○ おおつランド ○  2018年 10月
 2018.10.01

今回の大型台風も、ようやくおさまったようですね。

北海道にも、これの影響ありの予報が出てた昨日。
家庭菜園のミニトマトを、雨の前に収穫せねば…と、してると。
そうだ、今のうちに、倒した方がいいなとひらめく。

その時点で、風の予測はつかなかったけど、
自分だけでなく、よそのお宅にも、万が一影響を及ぼしてはと、
もったいないけど、ミニトマトの巨木♪たちと、バイバイを。

巨木と書いたけど、これ、かなり事実(^^)
芯を止めても伸びてくので、上になってる実は、踏み台がいる。
しかも、幹も太くて丈夫で、植物らしからぬ感じで♪
さすが、宇宙エネルギーたっぷりで育つコ達は違う(^^)

いつもなら、しまい時は、10月に入ってからだけど、
思い切ってバイバイできたのは。
最近の、自然現象の色んな事がベースにあったから、かな。
そして。できる時に、ちゃちゃっと行うのもあり!の判断を。

今朝は、がらんと、そこだけ広くなったところに、
弱い雨が降っている。
おかげさまで、なにごともなく過ごせたのは、ありがたい。

一足先に、鉢植え達にもバイバイしてたのも、良かった。
全部をいっきになんて、できやしないもの。
なんでも、ひとつづつ。そして確実に。

新しい未来がある。それは今日があっての未来。
全て、自分の中にある。思い出も、データもね♪
そしていつも。今日を楽しむ、そして明日になってく(^^)
宇宙エネルギーたっぷりで。

 2018.10.02

身体を動かして、身体が疲れてる時は、眠りやすい。
頭を動かして、頭が疲れてる時は、眠りにくい。
こういう経験、したこと、ある?

自分の感覚では、「つかれてる」。身体も頭も同じに思うけど。
だけど、頭が疲れるにも、色々あって。

ストレスで頭が疲れる他に、マルチタスク(多重処理)で、
頭が疲れることが。
このマルチタスクの場合、ブレーキが利かずに、
頭のどこかが、動いてしまう。

寝なくちゃ、寝なくちゃ。あ、来週のプレゼンの準備がまだだ。
寝なくちゃ、寝なくちゃ。あ、パソコンエラーは、あのあたりかも。

寝ようとしてるのに、頭が動きを止めない。
忘れて寝ようとしてるのに、どこまでも動いてしまう。
疲れが増すばかり。

こういう時に。まずはトリートメント。
布団やベッドに入ってからは、足の指の曲げ伸ばしを。
これに集中する。数を数えてもいい。
他のことは考えない。足指の曲げ伸ばしに集中する。

頭のマルチタスクをストップし、ひとつの事だけ考える。
そのために、指を動かしている。
飽きたら、手の指でもいい。これに集中する。

自分でトライしてみて、面白かったのが。
なんと、手の親指だけ、動かすというもの。

これでも、かなり、全身があったかくなる。
もちろん、宇宙エネルギー流しながらやってるし、
色んな条件設定もしてるからね(^^)

あったかくなる、全身の末端まで血が届く。
頭にだけ集中してた血液も、分散して、眠くなりやすい。
こんなシンプルなことでも、効果があるし、楽しめる。

目的は、頭のマルチタスクをストップして、寝ることだよ。
疲れて寝るためじゃないので、念のため(笑)
やったもの勝ち!

 2018.10.03

最近、高い所にあって、何かの時に落ちてきたらマズイ物を、
ちょっとずつ下へ移動させたり、処分したりを続けている。
昨日、ふと、壁を見たら。

そうだ、ガラスカバーの額の絵は、はずしても良いなと実行。
壁はアッサリになったけど、これで、もしも…が、ひとつ減らせた。
何か飾りたくなった時は、ポスターとか軽いものにすればいいしね。

何事もなく、ずっと生活が続いてるけど、この先の事も込みで、
安全無事の思考を広げる♪アソビの範囲で、トライしてる。
ちょっとずつ、間違い探しのように室内は変化してる(^^)

まだまだ変更が必要な箇所はある。
だからトライは継続していこうと思う。
スイッチが入ったので。

宇宙エネルギー流しながら、室内をながめる。
あ、今度はあれだ♪と気がつくのも楽しい。

新しい暮らしをしてるという発想♪
シンプルには、そういうことだね(^^)
やってみるのは、面白い♪勝つぞ!

 2018.10.04

この布一枚。されど、この布一枚。実力あるなあ(^^)

なにかというと、手ぬぐいの話。それで作った手ぬぐい帽子の話。
手ぬぐい、又は、ほどいた浴衣などで、ちくちく。
縫いながらも宇宙エネルギーを封入。完成後に、さらに封入。

これが、すごく重宝する。
夏の庭仕事の時にも、直射日光から頭部を護ってくれたし、
朝の気温が低くなった今時分も、これ一枚で、暖かい。
クーラーや空調がきいた電車や飛行機でも、活躍♪

手ぬぐいの布端が切りっぱなしなのは、
洗った時に、すぐに乾くためなんだそう。
布を二重にしないと乾きが早い。それも生活の知恵。

手ぬぐいは、手を拭く、身体を拭くという使い方に始まり、
ほっかむりや、ハチマキ、襟巻にもできる。半襟にもできる。
モノを包んだりと使い方は、多々。

折り紙のように、たたみ方で、ポーチにもなるし、
半分に折って縫えば、巾着袋もできあがり♪

私は、可愛い柄を見つけたら、帽子を作ってる。
帽子として、一工夫するために布端を縫うのは、私流(^^)。

布端を縫わなければ、手ぬぐい帽子は、
10分くらいで、できあがる。縫うのは、3か所だけなので。
簡単、便利。なにより、洗える帽子という点でも、すぐれもの。

宇宙エネルギーたっぷりの手ぬぐい帽子、
エネキャンペーングッズにしようかな♪うふふ(^^)

 2018.10.05

今年は日本各地で、停電したとニュースで。
すぐに復活した所あり、まだかなと待った所あり。
電気で動くモノに囲まれた現代。それがない時に。

電気で動く以外の道具の使い方を知ってると、停電時にも
とりあえず過ごせる。
今回、北海道で起きた停電のあとで。よく聞いたのが。

水道もガスもOKだった。ガスカセットコンロもあった。
だけど電気炊飯器が使えないので、ご飯が炊けなかったという話。

ご飯は電気炊飯器で。CMも多いし、便利な機能も沢山。
火力と水加減。品種による焚き分けも、炊飯器に、おまかせ。
それに慣れてるので、他の方法で、ご飯が炊けない。

家には、お米と水とガスと普通の鍋。それがあるのに、
コンビニやスーパーに、おにぎりを買うため並ぶ。長時間並ぶ。
並んでる間に、お腹が空く。買って帰宅して食べたら、またお腹が空く。
道具も材料もあるなら、明るい時にトライしてみよっか。

米の種類も器具の種類も好みもある。
とりあえず、1合で、お米を炊く科学実験と、あそんでみよう。
情報は、ほんとに沢山、ネットで出てるし、
ガス専用の、ガス台に乗せるタイプのお鍋もあるよっ。

何が便利か不便か。その時々で、変化するだけ。
おかゆになったって良いじゃない。
何度かやってくと、コツがわかる(^^)。

あ、これって、どういうことにも、あてはまるね(^^)

宇宙エネルギー流しながら、自分の食べるモノを、
つくってみるのも、脳トレだね(^^) イェイ♪

 2018.10.06

仕事で疲れて帰った主婦が、休む間もなく作った料理を家族に出し、
「どう?」と聞くと「味が薄い」「甘さがが足りない」などと返事が。
「だったら、あなたが作れば!」という言葉を飲み込み(笑)、
「そうか~」と、苦笑い。

こういう時に限らず、料理の出し方は。
「今日のも、おいしいよ~(^^)」と、最初に「おいしい」という情報を。

そして料理を一緒に食べる。おいしいね~と、にっこりして一緒に食べる。
「おいしいの範囲」が広がると、今の私は思ってる。

おいしいって、すごくあいまい。範囲が広いし、個人でも異なるし。
つまりは、絶対的な美味しいという基準は、ありえない。
さらに環境や感情も加わると、もっとあいまいになる。

外でキャンプしながら食べるバーベキューは、ちょっと焦げてもうまい。
緊張だらけの会食では、何を食べても味がしない、とかね。

もちろん食べ物だから、実際のおいしい、そうじゃないはある。
だけど、毎日毎食、シェフが作るような料理を作ることを、
仕事してる主婦に求めること自体、ほんとかなと考えてみようか。

TVをつけてた時の話。
「お袋の味の味噌汁が飲みたい」と夫が言うので、こんぶやカツオに
こだわって妻が作っても、うんと言わない。おやおや。
夫の家に行った時、キッチンで義母が作ってるのを見ると、
有名メーカーの「だしの素」で、味噌汁を作ってた。おやおや。
ね。お袋の味っていうのも、マボロシ~(笑)。

お湯を沸かす。宇宙エネルギーたっぷり封入して。
それでインスタント味噌汁を溶かす。溶かしながらも、封入。
そこに、エネしょう油を、一滴、落とす。

こういう日があってもイイのさ。おいしいねの笑顔と共にね(^^)

 2018.10.07

大型台風から変わった低気圧の影響を考慮し、
電車は昨日のうちに、運休を決めた路線がある。

今、自分の住む地域での雨で、広い道内を測ることは難しい。
ということで苦渋の選択ではあるけれど、各種の要素を考慮して、
安全無事を優先することにした。
そういう日があるということ。ただ、それだけ。

昨日のうちに、よもやに備え、食品は確保した。
作っておけば間に合うなあというくらいのこともした。

生でかじれる野菜や果物、缶詰もある。パンもご飯もある。
インスタントの食品もある。
なんとかなるさと、なんとでもなるさと、ココロの準備もね(^^)

料理の基準が何かは、人それぞれだけど。
☆ お湯があれば、とりあえず、何か食べられる。

料理を因数分解してくと、お湯があれば、間に合う。
インスタント食品は、ほとんどOK。
最近の防災知識では、インスタントラーメン、水でも食べられると紹介。

お湯であっためるごはん。味噌をとかせば、味噌汁。
これだけでも、気持ちが明るくなる。
お腹があったまると、気持ちもあったまる。
宇宙エネルギーたっぷりだし、シンプルごはんが美味しいのよね。

連休、美味しい物を食べ飽きたら、シンプルにもトライ。
こういう経験、生きるうえでは、何かの時に役立つからね。

 2018.10.08

「料理好きの方」が書く、料理のアイデアは、とても多い。
それはプロでもアマチュアでも同じ。本あり、ネットあり。
眺めてると、すごく美味しそう。
さあ、これを作って…。明日にしよう(笑)

どんなに複雑で、めんどうな作業も、彼らには「簡単」。
どんなに疲れていても、美味しい料理を食べるためなら
手間を惜しまない、はぶかない。

脳が料理用に発達してるので、料理の時には省エネで脳が動く。
なので「簡単」と感じてるのかもね。

仕事をして、帰宅して、脳を料理用に切り替えてのタイプ。
あ、料理用の「脳のエネルギー」が少ない。どうしよう。

こういう時用の、レシピやノウハウを蓄えるのも大事。

色いろやってみて、煮るという作業が、一番シンプル。
低温スタートや、火をつける前に材料を全部鍋に入れる、
コールドスタートも含め。

日頃使ってる火器類が使えない時がある。
ガスでも、電気でも。短時間でも、長時間でも。
そういう時でも、このシンプルバージョンのノウハウが役にたつ。

色々知ってると、なにかの時に便利ってことさっ。

宇宙エネルギー流しながら、宇宙エネルギーたっぷりで、
食材を煮て食べよっか。あ、鍋ものになった(^^)。これもマル♪

 2018.10.09

昨日8日は体育の日で、あちこちで運動イベントがあったもよう。
昔、10日が体育の日だった頃は、わくわく感があったけど、
連休の一日になって、特別感が薄れたような気がするなあ。

身体を動かす。鍛えることが注目されがちだけど、
血の巡りを確保するために、身体を動かすというのも、
すごく大きな要素だと思うの。そして楽しむというのもね。

じっとしてても、そりゃ血は巡るけど、筋肉の応援があると、
便利だし、早いし、すみずみまで届くよね(^^)

キッチンで、洗い物をする。使った道具、食器などをね。
30分以上同じような姿勢で作業をすると、疲れてくる。
つまり、じっとしてるのに等しいわけ。手は動いてるけどね。

で。疲れたな~と思ったら。足指で、キッチンマットをにぎる。
ぎゅっとね。身体バランスも安定するし、手にも力が入る感じ。
そう、手だけ、腰だけで作業してるのを、全身運動にするの。
これも、色々あそべるね。

特別に運動する時間も良し。家事の合間どころか、家事そのものを
運動にするのも良し。電車の動きに合わせて、リズム良く動くも良し。

疲れてる時には、先に休もう。それから血が巡る事をしよう。
やってくうちに、自分のペースが判るし、さらにやりたくなってくる。

身体を動かすと、「楽しいホルモン」が出る。ならば。
楽しいホルモン出てね~と動くのだって、ありかもね。
早くてお得で便利(笑) これは、オトナの発想(^^)

 2018.10.10

結婚記念日が、かつての祝日っていう友人が多い。
祝日だから覚えやすいとか、理由はたくさんあるけど、
固定の祝日が自分達の記念日って、割と便利だった。

それが。今は連休制度で、祝日の日付が毎年変動する。
〇〇の日は第2月曜日とかね。そういう時代で。
10月10日が結婚記念日の方も、今となっては、平日に。
今日は記念日だから外で食事しよ♪なんて、
今も、やってるのか、やめたのか、それは謎だなあ(^^)

女性の方が、日付を記憶するのが得意らしい。
子育てには、あった方が良い能力のひとつだそうで。
一番目の子が生まれたのはいつ、2番目の子が、3番目の子が…。
そして大きくなってくまで、沢山のデータを蓄えるのも能力で。

このデータの蓄積が、のちのち自分達だけでなく、子孫だけでなく、
集落、社会全体の安全を確保することにも、つながってくしね。

東西南北、春分、秋分、365日とちょっとなど、
かなり昔の文化でも、これらを利用してる事が、わかってる。
農耕だけでなく、漁業でも、林業でも建築でも、それらを使って、
あれこれして、今に至ってる。

ちなみに、10月10日は、1966年の東京オリンピックの
開会式の日だったため、体育の日として祝日に制定されたそう。

別に体育の日じゃなくっても、身体は動かした方が良いし、
血の巡りを確保するのは、大事だね(^^)
宇宙エネルギー流しながら、身体のあちこち、ちょっと動かそう♪
やったもの勝ち!

 2018.10.11

9月に全道中の電気が止まった時の経験談は、
どの人と話しても新しい話が出てきて、貴重なデータに。
先日、友人と会った時も、エピソードのオンパレード。

友人の一人は電気炊飯器に入れてた水と米を、
鍋に入れて、ガスで炊いたと言ってた。
色んな経験が役に立つね~と、にこっ(^^)

広い北海道では、ネットがつながらない所もあったそう。
テレビは、ケータイのワンセグでちょっと見たけど、
バッテリーが心配で、ラジオを聴いてたとかね。

そして、さらに判ったのが、ラジオでも地域FMでの情報が、
細やかで便利だったということ。
ところで、地域FMは、どちらかというと電波が弱いので、
ハンディラジオでも、ちょっと性能の良いタイプが要る~と、
そういう体験談もあった。

とある友人は家族に頼み、コンビニ等でカップ麺を確保。
だけど、まずは冷蔵室・冷凍室の食材から食べなくちゃと、
どんどん料理して食べた。次の日の夜に電気がついたから、
カップ麺、いまだに手付かず。なんて話もね。

冷凍庫の奥の食品の日付を見たら、あ!むむむ。
家族が見る前に、そっと処分(笑)なんて話もね。

思いがけず冷蔵庫の中身の入替えになった~という話、
出てきたよ~(^^)

便利は大事だけど、それがない時に、別の方法は何があるか
という訓練になったね~と、友人たちと語り合ったのも脳トレ(^^)

 2018.10.12

私のお手製のスヌード(リング状ストール)を、友人たちに披露。
この先に出番のないチュニックを、切って布にして作ったのを。

それから、浴衣で作る作務衣風の上着は、絵を書いて説明。
たもとや着丈以外を、すっぱり切って、ちょっとちくちく。
すると「え~、切るって、簡単にはできないよ~」と友人がね。

あのね。これは、切る時間帯があるの。天気の良い日の午前中。
広げて伸ばして、エイ!とハサミを入れる。まずは袖をね。
その瞬間に、布になっていく。服も浴衣も。

完成品として存在してる。自己主張?もしてる。
だけど、もう着ることがないのなら。布にしちゃおう。
そのまま飾って眺めるだけでも、存在価値があるけど、
たんすの奥で場所取りしてる物は、セカンドチャンスの対象に(^^)

好きな服、着やすい服って、使い倒すことが多い。
けれどフォーマルやおでかけ用って、使わないまま時間が経過。
そして、いざという時には、色もサイズも合わなくなって(++;)

友人たちの話で多かったのが、フォーマルの服。
確かあるはずだと、ぎゅうぎゅうのタンスから、ようやく探したら、
記憶にある色やデザインと違ってて、え~!使えない~着れない~。

そうそう。それは服だけじゃなく、食器でも、そういうことがあるよ。
と、色んなエピソードが次々と。

使えるうちに使っちゃう。これが判るのも、色んな経験して
オトナになったからだよね。と、みんなで、ニッコリ(^^)

 2018.10.13

「料理って、一番の基本ってなんだと思う?」と友人たちに問う。
「さしずせそとか、そんなこと?」と、とある友人が。
「ううん。お湯を沸かすこと」とワタシが言う。

すると別の友人が、
「そうよね。お湯を沸かしてる間に、段取りを考えて…」
「ううん。お湯を沸かすだけ」と、ワタシ。皆、何のことかとハテナ。

「沸かしたお湯に、レタスを浸す。かさが減って食べやすい」
「沸かしたお湯をご飯にかける。あったかい物を食べる」
などなどと、お湯があれば、できることを、それとなく。
お腹があったまると、身体もあったまる。ニッコリできる(^^)

材料、調味料、道具を使って作る事を、料理だと教わっている。
なので、お湯を沸かすだけが料理?となるのは無理もない。

ただし。「料理とは何か」の基準が、あいまいなのさっ。
食べるモノを作ることにあるならば。
お湯を沸かして、それを利用するのも料理になる。加熱、加温してる。

時と場合によって、食材やお惣菜のために店に寄れない事も。
家族がいるならば、家族のためにエネルギーを使うこともあるけど。
自分ひとりの時には、まあいいかになって。これが盲点。

自分だけなら食べなくてもいいとか、お菓子でいいなど、
自分だけでなく味方チームにも、必要な成分が不足する事態に。

そんな時でも。お湯がある。買い置きのチンするご飯もある。
ならば。チンしたごはんに、お湯をかけ、卵を入れ、エネ塩ふって、
お醤油、ちょっと垂らして、混ぜ混ぜしたら、立派に料理。

最近は、縄文人や弥生人って、何をどうやって食べてたのかと、
そういう想像をしてる。今は、その時代よりも、食品も食材もある。
だったら。あとは、どういう方法で食べるもの=料理にするか(^^)

育児、仕事、介護などなど、やることは、どっさりの現代。
だけど、食べることは。
自分と味方チームを作る材料の補給、生きるエネルギーの補充、
楽しむためにも、必要なことだと思うの。

宇宙エネルギーたっぷりで、ものすごくシンプルな「料理」にもトライ。
どれだけ疲れてても、これだけはできる、というのをね。
これが、自分を護り、家族を護るアイテムになってくのさっ(^^)
やったもの勝ち♪♪イェイ♪

 2018.10.14

シンプルにして考える。これも練習、トライで、できるようになる(^^)

ものごとを複雑にしたほうが、なんか高等なことのようなカンジが
するかもだけど(笑)、実はシンプルにするほうがウルトラです♪

赤ちゃん時代、お母さんが、おっぱいくれなかったら
どうしようなんて、心配する赤ちゃんはいないよね。

それが、いつの間にか、ああなったらこうなったらと、
心配するような子供になってくのは、大人になってくのは。
考えかたも、お母さんやお父さんや周囲の人間によって、
学習してくからかも。そう、心配すらも。

心配ごとがあったなら。それは何故、心配なのかと考える。
テストの点が取れなかったら、合格できないかもしれない時は、
心配するエネルギーも勉強に注ぐ。合格できるとイメージして。

心配で使うエネルギーだって、もったいない。
やることやってると、目標に届くことが多いからね(^^)

心配で何もできない、なんて時には、まず、身体を動かしてみる。
運動って意味じゃないよ。手の指、足の指、手首、足首を動かす。
何も考えず、ひたすら、マイペースで動かしてみる。
末端の末端まで、血が巡る、あったかくなる。

宇宙エネルギーを流しながら、やっていく。
あったかい血が、全身を巡る。そう、脳にも。
するとね。前向きの発想も沸いてくる、起きてくる。


心配を分解して考えることもできるように(^^)
テストの点を取るために、勉強方法の見直しとか、
時間の使い方の工夫とか、やれることが、いっぱいある。
これにも気がつく。

シンプルって、大事。シンプルに考えるのも脳トレさっ(^^)

 2018.10.15

子供の頃にバレエを習いたかったけど、叶わなかった。
A.なので、自分の子供には、習わせている。
B.なので、オトナになった今、自分が習っている。
どっちも聞く話。

Aの、実際に習って踊ってるのは子供だけど、
それを眺めてる親は、子供に自分を重ねて、夢をかなえてる。
軽々と踊っているのは、子供ではなく、自分(^^)

Bの、実際に自分が習って踊っている場合。
オトナなので上達はゆっくりだけど、頭の中では白鳥姫(^^)

AもBも、似てるようで、全く違う。
Bは、自分が経験してみて、それを元に、色々考えれらる。
もしも子供の時に習ってたなら、どうなってたかも含めて。

オトナの自分は、子供の頃の身体の柔軟性はなくても、
楽しむ事をメインとして踊れる。上達も目標だけど、
楽しいので続けてられるのは、各種経験をしてきたから。

これは、バレエだけの話ではなく、楽器でも趣味でも同じ。
成長する過程では、楽しいだけでなく、色んなバトルがある。
乗り越える時もあれば、くやしい思いをする時も。

それらの経験全部が、いつでも、日々の自分に役だってる。
だって、自分でやってきたことだもの。

宇宙エネルギーたっぷりで、
この先の未来を楽しんでいこう(^^) やったもの勝ち♪

 2018.10.16

バレエやスポーツなどの習い事、やりたかった事の話。
子供の頃に習いたかったけど、希望が叶わなかった。
それを、どんなふうに、のちに叶えるか。
子供に託す。オトナになった自分が習う。どちらも、あるよね。

子供の頃、〇〇したかったのに、叶わなかった。
なので、自分が大人になった時に、子供にさせる人あり、
オトナになった自分がやる場合あり。

子供にさせる場合に、親は、このセリフを付け足す事が。
お母さん・お父さんは、したくてもできなかった。とね。
子供のあなたはできるのよ。とかね。

もちろん職業として、例えばタカラ〇カで、ステージに上がる等は
子供に託すしかないけれど、バレエもピアノも勉強!も、
オトナになって、オトナのレベルで「楽しめる」ことは、いっぱいある♪

してくれなかった過去データ、してもらえなかった過去データ。
それは過去のデータなのさっ。

この先の未来を作る、生きるのは、自分次第。
自分でつかみにいけば良い(^^)


宇宙エネルギーたっぷりで、新しい自分作りをしてる。
そして新しい自分になっていく。

新しい自分が進む未来を、自分が選び、自分が創っていく。
昔もね。今もね。
今は、宇宙エネルギー使いになっている。元気もアップしてる。
今日も、新しい未来へゴー♪


宇宙エネルギーたっぷりで、この先の未来を楽しんでいこう(^^)
やったもの勝ち♪

 2018.10.17

何でも、やってくれるお母さん、お父さん。

色んな事ができて上手で、家族にも、色々やってくれる
自慢のお母さん、お父さんなんだ~(^^)は、よく聞く話。でね。

この親の子供で、親と同じようなことができる子は、
案外多くはない。なんたって。
何でも親がやってくれるので、覚えない、しない。

まだ幼い頃に、子供が興味や好奇心でやってみたい時に、
「あ、それ、やってあげる」と、子供より先に手を出す。
何度かこういうことがあると、子供の方で、
「いいや、親が、やってくれる」の脳になる事が。

親がやってる事を見てて、見よう見まねでできる子もいる。
でも、どの子もそうなるかは、はてさて。

何でもやってくれるお母さん・お父さんの能力やノウハウを、
子供に教え、覚えさせ 練習させて、できる子にしてく方が、
やってあげるよりも、もっとステキなのでは、と私は思ってる。

できる子に育てたら、お母さん、お父さんも、
さらに自分のスキルを磨く方に時間を使えるし、
何かの時には子供にやってもらえるし。
そっちの方が、ステキな未来になる気がする(^^)

宇宙エネルギーたっぷりで、子供ができるように育ててみよう。
なんだって、最初のレベルがある。そしてアップしてく。
宇宙エネルギーたっぷりで、この先の未来を楽しんでいこう(^^)

 2018.10.18

私にとって10月11日は、乗鞍岳。その記憶が残ってる♪
かなり昔、女友達2人で、松本~飛騨高山へのルートで通った所。
旅の朝の香り。前後の記憶は、もうあいまいだけど、
空気のかんじ、紅葉のかんじ。今もデータ、記憶として残っている。

なんで日にちまで記憶してるかというと、ちょっとした
アクセストラブルがあったから。
切符の手配は、全部旭川でしてあった。
で、現地に着いたら、乗るはずのバスが10日で運行終了で。
なんですと~??

タクシー料金を友人が訪ねたら、2人して青ざめた。
どうしよう。でも、乗鞍まで行くと、その先からはバスがある。
困ってる可愛い女性2人に、(この時は、若かったの、2人とも)
タクシーの運転手さんは、バスが走ってる時の定額料金でいいよと
言ってくれた。ほっ。1/3の料金で、乗鞍岳まで行けた。

つづら折りの道路を、走ってくタクシー。
乗鞍岳は、もう色がついて、秋色になっていた。
その先は、安全無事にバスで飛騨高山へ。

乗鞍岳頂上まで、バスでも車でも行ける。
同じような高さだけど、大雪山の旭岳は、自分の足で登るしかない。
旭川に戻って登山好きの友人に話したら、むむむの顔に(^^)

なんでこのエピソードが蘇ったかというと、最近の旭川や近郊の
山々の紅葉や空気のかんじが、その時のに似てるから、だな。

記憶で旅のかんじを楽しめる。これも、おもしろい(^^)

宇宙エネルギー流しながら、想像で宇宙を旅するのも、楽しいね♪
イェイ(^^)

 2018.10.19

太陽の熱を集めて、加温、料理する。
熱を電気などに変えるのではなく、そのまま熱として利用する。
これが太陽熱の、一番効率的な利用方法♪
ソーラークッキングというらしい(^^)
友人が教えてくれたので、ネットで検索してみた。

製品もあれば、100均で調達して自作できるものがある。
アルミシートで熱を集め、黒い容器で熱を吸収させる。
中の材料は、ゆっくりと加温されるので、細胞がこわれにくい。

あ、ここでも、細胞がこわれないというキーワードが。

最近のハンバーグの料理方法は、材料を混ぜ合わせる時に、
こねない。という流れになっている。
こねると、ひき肉の細胞がこわれ、中のうまみが出やすい状態に。
ハンバーグを割って、お皿に肉汁が出るのは、それが理由。
皿で割っても肉汁が出ず、口に入れて噛んで肉汁が出ると、うまい。

ソーラークッキングでは、黒いアルミホイルに包んだひき肉で、
ミートローフができる。なるほど~。色んな料理ができるようで。
ごはんも炊けるし、パンケーキも焼けるみたい。

太陽熱での加温は、時間がそれなりに必要らしいけど、
キャンプなどで、これを仕込んで、出来上がりを待つ間、身体を動かし、
あそび終わったら、ごはんが待ってる♪ってのも、楽しそう。

色々知ってると、あれもあるな、これもありだなと、
脳の自由度が高くなる。
知ることで、生きる、生きのびるチャンスも増える(^^)

 2018.10.20

先日集まった中の、友人Aさんのエピソード。

親戚から、段ボール箱一杯に入ってるタオルを貰ったそう。
箱をあけると全部未使用。長らく、しまいこんでたけど、
使いきれないからAさんにあげた。Aさんは、それをどうしたか。

>毎日おろして使っては処分、使っては処分して、しばらくの間、
>タオルの洗い物が無かったよ~。

それで使いきってほっとしたら、「もうひと箱見つかったの」と、
段ボール箱が届いた。それも、どんどん使ってく。

洗って使って、それから雑巾で使って…の量を超えてる。
ならば、いっその事、一度使って、それでバイバイ。
家の中で場所を占領してる段ボール箱と、中身のタオル。
使えるうちに使って、整理。

あげた親戚の方も、なくなった2つ分の段ボール箱の分、
住まいにはスペースができたわけで。

家の中に何がどれだけあるか。住んでいても自覚はない。
いつも使うモノ、いつも目に触れるモノ、それぐらいの気がするけど。

あの棚、この隅、この奥に。何かが潜んでいる(笑)、
いや、しまいこんでいる。もう記憶にもないようなモノたちが。

秋になって、季節のモノの入替えの時期。
ちょっとだけモノの量の見直しもしようと、友人たちと談笑。

そして、友人たちとの会話の最後で。
「あれだけ減らしたと自分は思ってても、何も減ったように見えないの」
一同、うんうんと、うなづいて、その日は解散(^^)

 2018.10.21

先日見た、良い包丁の番組の話(^^)

切れる包丁で切ると、素材の断面もなめらかで、表面積も少ない。
切れない包丁だと、素材の断面がギザギザで、表面積が増える。

切れる包丁で刺身のサクを切ると、切った断面に醤油をつけても、
表面積が少ないから、醤油が素材にしみこまない。
素材の味が活きる、わかる。

切れない包丁では、広くなった表面(ギザギザになってる)から、
醤油がしみこみ、醤油の味が先に来る。

切れる包丁で切ると、料理が、全く別のものになるみたい。
素材によっては、それはあると思う~。舌触りも味覚に影響するね。

その昔。秋の結婚シーズンの時に、友人が親戚に、
お祝いで、何が欲しいっかて聞かれたので、
「包丁」が欲しいって言ったら、それはだめよ~と叶わなかった。
切れるものは、お祝いには使わないというのが理由らしい。

包丁。絶対に要るものだけど、自分じゃ勇気がいるクラス、レベル。
買ってもらえるなら、欲しい順番の上位でも不思議じゃない。
結局友人は、普通クラスの包丁を自分で買ったそう。

もちろん、切り方の工夫で、普通クラスでも上手に切れる。
刃を上から押すのではなく、前後に、すべらすように動かす♪

いつか。上等な包丁をゲットしたなら。
料理するかしら。飾っておくかしら(笑)

惜しまず使おう、あるし、使わないなんて、モッタイナイ。
使ってこそ、価値がある。
宇宙エネルギーもね。使って使ってゴー♪勝つぞ!!!

 2018.10.22

吾蘇慕宇会セミナーイン旭川が済みました。
今回は、いつもとは別の会場で、これもグッド♪

Mさんから、奥伝バージョンの進化系を、教えていただくことが
できました♪とてもラッキーです(^^)

ザ・偉大なる流れから貰う宇宙エネルギーは、すごいです。
この応援を、活かしていくのは、自分次第。
工夫も、過ごし方もね♪
やるっきゃない。やらないなんて、それこそ、モッタイナイ!!!


第2部は、おおつやメンバーさんによる、色んな
「知ってるべきこと」、「知ってるべき考え方」などをレクチャー。

特に情報は、一部分のみを取り上げても、全体が正しいと思う場合が。
なので前後の情報はどうなってるのかと、集めたり、想像したりも。
こういうことをもとに、この先に来るであろう、風邪の予防になることを。

宇宙エネルギーのトリートメントで、元気アップ、免疫アップ、
味方菌君達も元気で活躍!これがまずベースで♪

さらに、のどをうがい、手をよく洗う…。ちょっとストップ!
それらは、どういう理由で?どういう効果が?

と、いうことから始まり、身体で、どういうことが起きるのかと、
色んなポイントを押さえてくと。効果につながる行動は。

「顔をさわらない」に、なった。

風邪をおこすウイルスの入り口は、鼻と喉。
鼻と喉は、粘膜や繊毛で風邪ウイルスをからめる、つかまえる。
その先(細胞内)へ行かせないよう、ブロックしてる。

手をどれだけ洗っても、どこかを触れば、また復活してるかも。
なので、顔を触らないのが、何よりも予防につながる。
そして、粘膜や繊毛が乾かないくらいの湿度もね。

などなど、ちょっと話してるうちに、一次会、二次会、三次会も過ぎ、
また来週~と、笑顔で終了。はやっ! 次回がもう楽しみ!

 2018.10.23

誰がリレーをつなぐのか。

個体には、時間制限がある。なので、子孫という形で
生命のリレーがある。種(しゅ)としてリレーが続く。

ところで。地球でも宇宙でも、環境の変化というのがある。

地球の場合、この限られた大きさの中で変化が起きた場合。
熱くなったり凍ったりなどの変化が過去にあった事は、
今の科学で、地層、岩石や化石等でわかっている。

その環境が変わった時に、主たる大きなイキモノは、
次世代のイキモノ、種(しゅ)に、首座をとられた。

海がメインだった時は、三葉虫やアノマロカリス、アンモナイト達が。
陸地ができてからは、恐竜たちが。
そして、植物の変化により、地球環境が変わり、
恐竜から、哺乳類へ、そして今の時代へ。

ところで。最初から、ほとんどそのままで生き抜いてる一群が。

私達からすると、目に見えない小さいチーム。
菌、ウイルス、微生物。さらにはたぶん、変形菌も。
もしかしたら、今もキャッチしてない程の小さい君も、かな。

彼らは、ほとんど小さな変化くらいで、ずっと生き抜いている。
今までにメインたる大きなイキモノと、共存したり、離れたりして。
そして、たぶん、宇宙を旅することも可能だったりして。

隕石にのって今も、地球に新たな一群が来たとしても。
数によっては、そうとわかるまでに、億年単位が必要な場合も。
などと考えてみると。

誰がリレーをつなぐのか。地球の最初から存在してて、
この先も存在してく「小さなチーム」かもしれない。

小さなチームで、私達にとって味方の役割をしてる一群に、
宇宙エネルギーで応援。それができるのって、すごいよね(^^)


 2018.10.24

久しぶりのショッピングモールで、2階を歩いていると。
店員さんが、クリスマスツリーと、グッズの商品を並べてた。
1階の雑貨コーナーでは、来年の干支のイノシシグッズが。

ハロウィーンのお化けカボチャをあしらったグッズは、
もう忘れられてるくらいの規模に。
さて、今はいったい、いつなのかと、ちょっと混乱(笑)
ハロウィーンは、あ、来週だっ。ほっ。

今年は、アサガオを、何度も植えなおした。
6月~7月20日頃まで、低気温と日照不足で、発芽しなくて。

ようやく例年のように伸びて咲いてをしてるチームの下から。
あれっ?芽が出てる?初めの種か、後の種かは不明。
だけど、その子たちは、そんなに丈が伸びなくても、
蕾をつけて咲いてる。上に伸びてる場合じゃない、咲くわ!って。

今朝もアサガオは咲いている。このところ霜がおりるような気温。
昼間は、晴れて15~16度の日が多かったけど、朝晩はもう寒い。
今日は雨だけど、やっぱり咲いてる。咲くんだも~ん(^^)ってね。

例年なら、とっくに終わってるけど、こんなに咲いてるので、
まだ花を楽しんでいる。これも季節感が、いつもと違うかんじ。

毎年、違う。毎年、その時々で、対応できる元気があるなら。
柔軟な発想と行動で、生きていける、生き抜いていける。
宇宙エネルギーたっぷり使いながらね(^^)

 2018.10.25

お魚図鑑。本でもネットでも、圧倒的に横の絵柄が多い。
横から見ると、これは〇〇であると、種類がわかりやすい。
ところで。魚には、正面もあるし、上や下からの眺めもある。

魚の正面(顔に相当)だけで、この魚は何か当ててみてと、
クイズがあったら、魚に詳しくても、100%当てられるかな。
正面からなので、顔つきだけじゃなく、胴体も少し見えたら、
当てられるかもだけど。案外、魚の顔って知らないなあ。

四方八方から全体像を見る。本来はこれが基本だ。
けれど、案外、一部分だけで、こうだよね、こうかもねと、
そういうふうに伝わってることが多いのでは。なんてね。

この場合、一部分から見てるのは正しい情報。
だけど、
「それで全部じゃない」
「それで全体像じゃない」
ってことは、案外、見過ごされてる気がする。

宇宙エネルギーたっぷりで、色んな考え方ができるように。
するとね。そうか、そういう見方、考え方があるのかと、
ひらめく事がおきてくる。

先日のコラムの、タオルのエピソード(10/20)も、
色んな考え方ができる。
これはタオルだけど、別のモノだったらとか、
自分で新しく考えてあそぶこともできる。

これ、すごく脳の稼働領域が広がる、育つゲームかも♪

 2018.10.26

段ボール一杯のタオル。さあ、あなたならどうする?

これを色んな人と話して、色んな考え方にふれることができて、
それもとても参考になった。

タオルを貰った友人は、毎日使っては処分、使っては処分して、
自分のところで使い切った。洗うこともなし、雑巾にもせずに、
手拭きで使って、そのままバイバイ。
日頃したことのない初めての経験で、面白かった、楽しんだそう。

タオル一枚とはいえ、洗って、干して、たたんで、しまってが、無い。

あるなら使おう、あるから使おう。
そういう発想と行動も選択のひとつ。
この場合、使いきれる量を超えてるし。

気に入ってるものは、日常の目に届くところにある。
そして使ってる。引出しでも、使いやすい場所にしまってる。

段ボールに入れたまま、置きっぱなしのモノの場合。
あることすら忘れてることが多い。忘れてるんだから、無いも同然。
そういうことか~。

未使用のタオルだもの、大事に使い切るという視点は確かにある。
だけど段ボールいっぱいとなると、使っちまおうという視点もOK♪

その時々で、考えと行動のスイッチを切り替える、入れ替える。
楽しいと思うことをしてる。基本は、そこにある(^^)

 2018.10.27

いつもあるのに。いつも見てるのに。見えてるのに。と、
ついつい思うけど、「見てる」のと「認識してる」は異なるかも。
そして認識の範囲もね。

ママが子供に言う。「お部屋の掃除をしなさい」
「え~、まだ全然余裕だよ」と、子供が言う。
「あんたはどこを見てるの!足の踏み場もないでしょ!」と、ママ。

それでも子供は何もしないので、ママは、とうとう掃除する。
さあ、これでキレイになったわ。

で。ここから。キレイになった部屋に入った子供は、
いつものように、好きな本を広げ、ゲームをして、勉強して寝る。
ママ。「きれいな部屋だと、気持ちいいでしょ?」
子供「え?気がつかなかった」
ママがこの先、きれたかどうかは想像におまかせ(笑)。

え?なんでと思う方と、よくある話でしょと思う方と。

そう、見えてるのと認識してるのは、同じじゃないってこと。
なんだよね、たぶん。

部屋がきれいになってることにも気がつかないって、ありえない。
だって毎日生活してる部屋なのにと、ママは思う。

けど、子供にしたら、目の前の本やゲームや勉強が楽しい。
ほかのことには、興味がない、興味がわかないので、認識してないかも。

見てる=認識は、あてはまる時と、あてはまらない時が。
しかも、この「範囲」も、人それぞれで。

発明、発見も、こういうことが起きる。
毎日通ってる道で、つまずきそうになって、とある木にぶつかったら、
新種の変形菌に気がついた。この木も変形菌も毎日見てたのに。
あるなあと見てたのに、ぶつかって初めて、あ、見つけた!に。

認識という言葉は、気がつくという言葉にも置き換えられる。
どちらにしても、見てることと、脳が情報処理することが、
一致してるとはいえない時があるってこと、かも。

宇宙エネルギーたっぷりで、丸ごと全部をトリートメント(^^)
そして生活の中でも、色んなことを工夫、刺激していくと、
脳の活性化、稼働領域を広げることが可能。
これも、あそびでやってみるのは楽しいのさっ(^^)


 2018.10.28

地球で最大の生物は何か?
シロナガスクジラではないのだそう。では何か。
それは「キノコ」だと友人が。なのでちょっと調べてみた。

キノコとして知ってるカサやイシズキ部分は、動物でいうと、
花や果実にあたる。キノコの実態は地中にある菌糸の集団。
山一つ覆いつくす大きさのものもある。わかってるだけでも。

見えないだけで、いる、ある(^^)
私達の目に見えるところにいないだけで、
実は巨大なイキモノとして存在してる。

地球ができ、生物が登場し、そして今に至るまで。
色んなサイズの生き物が現れては、変遷していってる。
サイズや数が多い方が繁栄してるかというと。

環境の変化にも柔軟に対応している生き物の方が強いかも。
また、環境の変化がおきにくい所を選んで生きてるタイプも強い。

何がいいとか、そうじゃないとか。ほんと、全くわからないなあ。
生きるってことはね。生きるってこともね。

土の中で、菌糸だって、陣地取りもしてるだろうし。
互いに、助け合いもしてる時もあるだろうし。

ただひとつ、今の科学でわかってると思われるのは。
地球の初めから、今もずっと生きてるタイプがいること。
小さなチームは、もしかしたら巨大な生命かもしれないなあ。

と、考えてくのも、脳トレに(^^)
宇宙エネルギーたっぷりで、今日も、あそぼう、楽しもう♪♪勝つぞ!!

 2018.10.29

むかしむかしあるところに。で始まる物語。日本昔話。
出てくるのは、たいてい、おじいさんとおばあさん。
お父さんとお母さんは、なんで出ない?(^^)不思議~♪
ま、それはちょっと置いといて。

物語に出てくるのは、おじいさんとおばあさん。
プラス、メインで、かぐや姫だの、桃太郎だの、色々と。
おじいさんとおばあさんには、物語の冒頭では、
子供がいないという設定が多い。そしてメインの主人公が登場。
そういうお約束で、物語が、たくさん作られていたんだなあ。

この時代は、女性は10代半ば~後半で結婚してたはず。
おばあさんといっても、今なら美魔女くらいの年齢かも。
そう、平均寿命からいっても、おじいさんもおばあさんも、
40~50代くらい。これは江戸時代でもあてはまる感覚で。

現代、この年頃は一番の活躍盛りで、おじいさんやおばあさんという
単語が全くあてはまらないような、若々しい方々が多い。
おじいさん、おばあさんという言葉の持つイメージが、
時代でかなり違っている。

この先の、おじいさんやおばあさん、どんなふうに変化してくかな。
ほんとに、時代によって、言葉のイメージって変わってくね。

宇宙エネルギーたっぷりで、今日も、あそぼう、楽しもう♪♪勝つぞ!!

 2018.10.30

ちょっとうれしいことがあって、ああ、生きてて良かったなと(^^)
私達は、きっとよろこびをみつけるためにいきている。
たのしむためにいきている。

たいへんなことやくろうは、かんじやすいし、目にもとまるけど、
宇宙に生まれ、地球で暮らしてると、そういうことはあるけど、

宇宙てきには、よろこびをみつけるためにいきている。
たのしむためにいきている。と、おもってる。

楽しいのデータやよろこびのデータを増やし、ためて、
そしていつかかえる宇宙のどこかへ。
そしてまた、その宇宙をとびだし、どこかで生きるを繰り返す。

宇宙エネルギーたっぷりで、いまをいきている。
このさきも、宇宙エネルギーたっぷりでいきている。
ずっとね(^^)。

たのしもう、よろこびもみつけよう。
そういう宇宙にしていくのって、楽しいよね(^^)
と、今の私は、思っている♪
勝つぞ!勝ってるぞ!!

 2018.10.31

もしもの話。宇宙に巨大な生命体がいて。例えば銀河サイズの。
地球は、とてつもなく拡大しないと見えないくらいの小さなサイズ。
そして巨大生命体が、拡大機械を使って地球をながめたとしたなら。

有機体の動くモノと、無機体の動くモノとが、かすかに見えた。
見えたというか、キャッチできた。
有機体ということは分かるし、大きさにも色々あるようだけど、
個体に差があるかどうかまでは、小さすぎて不明。
どれも同じに見えるけど、もしかしたら、違いがあるのかな。

私達がいる銀河のサイズの生命体が、もしもいたなら。
地球を見つけたとして、地球に何かがいるのか、わかったけど。
個体が小さすぎて識別が難しい。
なんてことを、考えてみた。

地球に住む私達は、互いが肌や髪や目の色が同じ・違うなんてことで、
あれこれあったりするけれど、スケールが全く異なる方から見ると、
違いがあることすら、わかんない~。
なのかもと、ふっと思った。

遺伝子的には、人類はアフリカの一人の女性がルーツだという。
ミトコンドリアで調べたら、そうなったという説が。

住む地域の自然環境、食べ物、水、鉱物、菌類、微生物によって、
色々違いが現れるようになったのかなあ。

私達は人類は個体で違いがあると思ってる。
けれど、銀河サイズの巨大生命体から見ると、え、違いがあるの?
ほとんど一緒に見えるよ。なのかも。

なんて考えてあそぶのは、とても面白い。

宇宙エネルギーで生きてると、発想もとてつもなく広げていけるよ。
楽しいね、面白いねのシーン、自分でも増やせるって、いいよね(^^)

宇宙エネルギーたっぷりで、今日も、あそぼう、楽しもう♪♪勝つぞ!!

             

    
おおつランド総ページへもどるトップページへもどる