○ おおつランド ○  2013年 3月
2013.03.01

あと2日あるはずの日にちがふっとんで3月になる。こんなカレンダーになったのには色んな説が
あるようですが、これをずっと守ってる習慣もすごい!

3月。いよいよ来月は関東セミナーですね(^.^)。わくわくは、もうスタートしてますよ。
自分にとって必要なことを選択する。そこに向かって知恵も工夫もしてく。何に対しても使える能力に
育ててく(^.^)。ミナサンにお会いできるのが、今から楽しみです♪♪

時々、脳トレの一環と趣味をかねてミシンや針をひっぱり出して、ちくちくしますが、これは先日の体験。
シュシュというドーナツ型の髪飾りがあります。長い布を縫って、筒の間にゴムを入れればOK。
くしゅくしゅっとした、かわいい髪飾りのできあがり。

縫い方も何種類かある。
今までは、シンプルに長い一遍を縫って筒状にして、筒の口を最後に縫うという方法で作ってた。
本には別の方法も載ってたんだけど、写真を見ても、イマイチピンとこない。ところが。
その方法を、TVで放送してた。それを見て、初めて本に書いてあったことが理解でき、すぐに実践。
うまくいった、成功♪そうだったのか~。

2次元と3次元(実際にはTVだから2次元だけど)では、こんなに理解度に差があると思った次第。
TVを見て理解して紙の本に書かれた手順をみるとTVと同じ。だけど、紙の本だけでは、やっぱり
わからない部分があった。

折り紙や紐結びも同じで、一番知りたい手順が載ってないこと多々あり。ここにもう一つあるでしょ、
大事ななにかが!と叫びたい衝動も(笑)。
今はネットもあるので、うまくいくと動画を探して手順の確認もできる時代になったのはありがたい。
2次元と3次元では、情報量や視点が格段に異なるのよね。

Mファイルやおおつランドには、これでもかの情報が載ってるけど、吾蘇慕宇会セミナーでの情報は、
それを上回る莫大な情報と内容です(^.^)v。だから面白い、楽しい、さらにもっと!になる。

今月も札幌と旭川でセミナーが。もう待ち遠しいでしょ(^.^)。おいで~♪

 2013.03.02

昨日は突然、ここの掲示板が緊急メンテナンスということで、一時的にストップ。予定のメンテなら
メールで連絡が来るけど、昨日はそれもなくイキナリストップ。それでも夜の遅い時間だけど復活
できたのは、なにより。

掲示板、ブログ、ツイッター、フェイスブック等、交流のツールはたくさんあるけど、どれも一長一短。
全員の貴重な体験を一読できる方法として、ここの掲示板を利用してるけど、時々、思いがけない
変更が。ここの掲示板の表示方法も2列タイプが追加されるとか。どういう表示がマルになるかか、
また挑戦かな。宇宙エネルギー流しながら、新しいことにチャレンジ。もちろん、古いことも自分に
とって新しければチャレンジ。

千年も着物を着てきた。工夫好きの日本人が、ほぼ手を加えずに着てたのは、これで便利だから。
着物を、普段着に着てる人がよく言うセリフに、「着物は楽だから」というのがある。

今の着付けや着方では、この「楽だから」という感覚が、いまいちわからなかった。
補正しまくって、紐で締めつけまくって、小道具沢山で、着物着るのもメンドウだし、苦しいものという
イメージやセリフは、色んな人から聞くけどね。

でも、きっと本当に「楽」なんだろうな、楽な着方があるはずだ。とスタートした、着物のおっかけ。

おしゃれというより、「着物という普段着」が楽であるという、それを知りたかったのかもしれない。
で。わかってきたことがある。今現代のの着方と、江戸~明治の昔の着方は、全く異なるということ。

それをさらにおっかけて、歌麿の浮世絵に出てくる美女たちを眺めたら、現代女性の着物の着方とは、
全く異なる美の世界がそこにある。着物の着方が全く違う。女性の美しさが引き立つように着てる。
だよね。着物は普段から着てるんだし。「楽に着る着方」と、そして「着てると楽」の2つが存在してる。

今の着物の着付けは昭和40年代に着付け教室ができてからの方法。装束としての位置づけや、
着付けに近い。そして昔の着方の方が、楽だ。なんたって普段着る方法だから。

失われてるようだけど、情報は実はたくさん残ってる。
宇宙エネルギーも、今は使い方がわからなくなってるだけで、情報はきっとあちこちに残ってる。
それも手に入るよう、脳を柔軟にして、色んなチャレンジをして、情報を受け入れる脳にしていこう(^.^)

 2013.03.03

今日はお雛さま。飾る人形達やお道具に、宇宙エネルギーをたっぷりと封入。色んな条件設定で。
しまう時も新しい条件設定で。来年また出す日まで、お人形さん達にも元気でいてもらおう(^.^)

春になったなあと思うのは、ご近所の農家の方がハウスの雪を除雪してビニールを張り、農作業の
準備をしだす頃から。全部の雪解けを待ってられない。準備は早々と。それも北国の過ごし方。

3月になっても気温が低かったり雪が降るけど、もう真冬の黒い厚いコートではなく、少し明るい色の
コートに変える。4月になれば春コートで、それも色分けで2、3枚は必要で…。

コートやジャケットといった上着だけでも数種類必要な日本の暮らし。それに加えて夏の家電、
冬の家電、夏の家具、ひな祭りや端午の節句等行事用のお道具。きりがなくしまい場所がいる。
いるけど場所があるか?(笑)

着る物で気分転換やストレス発散もできたりする。ハダカに近い格好で過ごしてた(?)先祖達。
いったい、いつから衣服をつくり、まとうようになったのだろう。そしてそれがどういう進化をして
いったのだろう。今となってはわからないけど、タイムマシンができると、わかるのかな。

未来はどんな衣服になってるのか。少なくても、SFコミックに出てくるような、身体にぴっちり合った
服になるには、まだまだ時間がかかる…もしくは、それにはならない?(笑)。

お雛様は十二単ですが、ひも2本で着てます。もちろん、お付きの女官が着せ付けをします。
姫はただ、着せてもらうだけ。着物の下は色んな座り方をしてたそう。たっぷりの布で足が見えない。
日本人が今でいう正座をするようになったのは割と近年だそう。日常生活史も、おっかけると面白い。

昔の暮らしは記憶の中に埋もれてしまう。何かを見た時には蘇るけど。不便も便利も知ってると、
何かとお得。少なくとも不便な生活を暮らしてきた経験は、非常時に役に立つ。あれがなくても
なんとかなる、できるとかね(^.^)

宇宙エネルギーの応援で、必要な時に必要なことができる元気がある。元気はいつの時代も宝物♪

 2013.03.04

最近、友人達やメンバーと話して楽しんだのが、誕生日が来ても不要に自分で年を増やさない(笑)
でした。

今年でもう○○才か。早いなあ。これは確かに実感ですが。日本はTVのテロップや新聞にも年齢が
載る諸外国からすると不思議な習慣がある国なのです。たぶん、20代ならこう、30代ならこう、
40代なら…と、型にはめてその人を推測する方法の一つなのかも。その他に、20代なんだから
こうあらねばとか、30代なら…という型枠を押し付けてくるのもある。個人個人、別々だってば。

保険のCMでは、○○才ですがOKですか?という質問の声や言い方が、ものすごく型にはまってて
不思議。今時は、50才台も60才代、もっと上の世代も女子会をやって楽しんでます。
ココロは若いままでね(^.^)

そうなの。ココロの若さは自分の自由なの。宇宙エネルギーの応援で、脳も活性化して稼働領域も
広がって。ココロの自由度も高くなってる。誰かが決めた型枠からも自由になってる。自分の考えで
行動・決断できる。

ココロの若さは自分で決めていい。だから好奇心や希望たっぷりの年齢で自分をキープするもあり。
だってその方が面白いじゃない。楽しいこと、面白いことを自分にギフト。免疫君もきっと元気アップ♪

 2013.03.05

ホワイトアウト。視界ゼロだけでなく、前後左右、上下の区別もなくなる。ある意味宇宙空間と同じ。
3D感覚がなくなってしまう。それが先日、北海道でおきたこと。何もかも、白。

色んな危機がある。それを乗り越えて生きてきた先祖の子孫なわけだ、私達は。
こういう時には、どんなことをするか。その知恵も伝承するけれど、平和が続くと、いつのまにか
その知恵は埋もれてしまう。けれど教科書には書いてなくても、自分で学びとることは可能。
色んな媒体や経験を通して。

戦うも良し、避ける・逃げるも良し。結果として安全無事を手に入れる。
それは与えてもらうものではなく、自分でつかみとるもの。

宇宙エネルギーたっぷりで、知恵も体力も備えていこう。便利ばかりではなく、不便を知ってるのも
強いのです。
TVドラマ「北の国から」で、電気がない暮らしに驚いた小学生の純君。

純「電気がないじゃないですか?」 
五郎「電気なんかいりませんよっ!」
純「電気がなかったら暮らせませんよ!」 
五郎「暮らせますよっ!」
純「夜はどうするんですか?」 
五郎「寝ればいいんですよっ!」
純「冷蔵庫は!」
五郎「このへんじゃ、そこらに置いといたら凍っちゃうから、凍らないために入れておくんですよ」

このドラマでは猛吹雪に合い、雪だまりに車をつっこんで、動けなくなった雪子おばさんと純君を
助け出したのは、正吉君のおじいさんの馬でした。このドラマの中で雪子おばさんは車のエンジンを
止めて排気ガスの逆流を避け、純君とくっついて助けを待ちます。こういう知恵も、なにかの時には
大事です。
自分を護る。色んな知恵や知識をゲットしながら。

 2013.03.06

お雛様が飾ってあった売り場には、五月人形や鯉のぼりが所狭しと並んでた。ショップによっては
春物を通り越し夏物も登場。かと思えば真冬のセーターのバーゲンも並んでて、混沌としてる季節。

まだまだ気温は油断できないんだけど、さすがに真冬のコートはもう気分的に着たくない。
春を求める気持ちが大いに働くのは、体内時計の季節バージョンの目盛の、春にスイッチが入った
からかな。日差しがどんどん強くなる。黄昏の時間も伸びてきた。晴れた日は午後6時近くまで明るい。
あと2週間でお彼岸が来るしね。はやっ。

本州も急激に気温が高くなったり、かと思えば低くなったりで、体調管理が必要な時期。
季節ホルモンの分泌も正常に働くように条件設定して、元気を維持、アップ。やってくのも研鑽(^.^)

宇宙エネルギーたっぷりで、過去データから自分を解放。できなかったというデータからね。
宇宙エネルギーにより、新しい可能性を手に入れている。色んな工夫やアイデアで、方向転換も
しながら、方向修正もしながら新しい未来へ(^.^)

 2013.03.07
Mさんに教えていただき、腹巻を帽子としてかぶっている。なかなか好調♪気分はヒップホップ(^.^)b
首にすれば首マフラーに。胸にすればタンクトップ。とにかく使いまくり♪エネグッズを使って使って
さらに元気アップ♪

ネットでたまたま、お得にゲットした着物を普段着で着ようと思い、簡単、楽に着る着方をおっかけ
してたら、そこから色んな情報につながり、派生し、沢山の色んな情報もゲットできた。
これは思いがけない副産物。そのひとつに、図説「戦国女性と暮らし」 byGakken があった。

戦国時代の武将は、普段(平時)は、一日に五合の米を食してたが、合戦が始まると一日に
米一人一升、味噌40人に一升が支給された。塩分補給の塩は別支給だったので、味噌は
消化薬的な役目を持っていた貴重品だったのだ。

味噌1グラム中には、生きた酵母菌や麹菌、乳酸菌等が100万から1000万個も含まれている。
そのうえ、多量の酵素も生存してるので、白米に比べると少々消化に手間取る玄米飯でも、
生味噌を添えて食べれば、スムースに消化吸収される。いくら陣中で気合いが入ってても、
一升もの米を食べれば消化不良を起こしかねない。それを防ぐためにも、生きた菌や酵素を
含んでる生味噌をおかずにしたのである。

そういえば生味噌を食べる習慣が、身の回りから消えてるな。きゅうりに生味噌っていうくらいかな。
そうか、生味噌も優れた発酵食品だったのだわ。

火入れしたりアルコール等で発酵を止めた味噌が多いけど、探せば昔ながらの生味噌もある。
腸内細菌の応援のために、探してみよう。面白そうなことにチャレンジ!腸内元気で免疫力もアップ♪

 2013.03.08

あかんぼって、ぐにゃぐにゃで柔らかい。じっとしてることもない。ずっと何かしら動いてる。
子供になってもそう。寝てる間も動き回るし、おとなしくお座りなんてできゃしない。
それはね。身体の柔らかさを維持するための動きという言い方もできるのだそう。

身体は、じっとしてると固まっちゃうからね。小さな動きでも、ちょこまか動いてると、血液も栄養も
末端に届く。スポーツのトップレベルの選手は、柔軟な身体を維持できるように工夫してる。

この柔軟は脳も関与してるとか。柔らかな状態を心地良いと感じるセンサー。これが機能してると、
あ、身体が固くなってきた、動いて~と指令が出る、届く。これが鈍くなってくると、身体の固さにも
気づかなくなる。
身体が固い。見えないけれど、血管も固くなったり、固まった筋肉に押されたりしてないか。

子供の頃から、動いてると行儀が悪いとか、落ち着きなさいとか言われて育つ。集団で過ごす時には
それも大事だけど、身体をゆるゆると動かす(ストレッチまでしなくても)ことで、全身の末端まで
血液を送り、柔軟な身体にしてくことは、今からでも大事、必要。血を流す動きって感じで。

宇宙エネルギー流しながら、パソコンしてても、TVを見てても、なにげに肩や肩甲骨を動かす。
疲れにくくなるし、疲れも取れやすくなる身体にしていける(^.^)

 2013.03.09

花粉症の話題が出てきてるので、ご参考までに。
人間の免疫を担当する細胞は「T細胞」と呼ばれています。これにはアレルギーを抑制するタイプと、
アレルギーを促進するタイプの2種類があり、そのバランスがくずれて促進するタイプが優勢になると、
アレルギーが起きるということらしい。

これを改善するためには、腸内細菌の善玉菌を増やすことが望ましいとか。
善玉菌のためになる栄養、それから精神状態。それらも宇宙エネルギーの応援を貰い、さらにアップ♪

赤んぼや子供の場合、清潔一辺倒で菌との接触が少ないと免疫を鍛えるチャンスも減ります。
それと腸が未発達のうちから離乳食を始めると、腸内細菌叢にも乱れが生じるとか。(なにしろまだ
未完成だから)。胃や腸が働くようになるのは、半年では早い、もっとかかるそう。(本では9か月位)
昔のように、ハイハイもなるべく長くさせる。一生に一回だけしか腕を移動に使う時はないので、
この時期にゆっくり腕を使うと、背筋や胸筋も鍛えられ、腸にも良い影響が後々まであるそう。

腸に届く菌の摂取も大事になってくる。ヨーグルトも良いそうだし、糠漬けや発酵食品等で補っていく。
日本では、発酵食品として作られるものの、出荷の際に火入れやアルコールで発酵を止めてしまう。
生きた菌の摂取をする場合は、それらをしてないものを選ぶ、または自分で作る時代になってます。

宇宙エネルギーの応援で、腸内細菌が正常元気なバランスで存在する。皮膚常在菌も同様にね。
それと、特に頭をトリートメント。必要なことをする。不要なことをしないとか(^.^)。

 2013.03.10

本日の札幌セミナーについてのお知らせ

おはようございます。

本日の札幌セミナーですが、北海道は今、猛烈な低気圧に見舞われ、それは明日まで
続くと予想されています。
参加者の安全無事を考慮しまして、苦渋の選択ではありますが、本日は中止を決定しました。

今現在は、交通機関も間引き等で動いているものがありますが、今夜にかけては
予想がつかない状態です。今年は電車が途中で止まり、車内で数時間以上も過ごすという
ニュースも見ております。今回は、それも考慮しました。
まことに残念ですが、こういう選択をすることができるのも、正常元気だからだと
思っております。

実体参加の方、エネ体参加の方、次回のセミナーをお楽しみにということで、
お知らせしたします。
どうぞよろしくお願いします。

☆―☆ー☆

吾蘇慕宇会セミナー始まって以来、初めての開催中止。地球規模で何が起きてるのかという
考え方もあるけど、今日じゃないという考えかたに切り替えもできる。帰りは大丈夫かなと
ハラハラしながらセミナーに参加するより、充実の時間をエンジョイするという考え方もできる。
来週の開催も検討したけど、会場の確保が難しいのと、来週もまだ天候的には油断禁物。
でも、旭川開催の頃は、さすがにこういったことは起きない時期なので、
旭川で会えると良いですね(^.^)それを楽しみに、またさらにアップしていきましょう!!!

冬の終わりには、時おり予想だにしない荒天になることが。
本日(10日)は、昨日よりも運転困難になるとされている。

今朝の北海道新聞に載ってたコラム。これは3月の話です。
「2日の昼過ぎまでは、予報通りのすごい吹雪になるのか疑いたくなるような青空が広がっていたが、
瞬く間に曇天になり風が強まり、横殴りの吹雪になっていった。倉庫で作業をしてたが、ただ事ならぬ
外の様子に夫はハウスの様子を見てくると出ていった。戻ってきたその姿に驚いた。何分もたってない
のに、全身に雪がへばりつき、真っ白になっていた。以下省略」

一週間ほど前に、オホーツク方面では、雪により立ち往生した車で残念な事故がおきた。
そういったデータと、刻々と伝わってくる天気情報・交通機関の情報をもとに、本日のセミナーの中止を
Mさんと相談のうえ決定。

セミナーモードに入ってる私としては行けるものなら札幌に行きたい。もしも帰りの電車が運行停止に
なっても、宿泊して次の日に電車が再開されてから動くこともできる。自分だけならね。

ただし、ここに参加するメンバーの事も含めて考えるなら。無理は禁物。安全第一。
メンバーだって帰宅が困難になることも含めて考えるなら、ここは大事な選択と判断が迫られる。
今回は開催を見送ります。・・・くやしいけど。

ここ旭川は雪は降ってますが、まだ穏やかなほう。札幌も風は強いけど、雪の量としては見慣れた
かんじとか。ところで。北海道は、都市と田園をつなぐように電車が走っています。都市の連続の
本州とは状況が異なります。
田園地帯には、平野が続き、風をさえぎるものが何もないという地域もあります。そういうところで、
風に吹き上げられた雪が舞いあがり、降った量以上の雪となって線路に積もることが。

電車は駅を出発したけれど途中で立ち往生し、線路の除雪が済むまで、○時間かかるという事もある。
朝にセミナー中止の書き込みをして、TVで情報を確認し続けてるけど、高速道路も閉鎖される区間が
出てる。暴風雪になる地域も出てる。旭川は普通なので、行きたい気持ちはそのままだけど。

ただ、2年前に起きた震災を思い起こす。これくらい…の判断により、生死を分けたあの出来事を。

後になって、あれならセミナーできたよねとなったなら、それもマル。今時点での中止決定は、
それこそエネルギーがあるからできること。宇宙エネルギーの応援を貰ってるからできること。
あの時にやめておけば…の後悔より、安全策をとるには、ほんと正常元気が必要です。

今日は、それぞれが研鑽デーとして、宇宙エネルギーたっぷり使いまくって安全無事で過ごしましょう。

(後日談:札幌組に聞いたところ、セミナー開催の時間帯は、少し晴れたかなと思ったら、全く前が
見えない程の猛吹雪、また少し晴れたと思ったら、また猛吹雪という状況だったそう。地元民も
あまり外に出なかったようです)

2013.03.11

関東の気温の急上昇、急降下もおかしな状況ですね。こういう時は、ゆったりモードで過ごす。安全を
優先するという考えも必要♪。私達は魔法の国で生きてるわけではないので、安全無事は自己判断、
自己責任になってくる。日頃から、安全や危険に対する感受性や感度や知恵も磨いてくことで、
そういうセンサーも育ち、働きが増す。
宇宙エネルギーの応援があるので、平穏無事は自分で手に入れてるのさっ♪

昨日は、残念ながらセミナー中止を決定。一日をモニターして過ごしてみた。時計を見ながら、
外の天候を見ながら。そして夜になって、初めてわかったことがあった。そうか、これとこれを秤に
かけたなら。そういうことだったのか。

その時はわからなくても、後になってわかることがある。安全無事に関することは、特にね。

960ミリヘクトパスカルになった猛烈な低気圧は、今回は北海道中に影響を及ぼした模様。
旭川でも、結局予想しなかった大雪になった。昼間もかなりの時間、雪かきをしたけれど、
午後7時過ぎに用があり、外に出ようとしたら、玄関が開かない位の吹き溜まりができてた。
国道も除雪した形跡がなく、でこぼこの道と化しており、除雪車の大事さがわかった。

昼間に除雪してると、雪が黄色い。黄砂まじりの雪になってる模様。窓を拭くと黄色になると、
ご近所の方が話してた。私達のところには、雪にくるまれて黄砂が来たわけだけど、
本州に住まう方には、ダイレクトなわけで。その光景をニュースで観ると、う~んとうなるような光景で。

不要なモノを選別、出す力をトリートメントで強化。これは必要なことだなと思う。
やってくことで、自分を護ることにつながる。
黄砂に注意しましょうとアナウンサーは言うけど、どういう手段があるかは、いつだって言わない。

自分の元気度をアップしてくのが早道かもしれないなあ。安全と危険。目に見えないけど、ある。
宇宙エネルギーの応援で、それらも上手にクリアして、平穏無事で過ごしていこう(^.^)

2013.03.12

私達の身体のサイズや構造、科学からすると、宇宙はとてつもなく膨大で測れないところだけど、
別の科学や構造やスケールを持った存在がいるとするなら、宇宙はとてもステキなワンダーランドかも。

あっちへ、こっちへ、行こうと思うところへ自在に行ける。それって考えると楽しい。
時間も次元も、私達の知らないタイプがきっとある。宇宙ってそういうところだね、たぶん。

目に見えるものだけでこの世界も成り立ってるわけじゃない。むしろ目に見えないもので構成されてる、
運行してる。そういったことも、私達は(たぶん)学校で教わってるはずだけど、いつのまにか目に
見えるものにふり回されてる。

宇宙エネルギーという目に見えないけれど、素晴らしい応援がある。結果は幾度も実感してる。
見えても見えなくても。

そういう世界で生きてることは偶然じゃない。探してここに来た。つながった。そしてアップを続けてる。
自分がナニモノかは判らないけど、可能性のカタマリだと思ってる。宇宙に生きる生命体として(^.^)

 2013.03.13

1年か2年に一度現れる、ものすごくゆるむ日。寝る、起きるを繰り返す。中側からほどけてくる。
中途でやめたくないので、これに専念する。おさまると、ものすごくスッキリする。

宇宙エネルギーの応援で、確実にゆるむ。さらに奥、さらに奥へと。ゆるむたびに伸びやかになる。
不要な現実の物質は、血液・リンパ液と共に運ばれ、排出される。お肌のすべすべ度もアップ♪
オーバーホール、リフレッシュ、リサイクルが行われてると思ってる。

ゆるむには、莫大にエネルギーがいる。けど、このゆるみが、また明日への活力を生んでくれる。

私達がなんでできてるか、どうやってできてるかは、いまだにわかってないことがある。
宇宙エネルギーの応援で、そのわかってないところまで正常元気にしてくことが可能だと思う。

日々は緊張、カタマルことが多いけど、時には思いっきりほぐし、本来の柔らかな自分に戻ろう。
宇宙エネルギーの応援、上位者の応援もゲットしながら(^.^)。

 2013.03.14

お茶を習った人は経験があると思うけど、お茶を点てる人は、実はあまり足がしびれない。
お茶を飲むために座ってる人は、もうしびれまくり(笑)。

茶碗に茶をいれる、お湯をいれる等、ほんのわずかだけど、体重移動がある。ちょっとした動き。
それにより足がしびれにくくなる。けれど飲むために座ってる人は、じっと待ってるので、それこそ
体重移動もなく血の巡りも悪くなり、足がしびれる。茶碗を取ろうとしても立てないことだってある。

ほんのわずかな動きでも、実は血の巡りをうながすことができるのではないか。

パソコンに限らず、どっしりと座り込み、びくとも動かない態勢で仕事をすることも多い。
その時に。ほんのちょっとでも、お尻をもぞもぞ動かす。肩甲骨をもぞもぞ動かす。ほんの少しなので、
周囲にはそうとわからない。けど、これも立派に血を巡らす動き。もちろん宇宙エネルギー流しながら。

運動というと、ついジム等の大げさなことをイメージしたり、ストレッチを真面目に…と考えがちだけど、
日々の暮らしの中では血を巡らす動きだって大事。筋肉は、じっとしてる時が一番緊張するのだから。

もぞもぞ動きの時に、ついでに緊張もゆるめてねと条件設定するも良し。暮らしの中では、必要以上に
力が入ってる事多し。それこそ無駄に力が入ってるとか。必要な時に必要な力を使うためにも、
力加減ってものを、レッスンしておくのは面白いことだね(^.^)

全力で向かわねばならない時がある。けど日常を全て全力で過ごすようには、私達はできてない。
必要な時に全力で向かえるのも能力となると思ってる。私も今、キーボードを優しく押してます(笑)。

ノートを取る指に不要に力が入ってペンだこが固くなってたのも、必要以上に力が入ってたからだな。
授業中に腰がだるくなったのも、じっと座ってたせい。学生時代に、こういうことを知ってたらな。
ま、いっか(笑)。いつでも今からスタートできるのが、宇宙エネルギー使いの楽しみだもの(^.^)

 2013.03.15

じっとしてる子供は本来いない。何かしら身体をずっと動かしてる、動いてる。それが子供の血行を
うながし、成長するという面もあるだろうな。

昔、子供はずっと動いてた。鬼ごっこや缶けり、ゴムとび、けんけん、木登り。ままごとも、動きながら
おしゃべりしながら。
今時の子供は、じっと座ったまま、同じ姿勢でTVゲームや機械ゲームをしてる。小さな子供も。
目の届くところで静かに遊んでるので、大人もそれをあまり気に留めないけど。
身体はどんどん固まってく。たぶんね。

私達は、宇宙エネルギー流しながら、小さな動きをちょこちょこと。もちろんスポーツもストレッチも
できる時は、ばっちりと。でも普段、何かしら、ちょこちょこ、どこかを動かす。肩甲骨のところなら、
なお良し。ここが固まると疲れ感が増す。なので、なにげに肩甲骨をゆるい状態にしてく。腰もね。

身体をゆるめ、ココロもゆるめる。色んな感覚にもエネルギーが届き、働くようになる。
空が青いね、葉の緑が濃くなってきたね。あ、今日はいつもの道じゃなく、隣の道を行ってみよう。
新しい発見や、平穏無事に過ごせることに、気がつく、慣れてく(^.^)

ほんらいあるべき自分になろう。宇宙エネルギーでね。ゆたかでみずみずしい自分って、楽しいね♪

 2013.03.16

どんどん桜だよりが増えてる。けどここはまだ連日雪が降ってる。ま、いっか。春はそのうちに来る。
こんなに積もった雪が解けるって自然の力もすごいなあ。人間の多様性もすごいなあ。
沖縄では20度くらいだと寒くてコタツが欲しいとか。北海道の20度は半袖でいけます。

日本は狭いという刷り込みがあるけど、これは山林が多くて平地が少ないという意味であって、
北から南の長さを考慮すると、同じ月でも季節に相当違いがある国だという認識は、どれ程あるかな。
もしかしたら、あまり教わってないのでは。夏が長い地域・夏が短い地域とかね。その逆も。

環境になじんで生きてきた、生き残ってきた先祖という言い方もね。
北海道人、もとからいた民族は別として、移住してきた人々は、ほぼ本州からの移住組。
寒さに耐え、なじめた人々の末裔が私達なわけで。最初から寒さに適してたり強かったわけじゃなく。

環境になじむ時に。環境そのものを制してく方法と、自分を環境になじませてく方法と。
北海道では、機密性の高い住宅を進化させていった(環境を制する)。
寒さに強い遺伝子(それがあるかどうかは別として)も、必要なら働いてね~と生きてきたかも。

恐竜が隕石により滅亡したとされてるけど、生き物そのものは滅びなかった。
何故だ?。環境に適応する遺伝子が働いて、新しい生き物になっていったのか?
生き物の強さ。多様性。必要な進化。それらを可能にするエネルギー。

宇宙エネルギーの応援を貰ってる今。遺伝子レベルで新しい自分になってると考えるのも楽しい。
再び、柔軟な自分に蘇ろう。それも楽しいね(^.^)

 2013.03.17

千年も着物を着てた日本人。工夫好きの日本人が変えなかったという事は、それで便利だったから。
で、今は?と興味を持って調べたら、今と昔では着物の着方ががらっと変わってる事に気がついた。
昔の着物の着方ということで、浮世絵や夢二、明治の写真…と眺めてくと、胸元はゆるいし、着る物の
ドレープはきれいだし、今の着方とはまるで違う。それらを眺めてるうちに。

ふっと思いついて、女帯も思い切り、お腹まわり、ウエスト部分まで下げてみた。(男帯に近い位に)
ああ、これこれ。ラクラク~(^.^)。考えたら、元禄美人達が帯や紐を結んでた場所だ、ここは。
そしてついでに帯締めも締めてみる。帯もくぼむ。これは夢二の絵に出てくるシルエット。

浮世絵や絵画は、グラビア写真と同じで、必ずしも現実をそのまま忠実になぞってるわけじゃない。
むしろ誇張してるところも多い。でもそれを差し引いても、その当時の価値観や文化は伝わる。
腹筋や背筋のサポートをしてくれてた帯。これはこれで便利だったのだなあ。

帯の位置を変えるという、ほんのちょっとのことに辿り着くのに、どれくらいかかっただろう。
当たり前を変えてくって莫大にエネルギーがいる。けど、あるとできる。よりよくするための工夫だもの。

この、ほんのちょっとの発見のために、色ん脳トレをして磨きを入れてるんだなあ。
それは宇宙エネルギーの条件設定を見つける、工夫するためにも必要で、働いてくれる。
今も新しい条件設定でトリートメントしてます。これはとても気持ち良い条件設定です。
どうぞ、どんどん経験してね~♪(^.^)

地球のエネルギーだけで生きてるのと、宇宙エネルギーの応援もあって生きてるのと。可能性に
違いが出てくる。基準値が変わる。年齢の枠にとらわれない。私達の可能性を、どこまでも開発、
追及してく。宇宙エネルギーの応援がある暮らしをしてる今、「新しい自分になれる事を知った」。
「新しい自分を経験中」。人間力もアップ中(^.^)

 2013.03.18

昨日は、パソコンモードの脳になったので、おおつランドをはじめ、色んな作業をもくもくと。
毎日コツコツ…とはならない。脳にスイッチが入った日に、イッキにやってしまうバージョン。
勢いよくできる。飽きるとのバトルに勝って、滑り込みセーフ(笑)で完成♪

限界はない。限界は自分で作ったものか、もしくは誰かが作ったものを、うのみにしただけ。
という考え方、ありだなあ。特に誰かが言った・決めた限界ってものの場合。
誰かが言ったことが間違ってるという意味じゃない。ただ、その誰かは「何もかも知ってる訳じゃない」。
これが主語についてることを、忘れてないか。

時計が動かなくなった。直して使いたい。お気に入りだし。
Aの店「これはもう取り換えた方がいいですよ。新しいのをお勧めします。え、直したい?うちでは
    それはやってません。無理です」
Bの店「これなら部品を取り換えればまた動きますよ。部品は新しく作りますから、ええ、大丈夫です」

Aの店が間違ってる訳じゃない。自分の店の方法を言ってるだけ。Bの店のように直せないとは…と
憤る話でもない。店によってスタンスが異なる、価値観が異なる、限界が異なる。という例え話。
店によって応対する人によって、同じ事でも結果が異なる。そりゃそうよねという話。

Aの店だけ行って、ああ、もう直らないんだ…とがっかりしても、そうだBの店でも相談してみようと
行動したら、自分の希望が叶うこともある。要するに「相手が何を知ってるか」。それを確認してから
「自分で決める」。

探して探して希望を叶えるという考え方、生き方もある。たった一人の誰かが言った限界点は
必ずしもその通りになるとは限らない。人生、いつでもノーリミット♪限界なんて壊しちゃえ!
これでもいいのでは(^.^)

2013.03.19

先日、恐竜が滅びたのは隕石によるものか…と書いたけど、とある本に、別の説が載ってたので
びっくり! 「植物という不思議な生き方」 by 蓮実 香佑(はすみ・こうすけ)

イチョウは日本ではありふれてるが、欧米ではほとんど見られない珍しい木なのだ。
しかもイチョウは「生きた化石」として知られた植物なのである。イチョウの仲間が2億年前の
恐竜の時代に繁栄してたことは、化石が証明してる。しかし、イチョウの仲間の多くは、絶滅を
とげた恐竜と運命を同じくするように姿を消してしまった。ただ一つ生き残った末裔が、今の
イチョウなのである。

古代はシダが優勢だったが、繁殖にはジメジメとして水辺が必要だったので、場所が限られてた。
そこへ新しいシステムを持った裸子植物が。彼らは渇いた土地での繁殖に成功。イチョウ、ソテツ、
マツとね。ただし、花粉が到着してから卵子が成熟を始めるシステムのため、繁殖には時間がかなり
かかってた。

そこに現れたのが被子植物。あらかじめ卵を成熟させてるので、繁殖がスピーディに。これが
約一億年前のこと。世代交代も格段に早まり、飛躍的な進化のスピードが速くなったのである。
そしてついには毒を手に入れた。裸子植物は衰退し分布も狭くなり、やむなく被子植物を食べだした
恐竜もいたが、植物が自分を守るために作り出した毒によっても被害を受けたと考えられてる。

隕石による環境の変化だけなら、恐竜のような大型生物だけでなく、小型生物だって影響を受けた
はずと考えてたら、植物の進化により、生態系が変化してったというのも、ありという気がするなあ。

とはいえ、これらは一億年とか、そういう単位での変化。今の時代にの10年とか100年での環境の
劇的な変化は、私達地球に生きるものに、どんなことをもたらしていくだろうか。
どんな時代でも、元気なタイプが生き残り、存在を次世代につなげてきた。
私達もまたしかり。今日も元気でゴー♪(^.^)

 2013.03.20

今日は彼岸。昼間と夜が同じ時間。明日から昼間が伸びてく。春だね~。梅や桜や雪割りの季節♪

さきほど、朝のエネ洗濯物たたみが完了。いや~、汗ばむくらい、いい運動(笑)ってね。
手アイロンで本気でたたみ封入してく。タオルもピシっとしてるのに、柔らかくてふんわり感がある。
エネ水でエネ洗剤で、洗濯機に洗って貰ってるんですが(^.^)。たたむ時にさらに封入するので、
この結果に♪

宇宙エネルギー使いになる前は、ザラザラ感のあるタオルを使ってたな…。いや、もう忘れちゃった、
そんなこと。
暮らしのあらゆる事に宇宙エネルギーを使いまくってる。もちろんこのコラムを書く時にも。
アップする方法は色々あるけど、これもそのひとつ。

肌に優しいものを身に着ける。肌ストレスが小さくなる。不要に使うエネルギーも減る。
日々、宇宙エネルギーをたっぷり封入して着る。自分を護ることにもなる。
4月のセミナーでも、またタオルたたみの実習をしよっかな。色んな希望もリクエストしてね~(^.^)

 2013.03.21

着物姿だと、時々声をかけられる。着物、いいですね~。もちろん、私を褒めてる訳でじゃない(笑)。
私が来てるのは普段着物だから、「着物を着てることに対する感想」だというのはわかるけど、
これには主語がついてる。それはね。「着物を着るのは難しいのに」着物が着られるんですね。
そう、着物を着るのは難しいという先入観から来る感想。

私「いえいえ、着物を着るのは簡単ですよ」
Aさん「私も昔は着てたけど、今はもういいやになって…」
私「いえいえ、着物は簡単に着られるものです」
Aさん「着なれた方はそう言いますよね…」
このセリフは、どこかで着付けを習った時に、小うるさい事を言われて覚えた人に多いかもしれない。
あれしてそれして、この道具を使って、何センチに揃えて。とかね。

TシャツとGパン、ブラウスとスカート、誰かが小うるさい事言っても、自分流に着ちゃうでしょ。
学校で、スカート丈は床から何センチとか言われても、自分流に着ちゃってたでしょ。
フォーマルな所で、皆が同じことをしてるのを求められる場所では、一定のルールが要るかもだけど、
「日常」は自分らしくていい。これを、着物を着るのを「教えた人達」から、たぶん抜けてる発想。

江戸や明治、大正美人が来てたような、ゆるいカンジで着るのが目標。かちっとした装束ではなく。
ということで、今も色んな文献や写真を眺めては、これこれ、これがいいな~と、脳トレ。
昔は皆、自分流だったけど、いつしか世間では、装束の着方をしてる人しかいなくなってるわけで。
それから抜け出し工夫して、自分らしさにしてくという経験をしてもいいのに~。

頭が柔らかいと、物事をさらに工夫していける。覚えたことを永遠に続けるのではなく。
宇宙エネルギーで柔らか頭にしていこう。創意と工夫。人間の楽しみじゃん(^.^)v

 2013.03.22

皆さんから寄せていただいてる投稿を総まとめ。2012年の「元気編」・「生活編」として掲載しました。
色んな体験談が満載ですよ!(^.^)v。アイデアも沢山♪いずれも貴重なデータです。
ありがとうございます(^.^)

北海道は3月に入っても、毎週のように暴風雪が発生してますが、これは北海道と本州以南で
生じている大きな寒暖の差が、強力な低気圧を発生させる要因と札幌管区気象台は分析している。
by北海道新聞

寒暖の差。本州方面は、いつになく暖かくなるスピードも速く、桜もどんどん咲いてるけど、北国では
まだ冬が。どっさりと積もった雪が、まだまだ幅を利かせてるところも多い。今年はどんな年になるか
わからないけど、関東セミナーの頃には、もう桜が残ってないのは、ちょっとくやしい。

旭川セミナーが間近に。前回の札幌がとんだぶん、今回の濃厚さも楽しみ~♪
そういえば、旭川空港は全国でも有数の優秀さで飛行機が飛んでます。欠航率は抜群に低いとか。
全国でも、一、二を争うくらい、少ないのだそうです。こういうメリットは上手に発信♪

地震もほぼないし、飛行場は近いし、都市と田園が隣り合ってるし、真冬以外はお勧めです(笑)。
そうそう、杉の木は生えてないので、スギ花粉で悩んでる方は、あそびにいらっしゃいな。

地域情報も皆で共有してく。なにかの時の備えになる。知ってる強み。それが役立つ時がある♪

 2013.03.23

ハリーポッターの初期の作品が2週続けて放送された。彼の運命は魔法や友人の応援があって
乗り越えていくものだけど。物語とはいえ、かなり理不尽な運命に勝つには、強くなるしかないわけで。

魔法が使えるのに?そうだけど、そこでは「全員が魔法を使える」ので、勝つためには相手よりも
強くなることと、勝ってく為の知恵が必要。勇気も気力もね。もちろん味方もね(^.^)

勝てたらいいなでは間に合わない現実がハリーにはある。勝たなくては世界が終ってしまうという
現実もある。ひとりで勝てなくても、多くの味方によって、最後の決戦をまず迎えることができ、
そして望む結果を掴み取る。

最初からできたわけではなく、幸運や応援によって、自分がするべき事を受け入れるようになってく。
やるしかない。それも自分で。最後の最後は自分ひとりで。

ハリーポッターはファンタジーだけど、こういう冒険談って、大小はあれど、各人が直面・経験してる。
受験生は入試という理不尽なハードルに勝つために(笑)、ありとあらゆる工夫をしてみて。
自分の能力に限界を決めずに、宇宙エネルギーの応援も得ながら、チャレンジしていこう。

誰かが助けてくれるのをひたすら待ってる間に、相手が追ってくるとしたなら。
立ち向かえる自分に、自分で育てておくのはありだ。というか、それっきゃない!

宇宙エネルギー使いになって良かった~ではなく、宇宙エネルギー使いとしてひたすらアップ、研鑽♪
追ってくる現実に、いつでも立ち向かっていける自分でいる。これも自分や家族を護ることになる。
平穏無事な日々。
これは魔法で手に入れてるのではなく、宇宙エネルギー使いの自分が創り上げてる日々です(^.^)

 2013.03.24

「うちのお父さん(夫)、外ではすごく愛想がいいのに、家ではいつもしかめっつら。あんまりだわ。
家族にだって、いい顔すりゃいいのに」と、とある女性が。

ええ、モットモですね。けど、お父さんにとって外は「敵エリア」なので、まずは臨戦態勢にならない為に、
笑顔仮面で私は安全ですよとアピールしてる。ひるがえって我が家は「マイエリア」。ここはとりあえず
自分にとって安全な場所なので(笑)、外でつけてる「笑顔仮面」をはずす。そして素に戻る。

はずした時に、自分用の笑顔の人もいれば、しかめっつら、ぶっちょうずらになる人も。とにかく
安全なマイエリアにいて、素の自分になった時に、どんな顔をしてるか。これは男女問わないかもね。

スーツを着て笑顔仮面もつける。髪を整え化粧して笑顔仮面をつけて、そして男女共に外に出る。

どこにいても笑顔仮面がはずれない、はずさない人もいる。たとえ家族の前でも。
そんな人でも、どこかで一人の素になる時間を持ち、笑顔仮面から自分を解放する。
つけっぱなしは、お肌に良くない、もとい、ココロに良くない。なんて仮説も、たまには面白いでしょ。

笑顔は大事。笑顔は必須。ただし、笑顔仮面は作りものだから。それをつけてるには、ものすごく
エネルギーが要る。家でそんなものつけてるエネルギーが残ってないから、お父さんはしかめっつら、
ぶっちょうずら、かも。

宇宙エネルギーで家族をトリートメント。帰宅後、皆がくつろいできたら、本物の笑顔にもなれる。
話もできる。話も通じる。そっとしておくこともできる。まずは復活を宇宙エネルギーで応援(^.^)。
一日、ひと笑いしましょ。本物の笑顔、笑い。腹筋使うくらいのハードバージョンもオススメ(笑)。

 2013.03.25

旭川セミナーが済みました。Mさん、参加のあらゆるミナサン、ありがとうございます(^.^)。
ひと月ぶりとなったセミナーは、そりやもう濃厚、たっぷりと色んな情報やレッスンもウルトラで(^.^)。
ああ、楽しかった~(^.^)。そしてますます宇宙エネルギーでやることやらねば。未来を磨かねば。

Mさんからの、レベルの高いレクチャーが次々と。
私達は、こういう可能性を持ってる。それを宇宙エネルギーによって起こしてく、使えるようにしてく。
もちろん本人の自覚や実践を伴っての話。それにより、何倍も結果が確かなものになっていく。
魔法じゃないので、段取り踏んで、けれどしっかりと、いしずえからの変化になってく。
新しい自分になってく。自分でも知らなかった、本来あるべき自分へとね(^.^)

冒頭、Mさんから素敵なメッセージをいただいた。
「奇跡ではなく、再現性を100にしていく」

私達宇宙エネルギー使いは、これを肝に銘じ、そして研鑽を続けている。そしてこれは実現してる。

宇宙エネルギーの応援で、奇跡としか呼びようのない現象は、しょっちゅう遭遇してるけど、それは
私達にとって奇跡ではなく、宇宙エネルギーの応援を貰っての結果なのです。
地球にあるエネルギーだけでは不可能だと思う事が、宇宙エネルギーによって初めて可能になる。

これは厳然たる科学現象です。現象が先にあり、実証する科学が追い付いてないだけの話で。

おおつのレクチャーも、あれやこれやといっぱい(笑)。なんたって、札幌で話すはずだった分も
含めてなので(^.^)。考え方も情報も手に入れていく。そのうえで判断してく。沢山の選択枝を
用意しておくと、ストレスが小さくなる。

次のわくわくは、もう始まっている。今日も真の宇宙エネルギー使いを目指してゴー♪

 2013.03.26

とあるサイトを見てたら、氷河期を、すでに衣服を手に入れてたホモ・サピエンスは生きのびる事が
できた、とあった。同じ時期に生きてたネアンデルタール人は、寒地仕様の体型をしていたが、
体型で対処できない寒さが到来した時に…。
私達の先祖は、いつ道具を持つことができ、いつ針と糸を手に作るほどの発達を遂げたのだろう。
こういうことを考えるのも、脳トレの一環だと思ってる。

動物の骨から針やビーズを作ってる。糸は植物を裂いて作ったとしても。縫う、縫い合わせるという
発想はどこから来たのか、手に入れたのか。針に糸を通すのは、かなり手としての機能が高いと
いうことだし。

進化は、いつでも頭のすみにある。過去を遡ることはもちろん、今の私達でさえ、進化の途中という
ことも含めてね。役割を終えたもの、これからのために準備してるもの、時代や気候に合わせて
生きてくための工夫。それらも、私達の中にあるとするなら。

宇宙エネルギーの応援で、より良い細胞やしくみを呼び起こし、使えるようにしてくのも研鑽。
私達は、自分達がどのような状態であるのが最適なのか、それすらも実はよくは判ってないのでは。

解剖して、部品となる細胞は判ったとしても、共存・共栄してる目に見えないチーム(菌類とかね)は、
まだまだ不明の方が多い。彼らの分布や元気も、私達にとって大事であるなら。
それも含め、宇宙エネルギーでトリートメント。

本来あるべき自分になっていく。それは初めて経験する自分かもしれない。
子供時代や赤んぼだった頃にさえ経験したことのない自分かもしれない。わくわく(^.^)

 2013.03.27

例えば、とある人に「あなたは前世で王子様でした、お姫様でした」と言われたら、どんな反応をする?
これは脳トレではなく、王子様やお姫様のイメージを、どんなふうに私達が持ってるかという、
そういうトライ。

☆―☆―☆
旭川セミナーで教わった事を自分に対してトリートメントしたら、イキナリお片付けモードのスイッチが
入った。今回は、端切れの整理。手芸用にとっておいた余り布を、相当処分。モッタイナイと思うけど、
これを「全て使い切って何かを作る」ことは有りえない量に。ならば、思い切って本当に残したいもの
だけにしよう。

いつもと違う脳が動き、しかもメンドウがらずに、コツコツと作業ができる。戦う相手は「惜しい」と
「モッタイナイ」。なかなか手ごわいんですよ、彼ら(笑)。バトルに勝つも負けるも自分次第。

必要ならもっと良いのが手に入る。そう考えて、宇宙エネルギー流しながら、もくもくと選別する。
それで片づいたのは約9割。それでいいの。日にちを改めれば、また新しい閃きも出てくるし。
こういうことを繰り返すうちに、慣れてくしね。脳も発達するしね。

処分用の布も3割位は使い易いサイズに切って掃除用に。床や棚をを拭いたらそのまま、ポイ。
時短の掃除に便利。切ってる時に宇宙エネルギーを封入してるから、エネ雑巾になってる(^.^)
それで床をふきながら、また床に封入してく。うふふ。いつでも宇宙エネルギーを使いまくり!

片づけは、あっちに少しこっちに少しと置いてあるものを、まず集めて、ひとまとめにするところから。
そして整理・整とんをもくもくと。あれやらこれやら、ま、いっかとか、ココロの整理・整とんも兼ねて。
そして終わったと思ったら、、ああっ、ここにもまだ…となるのも、ある意味お約束ですから~(笑)


2013.03.28
例えば、とある人に「あなたは前世で王子様でした、お姫様でした」と言われたら、どんな反応をする?
これは脳トレではなく、王子様やお姫様のイメージを、どんなふうに私達が持ってるかという、
そういうトライ。

おはようございます。 投稿者:hana
前世がお姫様? 今の私だったら、何と不自由で、気の毒…とか(笑)
考えたことないことを、想像するのって楽しい。(^_^)

おはようございます 投稿者:toda
王様や女王様で最初に思い浮かぶのは、シンデレラとか白雪姫など絵本の世界。
自分が、となると、絵本とは違う感じが…


todaさん、hanaさん、おはようございます。byおおつ

テーマに反応してくれてサンキューです。この場合実は、あなたは前世で…と言った「とある人」に
色んな質問が必要。

イメージなんだから、とある人に質問していいんだ…?と思うでしょ。それがこの問いのミソなの。
何故ならば。前世でという前書きがあるということは、時代やおよその国・地域の背景が絶対に必要。
でなきゃ、王子様・お姫様ってものが、ものすごく曖昧になる。
基本的に、「職業王子様」、「職業お姫様」、という発想は必要。身分というよりも。

小国と大国の争いや領地の拡大が当たり前だった時代に王子様やお姫様として生まれた人々は、
生まれが王子・王女というだけで、苦労をしょって生まれたわけで。彼らは国と国を結びつける役割や、
スパイもしなくてはならなかった。望む婚姻はなく、国どうしに必要な、つなぎ役という面もあった。

おとぎ話の王子や王女は主に平和な時代を生きてるけど、今に至るまで、きらびやかなイメージとは
異なり、最前線で戦い抜かなくては、王子や王女といえども安泰ではなかった時代が長かったよね。
我が国の例えば安土桃山時代の姫君達は、こういったことは、ごく当たり前のことだったわけで。

もちろん平和の時代にゆったりと生きた王子・王女もいるし、人々のために尽くした王子や王女も
いるし、国のために我が身を省みずに、対する国へ赴いた王子や王女もいた事は、色んな歴史が
語っている。その奥のドラマは、とうに時間の彼方へ埋もれてしまったとしても。

こういうことを瞬時にイメージして、あなたの前世は…と話す「とある人」に対し、もっと必要な情報を
この人から引き出さなくてはという話なの。「王子や王女の役目・役割は、時代によっても異なる」ので、
もっと他の情報を話して下さいと、こちらからの発信も必要だよね。

情報を色んな視点で眺める、引き出す。あれま、これも脳トレになっちゃいました~(^.^)


こんばんは 投稿者:yume
昨日、「王子様・お姫様」を見た時、前世、王子様でもお姫様でも、絶対いやと思いました。
歴史、美術、情報など、どんどん情報があきらかになり、大変な、つらいイメージです。
と同時に、ずっと、”王子様と結婚しました。めでたし、めでたし”で育ってきたのに、何時から
考え変わったのかしらとも。
そして、今日、「とある人」。
いろんな考え方、見方ができるのが大事なんですね。
いろんな大事な脳トレ、学べて、なりたい自分もUP。

こんばんは 投稿者:こなばん
>例えば、とある人に「あなたは前世で、王子様でした、お姫さまでした」と言われたら、…?
多分、いえいえ、そんなそんな…と言って、話題をそらす方向にもっていくと思います。
ひとりになってから、いろいろ想像しそうです。
日本の着物を着ていた時代のわがままなお姫さま?
我ながら発想が貧弱です。こちらもコツコツがんばります。


こんばんは 投稿者:sai
あなたは前世で王子様でした、お姫様でした、と言われたら・・・
確かにいろいろ聞いてみたいですね。いつの時代のどの国の王子だったのかとか、歴史上に名が
残っているのかとか。残っていたら自分で調べてみたいという気持ちになるでしょうし。
考えるのは楽しいですね。


 2013.03.29

今日で年度末という方も多いかな。やることやって、ゴー♪それは明日の糧となる(^.^)

王子様やお姫様には彼らなりの幸せや大変なことがある。そして庶民には庶民なりの幸せも
大変なこともある。どにに光をあてるか、焦点をあてるかで、全く別の面があらわになる。

>とある人に「あなたは前世で、王子様でした、お姫さまでした」
と言われた時に、栄誉や華やかな面を思い浮かべたり、、歴史で果たした役割を思い浮かべたり。
陽の面も陰の面もある。

けれど。陽も陰も、併せ持ってるのは全人類、一緒さ。どっちもある。生きてくうえでは。
身分が王子様・お姫様という見方もできるけど、職業が王子様・お姫様という見方もできる。
政治の面では職業の顔をするけれど、家族の前では素直な青年、少女の顔をしたり。
人間だから、場面場面に応じた行動をしてく。24時間、いつでも王子様やお姫様として
ふるまってるわけじゃない。

とある人が、例えば中世ヨーロッパの小国の王子様でしたとか、平安時代のお姫様でしたとか、
色んな情報を加えてくれるかもしれなくても、笑ったり泣いたりして人間として過ごしてたことは、
想像にかたくない。

王子様やお姫様には役目役割がある。それが良いとか悪いとかでなく、その時代の価値観とともに、
やることやって生き抜いていく。もしかしたら、そういうことなのかもね。庶民だってそういうふうに
生きてるしね。

皆さんのカキコという刺激を受けて、新しい発想が出てきた。これも私のわくわく(^.^)。
柔らか頭になってるかな♪宇宙エネルギー流して、今日もやることやってゴー♪だなっ(^.^)v

 2013.03.30

年度末のカレンダーの最後が土・日で休み!例年なら、あるはずの1日や2日がナイ!
って、不便かも~。年度末に限らず月末が休日だと忙しさが増すという人も多い気がする…なあ。

今の私達の暮らしは、昔話に出てくる王子様やお姫様が経験した事のない暮らしをしてる。
庶民でも真夏のクーラーやアイスクリーム、ハンドルを上げれば出る水やお湯。歩かず移動できる車。

ええ、そういう時代に生きてる。王子様やお姫様も、びっくりの。私達からすると当たり前で普通だけど。
昔の王子様やお姫様よりも、物的には、より発達した暮らしになってるのさっ。あれま。

いつだって「今」を生きてる。私達の先祖もそうだった。さかのぼれば、ずっとそうだった。
私達の先祖が大昔にアフリカを出た時から、地球上に広がっていった時も、ずっとその時の「今」を
生きてる。その末裔が私達。連綿とつながってる。

私達がこの先も、何万年も何百万年も、後世に続くのかどうか、わからない。けど、いつでも同じ。
「今」を生きる。喜怒哀楽しながらね。そして宇宙へいつか還る。そしてまた地球へ…?うふふ。
宇宙エネルギー流して、今日もやることやってゴー♪だねっ(^.^)v


こんばんは 投稿者:yume
ついこの間まで、TVでもゴールデンタイムに前世とかの放送がいっぱい。
あのころ、前世、王子様、お姫様と言われた人は、格が高いように思い、好印象を持ってました。
王子様、お姫様に生活感ゼロ、コトバのイメージですね。

生活環境がどんどんスピードアップして大変化し続けている、今、情報や商品...など、何もかも
あふれかえっています。上手に、自分の大事なモノを見つけていくのが大事なんだと。スッゴイ脳トレ。


yumeさん、おはようございます。byおおつ
王子様、お姫様でしたと言われて喜んでた人は、明るい面だけをイメージしてたんだよね、たぶん。
大きな城に住み、豪華な衣装に身を包み、家来も大勢いて恵まれてるというカンジかな。
それに「見合う責任の重さ」は、イメージに入ってないかも。どんなポジションでも、そのポジションで
果たす役目・役割がある。生き抜くことも。私達は今、宇宙エネルギー使いとなって、日々を自分で
創ってくことをしてる。自由があるって、なんてステキ(^.^)

王子様やお姫様も自分で選んでそれに生まれたわけじゃない。そして一生波風なく過ごしたかどうか
定かでない。これは庶民も同じです~(^.^)。ひらたくいえば、みんな、そうは変わらないのさっ。
時代によっても身分での自由度も異なるってこと、こういう問いかけからも見えてくる。
今日の幸せに焦点を合わせるのも、ありだね~♪

 2013.03.31

いよいよ関東セミナーに焦点が合い出した。何をしよっかな~。あれとこれとそれと…と、おおまかな
ことはイメージしてるけど、台本がないのが吾蘇慕宇会セミナー。何がとびだすか、お楽しみ~♪
もちろん、札幌セミナー参加チームも、旭川セミナー参加チームも、わくわくだよっ(^.^)

今回は、Tシャツたたみにトライしようと思うので、誰がさわっても良いTシャツを用意して。
無い方はタオルでチャレンジ。宇宙エネルギーを封入して、その違いを皆さんで研鑽しましょ。

こういうことをしたい等のリクエストも、どんどんお寄せ下さい。お待ちしています(^.^)
宇宙エネルギー使いが集まる。他では起きないことが(^.^)。それは何かは、今日からの研鑽にも
よるかな~♪私達は、ずっと宇宙で生きてるのさっ♪今日も、これからも、その先も(^.^)♪


おはようございます 投稿者:toda
パソコンや携帯、落としても割れない皿、アイスクリームなどなど、昔は夢の世界だったでしょうね

todaさん、おはようございます。

どう考えても昔の王侯貴族よりも、現在日本の庶民は文明の恩恵により、昔なら考えも及ばない
暮らしをしてる。それが良いとか悪いとかではなく、その時代に生きてると…という話。昔の贅沢と、
今の贅沢では、中身も異なるし♪どんな時代に生まれても、元気!。笑顔の時間がどれだけあったか、
生きる楽しみがどれだけあったか。。。かも。

やわらか頭でいる、やわらか頭にしてく。柔軟だと、受け止め方も解釈も、広がるね(^.^)。
これも自分にとってプラス♪

宇宙エネルギー使いまくって、家族全員元気でゴー♪安全無事で元気でゴー♪ゆとりが身を護る(^.^)

                       
                    
おおつランド総ページへもどるトップページへもどる