
もいたし。今でも「舞妓さんの」着物や帯は、専門の「男性の着付け師」が行っている。
プロ仕様の帯は重くて結ぶのに力が必要なので、女性では扱えないという理由もある。
男性でも腱鞘炎になる位の仕事なのさっ。

庶民が着る着物は、今のTシャツやジーンズと同じ。誰に教わるでもなく、その日の気分や
体調で着てた。戦後、着物文化が一時期途絶えた。当時はなんたって生きるのが最優先。
動きやすい洋服で過ごすのが先だった。
暮らしも落ち着き、ようやく衣服にも気持ちが届くようになって、着物が着たいとなった時に。
着付け教室が現れたそうな。その流れが今も続く着物文化となってるようで。

これが「人に着せ付ける」のと、自分が「着替える」のが、まぜこぜになってるんだそう。
そうだったんだ~。それだけ文化が途切れたんだろうな。
女性が晴れ着を着る時は、昔の人だって家族やプロに帯を結んで貰ってた。
背中で自分で結ぶサーカスはしてなかった。だよね~。

今の着物は補正して寸胴、筒になるような着付けが主流。
「昔の人は補正をしてたんですか?」
「昔の人は寸胴だったので補正が必要なかったのです。今の人はウエストがくびれてるから
補正が必要なのです」というやりとりをネットで見た時、目が点になった。

昔の人も、ウエストはくびれてほっそりしてる。柳腰って言葉は今も残ってるじゃない。
浮世絵に残ってる美人画は、今でも通用するようなほっそりさんが多いわよ。
アイドルの定義は昔も今も同じかも♪
夢二の絵に出てくる女性って、ほとんどほっそり、ゆったり、ゆるゆるで、それが魅力に。

せっかくの美しさを閉じ込めちゃうような画一的な今の時代の着付け。
それから自由になって、本来の気ままで気楽な「着方」にしていこう。

色々情報を集めてくうちに本質が見えてくるようになり、それもまた楽しい。
宇宙エネルギーの応援で、脳の稼働領域が広がると同時に、情報と情報をつなげてく力も
育ってくのもうれしい♪

 2013.01.31

北海道ローカルの番組に出てくるアナウンサーやレポーター。道内出身者と本州出身者では
寒さの表現が違う。寒さの感覚や基準値に個人差があるけど。

1.本州出身のとあるレポーターは、
  「今日は―2度。厳しい寒さです!」
  「今日は―10度。非常に厳しい寒さです!」

2.道内出身のとあるアナウンサーは、
  「今日は―2度。寒いですね」
  「今日は―10度。とても冷えましたね」

TVを見てる私には、やっぱり2.の道内出身のアナウンサーの表現の方が、しっくりくる。

1.の―2度というのは、こちらの”冬期間は、あったかい気温”に属する。
それを厳しい寒さと連呼されると、たかが―2度でそんなに叫ぶ?という気分になってくる。
それがマイナス何度であろうと、寒い時に何度も寒いって言わなくていいから(笑)

「厳しい」という強い表現をされると、寒さを強く感じる。同じマイナス2度でもね。
要するに表現によって、同じ気温でも、脳の処理が変わってくるということ。
「寒いですね」と言われると、まあ冬だしねと、こっちもさらっと流せる。

ちなみに、道内でも地域によって、「とても寒いの基準」が変わる。
札幌近辺では、―10度。旭川近辺では―20度。今年記録を出した道内のあるところは、
―30度でも、まあこんなものさ、とか(^.^)

一月が終わる。日差しはどんどん春色になっていく。これから各地で冬祭りも始まる。
北海道にあそびにおいで~。思うよりも、ぬくい(温い)から(^.^)v


                  

おおつランド総ページへもどるトップページへもどる