○ おおつランド ○  2019年 1月
 2019.0101
 ☆☆ 謹 賀 新 年 ☆☆

昨夜のイベントに参加された皆さん、ハッピーラッキー♪♪
本当に、ウルトラの設定ですね~(^^)(^^)(^^) わくわく!


新年の、初雪かきをしてたら、太陽さんが雲から顔を出してきた。
太陽さん、今年も元気でアソビましょ(^^)
見た事ない小鳥が、さえずりながら飛んでいった。静かな新年の朝。

雪かきしたら汗をかくので、着換えて、そのまま初洗濯。
ついでに、ちょこっと初掃除も。軽く拭くだけだけど(^^)
そして、初カキコをしてる。

宇宙エネルギー流しながら、雪かきで身体を動かしたから、
これでお正月の運動不足もない、だろうな~(^^)

ザ・偉大なる流れもら貰う宇宙エネルギーと、
Mさんの応援を得て、新しい自分に作り変わっている。

今日の雪かきをしながら、気が付いた。
以前よりも、ずっと効率も良く雪かきできてるし、疲労も少ない。
雪かきのあとも室内で動けている。腰や腕の疲労も少ない。

吾蘇慕宇会セミナーで、古武術の身体の使い方や、
小道具を使って、全身の筋肉をつなげて使う身体の使い方、
これを実践してることも、おおいに役立ってる。

私達は、地球で今、生きている、過ごしている。
地球生活、宇宙エネルギーの応援で、工夫も込みで、楽しめるね♪
さあ、初昼寝にも、トライ(笑)

 2019.01.02

時代劇などで、ニンジャが館の主の寝間に忍び込む。
ところが布団は、もぬけの殻。で。ニンジャが布団を触って。
「ぬ。布団が暖かい。まだ近くにいるぞ」

はい、ストップ。これはね。
【寝てる間に、主の身体が熱を作ってる】のが前提の話。

もしも、主が冷え性ならば。布団は、ちっとも暖かくなってない。
触っても布団に熱が残ってない。あったとしても、すぐに冷える。

主が冷え性なら。
「やや。布団が冷めてる。もう遠くへ逃げたか」「ええい追え!」
と、ニンジャ達を混乱させてる間に、主は床の間の掛け軸の裏に
備えた隠れ道を、走って逃げてたかもね(^^)。冷たい手足だけど。

寝ている小さな子供は、あたたかい。
熱を発散させるしくみが、まだ発達中の時には、寝てるのに、あちこち
動き回ったり、手足を布団から出して、熱を発散し、体温調節してる。

大人になって、熱(体温)の調節ができるようになってるにも関わらず、
なにかのことで、うまく熱が作れなくなってる状態になる人が。ややや。

宇宙エネルギーのトリートメントで、寝ている間に熱をつくり、
ぽかぽかと暖かい身体に復活して、ぐっすり眠れている!との
皆さんからの情報が、多数こちらに届いています(^^)v。


身体が暖かいので、朝に布団からさっと出られ、そこからの動きも軽い。

今はニンジャはいないので、自分が作った熱でぽかぽかの布団で、
ぐっすり寝ましょう(^^)。スッキリ起きましょう(^^)

 2019.01.03

お正月ということもあり、着物ておでかけ。着物を着てるご婦人を、
何人か見かけた。いいわね~と、私に声をかけてくれた方もいた。

TVを見てると、京都や浅草は着物姿で歩く外国人が、とても多い。
せっかく日本に来たんだから、着物を着たい!の気持ちがまんまん♪
外国の人が着てても可愛い♪着物、美人度アップしますね~(^^)

リサイクルやアンティーク、ポリエステルの既製品の着物。
今は、できあがりの着物が、たくさんある♪
色々着てあそんでくうちに、あ、こうだねと、自分の感覚が育つ。

リサイクルのお店、気軽に、色んな着物を見られるのが楽しい♪
そういうところでも、色んな学びができる(^^)。素材も絵柄も。
この素晴らしい文化が、未来にも伝承されると良いなあと思う。

文化や技術って、絶えると復活が難しいのは、想像に難くない。

宇宙エネルギーが身近にある暮らし。
これも、たぶん、伝承が途絶えたんじゃないかって気がしてる。
いつでも、宇宙エネルギーがある。だけど、使い方が不明。
伝承が途絶えたので。

でも、自分でも記憶してないけど、自分の中にデータ・情報がある。
遺伝子?それとも味方菌チーム?脳内のどこか?
それがなんであれ、宇宙エネルギーが大切なことが、わかる(^^)v

 2019.01.04

家族バージョンのお正月も済み、次は会社や友人等の会合のシーズン。
休んだ分の仕事はあるし、スケジュールは賑やかの時期で。

宇宙エネルギーのトリートメントで、お手入れしていきましょ。
元気を回復、維持、アップしていきましょう。

今の自分だけでなく、未来の自分に元気な自分をプレゼント。
いくつになっても、したいことができる自由を持ってる。
そういう自分でいたいよね(^^)

Mさんに出会う前。まだ今よりも年齢は若かったけど、
体力はないし、エネルギーはないしで、雪かきが大変だった。
やってもやっても終わらないし、どんどん疲れてくし、
その後で、腰は痛いしで、大変だったという記憶が。

それが。Mさんに出会い、宇宙エネルギーに出会い、新しい自分に作り替わる。
年齢は上がってるけど、今の方が、雪かきはラクにできる。
雪も、高い雪山に向かって、高く放り上げられる。
ご近所さんにも、驚かれたもの(笑)

年齢じゃなかった。エネルギーがあると、こんなに違うんだと実感♪
元気な自分を未来の自分にプレゼントできるのが、うれしい、楽しい。

勝つぞ!勝ってくぞ!!

 2019.01.06

一月の初めは、「今日は何曜日」と、確認してから一日を始める。
体内時計の曜日感覚。これをキープしておく。これもリズムだね。

日頃はTV番組や新聞等で確認できるけど、年末も年始も、
がらっと番組構成が変わるので、毎日、曜日を確かめている。
こういうのも、脳トレの範囲(^^)

今日が〇曜日だから、あれをして、これをして…と、
カレンダーの日付の他に、曜日でも暮らしてる私達。

今日は日曜日で、しかも雪がちょっと降ってるから、とても静か。

ささ、宇宙エネルギー流しながら、雪かきでもしてこようっと。
曜日に関係なく、暮らしてくために身体を動かすだけのこと。
でも、今日は「楽しい」の範囲で、やってこようっと。日曜だし(^^)

 2019.01.07

昨日は、雪かきをしてる最中に、ちょっと雲が薄くなった。
あれっ、もしかしたら…。空を見るとレースのような雲こしに、
右上が少し欠けたような太陽さんが。日食だなっ♪

雪かきが済んで、家に入り、ネットでライブ中継を検索。
うふふ♪同じ欠け方をしてる。錯覚じゃなかった。ほんとに日食だった。

その後、室内から、天頂が欠けたシルエットも見ることができた。
今回は北にいくほど、欠け方が大きく見えたと、ネットで。

今日は、その連続写真が新聞に載ってた。
場所によっては、ずっと太陽さんが出てたんだね~。
こちらは、たまにのタイミングだったけど、
少しでも見ることができたので、ラッキーハッピー(^^)

楽しいことは、たくさんある。大きいとか小さいとかではなく、
自分で楽しめることが、たくさん♪

 2019.01.08

「リアルサイズ古生物図鑑・古生代編」 by 土屋 健

古生代のイキモノの大きさ。化石から、およそのサイズが出ている。
もちろん個体差を考慮して、だいたいこのくらいという感じだけど。

このリアルサイズの本は、今の私達の暮らしの中に、
古生物を置いてみるという、今までにない視点が斬新♪

市場で、サバやアジが並ぶ氷の箱のとなりに、
アノマロカリスが時価の札をつけて並んでる!
そうか、これくらいの大きさかあ。なるほど。

サーフボードが立てかけられてる砂浜。
そのサーフボードに、古生代の生き物たちが、干されてる。
あはは。こういうふうに、現代の物と比べて見られると、
今までの図鑑よりも、ぐっとサイズをイメージしやすい。

これらは全てCGで、色も質感も、当時とは異なるかもだけど、
考えるデータとして、とても参考になった。

彼らは今、ほぼ、いない。現代には、ほぼ、いない。
確かなことは、たぶん不明だけどね。

ただ、ひとつ判ってること。
古生代のイキモノが絶えても、地球には新たなイキモノが出現。
それも、古生代のイキモノとは、全く違う様相で。

なぜ?どうして?どうやって?だれが?だれかが?うむむ。
これは、とても不思議だな~と、お正月は図鑑を鑑賞してた♪

 2019.01.09

先週、アニメ・ナウシカの映画を見てて、あれっと思ったこと♪
お正月に見ていた古生物図鑑に出てくる、あの生物、この生物。
同じではないけど、イメージが近い。

地球に最初に現れた生命体は、今の私達の肉眼では見えないサイズ。
それが、およそカンブリア紀に、見えるサイズの生命体が現れる。

そして地球環境の変化によって、生命体の巨大化の時期が来る。
そう、石炭紀という時期。この時には全長70センチのトンボが登場。

石炭紀のイキモノが絶えて、その後に、恐竜の時代が来る。
最初の恐竜は、サイズが小さめ。次第に大きなタイプが出現。

そして哺乳類の登場。今の時代は海にいるクジラが最大サイズ。
過去のように、巨大なサイズの生命体は今の所、現れていない。

ただし。いつの時代でも、目に見えないチームは、ずっと生存。
地球では、常に新しい生命体が登場してるのは、なぜ?
もしかたら、彼らが関与してるのかな?

ダレが、つよいのかではなく、ずっと生き続けてる、生き延びてる
彼らチームって、実はすごいんじゃないかと、そう思ってるのさっ。

彼らを味方につけて、地球生活を送ってる生命体。
もしかしたら、そういう選択をしてる種が、地球で生き延びてるのかな。
などと考えるのも、脳トレ(^^)

 2019.01.10

丈が長い長靴の威力を、今年は実感してる(^^)v

レディス用の長靴は、だいたい弁慶の泣き所位の長さが多い。
雨の日も雪の日も、この長さを気にしたことはなかった。

子供の頃は、きゃはんをはいて、長靴の中に雪が入らないなど、
そういう工夫をしてたし。(長靴の上にきゃはんをはく)
レディスの長靴の長さ、こんなものだと思ってたら。それが。

今年は、ひざ下近くまである、厚手の長靴を履いて雪かき。
まあ、なんということでしょう。深めに降った雪も、へいちゃら(笑)
そうだったのか~。目からウロコ。

新しい雪かきスコップもゲットしたので、雪かきの効率もアップ。
宇宙エネルギーの応援で、体力も身体も上手に使えてるので、
雪かき後の疲労も少なく、腰痛もない(^^)。

Mさんに出会う前は、この雪かきが、とても大変だった。
今も、しないで済むならしたくないけど(笑)、これも暮らしの一部。
やるとなったら、間に合う範囲で、やっていく。
終わった~と振り向いたら、また積もってるのが冬の暮らしだもん。

だけどね。一月も10日でしょ。明るさが戻ってきてるの。
明るさじたいが、華やかになってきてるの。朝も昼も夕方も。
これは、今時期の、だいご味かもしれない。うふふ(^^)

 2019.01.11

友人の家族が、クリスマスの頃に本州から帰省。
「あれ、日が暮れるのが、早いんじゃない?」
「北国だもん、あったりまでしょ。忘れたの?」と、会話したとか。

極北に行くほど、日の入り、日の出の変動が大きい。
TVで見た、オーロラの出る街では、こんなところが。
今日から太陽さんが出ません。
今日から太陽さんが沈みません。
そういうところにも、普通に「暮らし」がある。

TVを見てると、本州出身のアナウンサーが、
「たいへん厳しい寒さです」と言うので、何度かなと見たら、
-5度だったりもする。ま、ひとによりますから~。

暑さ・寒さは、一人一人感度が違う。外気温と暑さ・寒さは一致しない。
外気温じゃなく、室内気温が過ごしやすい気温の文化にいるしね。
そして自分の元気度でも、暑さ・寒さの感度が違うしね。

今の本州の中には、乾燥が問題になるくらい、乾いてる地域も。
これも自分が、うるおいを保てる身体だと、特に気にしてない事が。
乾燥に注意しましょう。と言われてもね~。
ずっとこういう暮らしだしね~。たいへんですね~と言われてもね~。

と、うるおいを保ち、体温をキープできてる宇宙エネルギー使い達は、
今日も、正常元気で過ごしてる。つやつや、ぴかぴかで(^^)

 2019.01.12

例えば、100メートル先まで見える人が多数を占める集団に、
1,000メートル先まで見えるAさんがいた場合。
Aさんは、褒められる場合もあれば、ありえないと無視されたりも。
どっちにしても、特別あつかい。

例えば、100メートル先、300メートル先、500メートル先などと、
色んなタイプの人がいる集団に、先のAさんがいたならば。

いつかAさんくらいまで見えるといいなあとか、そうなりたいとか、
Aさん、1,000メートル先を見て等、頼まれたりして、集団の中で、
1,000メートル先が見える能力を、普通に、いつでも使っている。
普通あつかい。

そう。これは 例え話だけど、「1.000メートル先まで見える」能力を、
別の単語に置き換えてみて(^^)。似たような話、たぶん、たくさん(^^)

多様性って必要だし、時代によっても、基準が変わってくし。

そのひとだけにある能力。そういうことがあると思ってる。
宇宙エネルギーの応援で、働きが増す、レベルもアップ♪
なんたって、今は宇宙エネルギーが動力源だもの。ウフフ(^^)

 2019.01.13

電気によるエネルギーがふんだんに手に入るようになり、
それで動く道具類が発明され、起動し、いきわたり、便利に。

石油によるエネルギーがふんだんに手に入るようになり、
それで動く道具類が発明され、起動し、いきわたり、便利に。

さてさて。これは近代に入っての話なので、それ以前は?
どうやって暮らしてたか。「その時代時代で普通に暮らしてた」よね。
だから、今、現在があるんだもの。

平成をふりかえってという番組が、年末・年始の特番で多かった。
平成に入って現れた道具類。それがなかった頃は?

平成の便利グッズがなかった頃も、電気や石油がなかった頃も、
人々の普通の暮らしは、普通にあって、普通に過ごしてた。

大地のめぐみと、おてんとうさんと、水のあるくらし。
基本的には、これかな。そして、色んな能力を持ったひとびとと。

目がいい、鼻がいい、耳がいい、足が速い、力持ち、そして…。
色んな能力は、いつの時代でも、とても役にたつ。
生きるために必要な能力を、互いに補い合いながら、
社会をつくり、保ち、生きてるんだもの。

私達は今、宇宙エネルギーを使う能力がよみがえり、
新しい時代を生きてる、ふつうのひとびと(^^)
多様性があるから未来がある♪ダレカがラインをつなげてく。未来にね♪

 2019.01.014

吾蘇慕宇会セミナーイン札幌が済みました。

今回のMさんのレクチャーは、色んなお話がたくさんで、
その後で、去年から続いてる「とあること」の、バージョンアップ編も♪
すごくステキなお年玉♪♪Mさん、ありがとうございます(^^)
これでまた色んなところが働きやすくなり、新しい自分になっていける♪

おおつは、お正月に読んだ本の中から、とあるエピソードを。
ホモサピエンス・ヒトは、色んな性質を持っている。
しかも、ひとりひとり、性質が異なる。
異なることで、種として、続いていけるのかもしれない。

で、自分の性質と異なる要求をされた場合でも、
後天的学習で、カバーし、クリアできることも、わかっている。

これは、教育、環境、練習して積み重ねすることで、
「こういう場合の返事のしかた、対処のしかた」ができるように。
性質はそのままだけど、幅が広がる、脳の稼働領域が広がる。
たぶん、そういうこと。

なにが生きるうえで、つよみになるかは、ほんと、判らない。
時代は、イキナリ変化する時があるし。

宇宙エネルギーたっぷりで、柔軟な自分でいよう。
柔軟性な自分は、色んなことにも、対応する力を発揮できるしね(^^)

 2019.01.15

この3日くらい、気温の低い朝が続いた。
するとね。空気中の水分が凍って漂うので、
太陽さんの光も、いつもと微妙に色が異なるの。
なんとなくオレンジっぽい。しかも、光がやわらかい。

外に出て歩き出し、鼻で息をする。鼻毛が凍る感覚があるとか、
歩くと雪がきゅっと鳴るとかで、-13度以下だと見当をつける。
まつ毛に、吐いた息が凍って白くなるのは、-20度くらいから。
これは個人的体感・経験なので、あくまで目安。

外は冷えてるけど、太陽さんが出てくると、室内暖房機の燃焼が止まる。
太陽熱、たいしたもんです。太陽光が部屋の中を暖めるので。
冷えた日の方が太陽さんが出やすい。雲用の水分が蒸発しないから。

昨日は真っ青な空に、白い長い線を見た。
ひこうき機雲も、ここまで長くなるんだ~。

宇宙エネルギーの応援で、寝てる時にも、あったかい身体。
しっかり眠れると、起きた時に、頭も体も動きが軽い(^^)
底力のアップ、今もさらに♪宇宙エネルギーの応援があるって良いな(^^)

 2019.01.16

一月も、半分クリアですね~。はやっ♪
15日は、昔は小正月、成人式などで、特別感があったけど、
今は普通の日になってしまってる。なんだか、もったいない。

北海道の子供の冬休み。昨日始まり又は、今週末から新学期。
TVをつけたら、今からでも間に合う自由研究という特集があった。
そうだね、自由研究。本人よりも、親の方が悩むよね(^^)

北海道の百人一首。かるたアソビ。木札に下の句が書いてある。
読み札も、下の句だけ。上の句は、全く出てこない♪
反射神経を競うのは、本州のかるたと変わらない。

これ、冬休みのあそびだった。
この木札は、それこそ「くずし字」で書いてあるので、
かたちで置き場所を覚えてく。読める札もたくさんあるけどね。
ほとんど、スポーツ(^^)。

あそびながら、反射神経が鍛えられるだけでなく、
記憶力も鍛えられてく。あそんでるだけなんだけど。
1ゲームが済んで、また新しく木札を並べて位置を覚える。
さっき覚えたことを忘れて、新しい記憶に置き換える。

子供時代のあそびで培った能力は、オトナになっても使える能力かも。

 2019.01.17

例年よりも雪が少ないと思ってたら、年末から降り出して、
なんのことはない、例年並みの雪の量になっている。ま、いっか。

私は、Mさんに、雪かき方法を教わってからは、
効率アップもして、時間も短縮できるようになった(^^)

なんでもそうだけど、身近なことでも、ノウハウのある・なしで、
結果や効果に差が出てくる。
今年は雪かきグッズの新作をゲットした。
Mさんが言うには、「これは雪離れがいいね」

そういえば。今までの道具には、雪がくっつくタイプのものが。
ヘッドの部分に、雪がくっついてるので、載せる量も減るし。
雪離れが良い新しいグッズで、雪を遠くに放り上げる。
放物線を描いた雪は、遠くまでとんでく。気持ちいい~♪

修学旅行で、スキー学習というところがある。
スキーの他に、雪かき体験を組み込むのも良いかも。
どこからやっていいのか、どういう方法がいいのか。コツもある。

とあるTV番組で、ボランティアの大人の方が、地元の中学生に、
雪かきは、どのようにやるのかを実際に教えてもらいながら、
人生で初めての雪かきをしていた。そこは豪雪の町。

「いやあ~たいへんですね。」と、雪かきを経験したオトナ。
「ちょっとずつ、くずしながら、切込みも入れてやるんだ~」と中学生。

雪とひとことで言うけど、地域によっても、季節によっても、
重さも量も性質も違っている。それに対処した雪かきも必要。
ノウハウって、けっこう伝承が要るものがある。

宇宙エネルギーも、たぶん、そう。
吾蘇慕宇会セミナーで、ノウハウゲットして、新しい未来にゴー♪

 2019.01.18

宇宙エネルギーたっぷりで、笑顔(^^)
カワイイ顔になってる♪

トリートメントをして、別の日に電話でエネチェックしてると、
あ、良い声♪と、相手の声がつやのある声なのが判る。

カワイイ声ですね~とワタシが言うと、顔もカワイイです♪
と、返事をいただいた(^^)。花丸だわ~♪♪

つやのある声、カワイイ声が出る状態になる。
宇宙エネルギーのトリートメントを受けると、この現象が起きる。
細胞が元気だと、これが起きやすい(^^)

うるおいのある身体から出る声は、ひびきも良い♪
声からも、色んなことが判るよね。

宇宙エネルギーたっぷりで、うるおいのある自分に(^^)
乾燥にも勝ってくぞ!

 2019.01.19

久しぶりに、就実の丘の映像が流れてるお店を訪れた。
画面に映る、青い空と、緑の丘。オレンジの花。
ああ、そういえば、そうだった。これも現実~♪
なぜそう思ったかというと。連日、白の世界を見てるので。

雪の白、さらにモノトーンの景色を毎日見てると、
画面の中のカラフルな季節が、ちょっとまぶしかった(^^)
また、今年も行きたいなあ。行こうっと♪

就実の丘は、冬は道が閉ざされているので通行できない。
もともと、農道、農地のようだし。今は静かなシーズン。

春が来て、緑の季節になっても、遠くに見える大雪連邦は、
山の頂きに白い気色が残ってる。丘から、それらが見える。
これは感動の景色。北海道ってキレイだな~♪

美しい気色を見て、美しいと思う。こころのうるおいがある。
宇宙エネルギーたっぷりで日々を送ってると、ふんだんに(^^)

今朝は藍色の空に、きらきら光る、金星を見た。
澄んだ空に光る星。いいなあ~。イェイ♪
宇宙で生きる。地球でも生きる。それをしてる日々♪イイネ(^^)

 2019.01.20

お正月に読んだ古生代のイキモノと変遷の本。おや?っと思ったのが。
最初の魚類には、あごがなかった。まああ。

あごがあると、大きく口が開き、たくさん食物を取り込めるだけでなく、
食物をつぶすための歯も登場。結果、からだも大きくなったよう。

今の魚類には、あごがある。あるといいなと思って、つくれたのか?謎だ。

筋肉の伸び縮みで、口を大きく開けることは可能だと思う。
だけどあごは、骨の構成を変えることで、初めて成り立ち、
長く使えるしくみなのでは。どうやって、それが可能になった?

最初の生命体。目に見えないサイズの彼ら。
設計図なしで登場したのかな。その後、設計図を作り、体内に蓄え、
そして複製をしていったのかな。増えていったのかな。

わかるといいなが、ものすごくたくさんある。
何故ならば。
今の私達も、進化、変化ののラインの途中にいるから。

地球のイキモノの歴史を見てると、エンドレスで生き物が登場。
どんな時でも、なにかしらの生き物がいる。
そして今に至る。それは、この先もね、きっとね。

地球は宇宙に浮かんでいる。
宇宙からは絶え間なく宇宙エネルギーが地球に。
というか、そもそも、宇宙にエネルギーがあるからこそ、
地球は宇宙に浮かんでるわけで。存在できてるわけで。

はてしない遠くからも、宇宙エネルギーは来る。
もらおう。あるから。つかおう。あるから。
そのシステムが起動してるのが、
吾蘇慕宇会で学び、楽しんでる、みなさんなのだから。

 2019.01.21

「クマ・熊」と聞いて、イメージするのは、どんな熊かな?

本州だと、ツキノワグマかな。あ、手が上がった。
北海道だと、ヒグマ。あ、手が上がった。
どちらも、ここからは見えないけど(笑)、そんな気分で。

どちらも日本に棲むクマだけど、サイズがとても違う。
金太郎がクマにまたがってたとしたら、ツキノワグマだね。
ヒグマでは、ほぼ無理。(性質以前に、サイズが大きいので)

北海道に住んでると、クマ=ヒグマであり、近づいてはいけない。
ということを教えられて育つ。
動物園にいるのは、クマちゃんだけど、自然界にいる彼らは、
野生のハンターなので。

互いに生息地に入らない。こうして北海道では棲み分けしてる。

絵本では「クマちゃん」で、可愛く書かれてるクマも多いけど、
動物園などでヒグマを実際に見ると、その迫力に驚くオトナも多い。
そう、これが「知る」ということにつながる。

ここのクマは、どんなクマか?それがわかると、対応の仕方も変わるね。
ちなみに、はちみつの好きな黄色のあのクマさんは、
アメリカクロクマらしい。そしてテディベア、ぬいぐるみに。

言葉・単語は同じでも、中身が異なること、身近に色々あるね。
これも、脳トレになるなあ(^^)

 2019.01.22

21日のコラムで、どんなクマをイメージするか。
この問いを何人かに聞いてみたら。予想の返事もあったけど、
子熊とか、ぬいぐるみなどの返事もあった。なるほど~。

相手が何をイメージするか。想像を超える時があるよね。
それを抜きにして決めつけだけが先行してるなら、すれ違いも。

「言わなくてもわかるでしょ」とか「毎日何を見てたの」などの、
確認なしの情報の伝達では。自分と相手のイメージが一致してるかどうか。

言ってたって、自分と相手のイメージの中身が異なることがあるのに、
言わなきゃ、全く違う中身になることも、たくさん。

昨日の「クマ」のイメージ。何をイメージしても自由なの。
そしてね。北海道に来ることがあって、もしも、もしも、万が一、
自分が安全な場所や車の中にいて、ものすごく遠くに「クマ」を
見かけたら、絶対に近寄ってはいけないと、伝えてみたかったの。

地球には色んなイキモノがいる。互いが要る。それで成り立つ自然環境もある。

多様性は未来につながる宝であり、それなくしては成り立たないこと多し。
ヒトも動物も植物も昆虫も、目に見えないサイズチームも。
これだけの多種多様なイキモノがいるって、奇跡のような気がする。

ヒトも、ひとりひとり異なる。異なるから互いに確認してくのも、大事だね。

 2019.01.23

新しいトライや、新しい学び。それが機能するために必要なのは。
脳のネットワークの新規作成と新規開拓。そして発達も。
本当かどうかは、さておき。

今までの脳や身体で対応できることもあるけど、
新たに開拓しなくては間に合わないことが、たぶんある。

スポーツは、何度も何度も、繰り返し同じ動きをすることで、
筋肉も育ち、動きもなめらかになるし、上達もする。
それは身体だけでなく、脳の対応部位も発達してるからだね。

身近な色んな機器類が、今までの使い方を超えた方向で進化。
それは今までの慣れた方法ではなく、全く新しい方法にも見える。

機械が発達して便利になるというSFは、たくさん見て来たけど、
使い方を覚え、なじむのに、時間も気力も要ることを予見したSFが、
今までにあっただろうか。と、SFにやつあたり(笑)

ともあれ、新しい機器類を使うことが前提の時代に生きている。
それはまだ、機械が自動的に、何でもしてくれるレベルではなく、
むしろ機能がありすぎて、使う前に立ち尽くすようなカンジの機器で。

しのごの言わずに、とりあえずトライ。
そのうちに脳内ネットワークもつながり、認識できるように。
なんだ、そういうことか。なんでこれがわからなかったかな。
ま、できるようになったから、良しとしよう。を、繰り返してる。
どの機器類でもね。

宇宙エネルギーの応援で、脳が育つ、機能する。
今までもね、この先もね。良かった~(^^)v
やるっきゃないこと、まだまだあるのさっ♪

 2019.01.24

もともとは秋田の童歌らしいのですが、
「上を見れば虫コ、中見れば綿コ、下見れば雪コ」
というフレーズを、ふと思い出した朝。
メロディは知らないけど、このフレーズは、いつも見る景色を示してる。

雪の降る空。雪が影になるので、虫が落ちてくるようだ。
目の前の雪は、ふわふわの綿が舞ってるようだ。
そして足元に積もってるのは雪。

見る角度や高さで、同じ「雪」でも、別の感じ方になる。
こんなに小さなものなのに、降り続けてくと、
なんでなの?という高さになる。

おおまかにいうと、雪は空気や水を含んだ「氷晶」なので、
サイズは小さいとはいえ、集まると、びっくりの量になる。

最近は、この雪景色を見に、外国からの旅行者が増えている。
雪まつりなどのイベントがなくても、外国から訪問者が来ている。
そうか、雪は、住むところによっては、珍しいものなのか。
そうだったのか~。

非日常を楽しみに来る。そのひとつに雪景色や寒さ体験がある。
そういうことさっ。

ささ、非日常を、経験してみるのも、おすすめ~♪
一緒に、雪かきをしてみませんか~(^^)(^^)ふふふ。
雪景色が非日常という方、今がお勧めですよ~♪

 2019.01.25

「性質」と「性格」が、どうも同じように扱われてる気がするけど。
たぶん、違う。似てる部分や重なる部分があるけど、
性質という面をクローズアップして、そこから考えている。


「暑さに強い・弱い」。これは性質だよね。性格ではないよね。
これと同じように、【脳の集中力の持続の性質】によって、
一点集中とか、あきっぽいがあるとしたなら。

性質を矯正することもあるけれど、自分の性質を自覚して、
それを上手に活かすという選択もあるはずだ。

友人達と会った時に、この「性質」の話になった。
1.ひとつのことを最後までやるのが好きなタイプ。
2.あれこれを同時に手をつけてくタイプ

でね。1.の人は、ひとつの事をコツコツ最後までやりたいし、やる。
2.の人は、Aがあきたら、B、それも飽きたらC。そして
 またAをやり、先にCをやり、最後にBで全作業が終了。

やることがクリアできればマル。ひとつのことをコツコツやるタイプ、
同時に平行してくタイプ。やり方も考えも、いろいろあるものね。

なんの話かというと、脳の話。脳の性質の話。シンプルにね。
自分の性質に合った方法で、目の前にある作業をしてく。
もちろん学習もしてくので、自分に合わない方法だって、できるようにはなる。

ただ、自分の好きにやれる作業の場合、目的は
「作業をクリアすることにある」ので、やり方は自由でマル(^^)

1.の人も、2.の人も、終了時間が同じ一時間だったりする♪
できればマル♪という発想。学校では聞かないけど、
社会や家庭では、これでやった方が、脳の元気が長持ちする(^^)

脳は、ものすごくエネルギーが要る部位。
エネルギーがあると動く、なくなるとストップする。
脳だけでなく、身体も動かなくなったりする。

宇宙エネルギーの応援がある今、たっぷりゲットして、
自分の性質を活かして元気で過ごしていこう♪勝つぞ!

 2019.01.26

家事にも流行がある。つくりおき、そうじ棒、フリージング、デコ弁当…。
自分の性質だけでなく、家族の性質や好みに合った事を選択。
世間で流行してても、自分に「合ってる・合ってない」が、あるしね。

つくりおきで、3日分のおかずを作る。3日間は楽になるはずと。
3日分つくる場合、一回の手間と時間が増す。単純計算でね。
日持ちするメニューだから、しめしめ…となるか、いざ勝負!

「え~、今日もひじきの煮物~。もういい~」
「え~、今日は寒いから、暖かいシチューにして」
「おじいちゃんから、今日は焼き肉につれていってくれると電話が♪」

せっかく作った料理も、突発的な天気や出来事で、アウト~。
冷凍できる料理もあるけど、作った時間をかえせ~(笑)

天気予報、学校行事、給食表をながめ一週間のメニューを決める。
普通の値段で食材を揃えて、決めたメニューを毎日つくるタイプもいる。
スーパーの特売には行かない。自分が決めた通りが楽というタイプ。

色んな性質があるし、色んな性質のタイプがいるの当たり前。
何がマルということではなくてね。
トライしてみて、自分に合った方法を見つけていくのは、あり(^^)
そして、やってみたら、案外向いてる方法に、気がついたりも♪

ちなみに、家にある食材だけを使って、おかずをこしらえるのも、
立派に脳トレ~(^^)
自分の性質を活かして、元気で過ごしていこう♪勝つぞ!

 2019.01.27

江戸時代は、士農工商という序列があったと、昔、教科書で。
ところで、今の教科書には、この言葉が載ってないそう。
何故ならば。本来は「あらゆるひとびと」の意味だったから。

そして当時は、農業・林業・漁業を、同時に行って暮らしてる。
下級武士クラスなら、武士でもあるけど、農業・林業・漁業もしてた。

農業・林業・漁業は、環境のラインでは、全部つながってる。
どれも互いが大事。なので分けないで、どれもやっていた。
山を大切にし、海を豊かにし、水の恵みを受け、大地も潤う。
こういう循環システムを、長い間護ってきたので、今がある。

江戸は、災害、特に火事の多い町だったので、仕事替えも、普通。
昨日までの仕事が今日はもうできないなんてことも、ざらで。

江戸から数百年続く大店(おおだな)というのも存在するけど、
実子のみで続けてる店は、私達が思うよりも少ない。

大店というのは、個人商店ではなく、今の会社みたいなもの。
なので、会社を続けられる人材を従業員の中から見抜き、抜擢し、
複数人の番頭を確保。その中から、実娘の婿養子として迎える。
実力がなければ、次の番頭と交代、なんてこともね。

徳川幕府になって、およそ265年。
きゅうくつばかりなら、265年も維持できない。
だけど時代の流れが変わって、今は全く新しい時代になったけどね。

今の、パソコンやスマホの時代になって、せいぜい10~40年。
このまま、どこに進むのか。きゅうくつになってないか。なんてね。

だけど基本の基本は、どの時代でもきっと同じ。自分も家族も笑顔でいたい。
その笑顔を子孫にも伝えたい。たぶん、これだね(^^)

 2019.01.28

吾蘇慕宇会セミナーイン旭川が済みました。

第一部、Mさんから、たくさんのお話を聞き、濃厚タイムで充実。
第二部は、おおつの色んなレクチャーのあと、この会場ならではの、あれこれ。
和室で行うセミナー、こういう回もグッドです♪
科学的な話もたっぷりだし、トリートメントの新しい条件設定も♪

【イベント】も、ぞくぞくと。
私達は、どこから来たのか。
たぶん、宇宙の色々のところから。
今はなにもかも未知だけど、わかるといいなと過ごしてる。

そして今回の参加者には、風邪などの、菌やウイルス対策の
新しい条件設定をレクチャー♪参加した方、ラッキーですね(^^)。

地球に生命体が現れた。そして今もいる。
どういう状態で生き、過ごしているのか。
ヒントは、これです。わかるかな~♪

もう【次】が始まってる。一時たりとも、同じ状態じゃないのが宇宙だもの。
私達は、宇宙でも地球でも存在し、暮らしている生命体だね。
今日も、宇宙エネルギーをたっぷり貰って、たっぷり使おう。
やったもの勝ち♪

 2019.01.29

5歳の女の子が来年も着ようと、お気に入りのスカートを、しまう。
6歳になった時に着ようとすると、スカートは小さくて入らない。
お母さんは、妹か、親戚の女の子にと、そのスカートを回してく。

5歳の子がその服を着られる機会は、もう来ない。
だって、この先も、どんどん育ってくし。そしてね。
年齢や身体に合った服を手に入れることが、可能な時代に生きてる。

この間、服飾コーディネーターの本を読んでたら、
「やせたら着ようと思ってる服がクローゼットの良い場所を取ってたら、
すぐに処分してね」と、本の中にあった。え、そういうもの?理由は?

「やせても、体形は、元とは変わってる。むしろ、以前よりも
メリハリがついてることもある。その時に、以前着てた服は、
【着られるけど、今の自分をステキに見せてくれない】から」ほほ~。

「着られる」のと「ステキな自分に見えること」は、同じじゃない。
そうだね~。体重が元の重さに変わるまでに時間だって要るし、
年齢や流行で、似あう物じたいが変わることも。

昔好きだった服はクローゼットではなく、思い出箱にしまってね。
思い出箱も、時々、中身を入れ替えてね。あふれてくから♪そうだね~。

考え方を知ると、脳が柔軟になってく気がする。
そういう方法も考え方、あるよね~と。
自分だけでは思いつかない方法や考え方をゲットしてく。
すると、自分でストレスを小さくしていける。

若い時とは、体形も髪も肌も違ってくるのは、自然なことだ。
けれど、その年齢だからこその輝きもある(^^)

今の自分がステキに見える。昔の自分よりも♪
この現象は、宇宙エネルギーたっぷりで、過ごしてるので、
現実に起きてますから~(^^)良いねえ♪♪

 2019.01.30

今朝は、ダイヤモンドダストがきらきらの朝~♪
帽子にマフラー、ダウンコートに、手袋、長靴(^^)
完全防備で外に出る♪鼻で息をして、だいたいの気温を測る。
これくらいなら許容範囲。と、これも経験のなせる技(^^)

もちろん自分の元気度で、気温に対する反応が異なる。

疲れてると、ことさら寒いと思ったり、元気だと、へいちゃら~♪
同じ気温なのにね。元気でいるって、すごい大事だね♪

街路樹の枝に、空気中の水分が凍ってくっつき、白い枝に変身する。

子供のころから、「樹氷」と読んでたけど、山形・蔵王の樹氷の方が、
どうも有名だったようで(山形は、雪が木にくっついてオブジェ風になる)、
最近は、こちらでは「霧氷」「樹霜」と、言う表現が増えてるみたい。
ちなみに「霧氷」で画像検索すると、色々出てきますね~。

これも、朝のうちだけ。太陽さんが昇ってきて、樹々を照らすと、
くっついてた氷の粒がとける。そう、マイナスの外気温でもね。
太陽さんの熱エネルギーって、すごい(^^)

一月ももうすぐ終わりだけど、午後5時まで、なんとなく明るい時期になった。
冬の初めの頃は、午後3時すぎたら、暗くなってたのに。
明るい時間が伸びる。活動時間が増える。
光は春色に♪気温は、まだまだ油断できないけど(^^)

宇宙エネルギーたっぷりで元気度アップ♪
私達は今、それができるのが、なんといっても、うれしいね♪

 2019.01.31

「雪かき」「雪よけ」「雪はね」これらは全部、「雪の移動」の単語。
生活に必要なスペースを確保するため、別の場所に雪を移動させる行動。

乾いた軽い雪もあれば、しっとりと重い雪もある。
季節によっても、地域によっても、雪の性質には違いがある。
だけど、単語としては、全部「雪」。あれれ。

今日の雪は、しっとり系だったので、高く放り上げるのに、力が入った。
全身の筋肉、つながってね~と、宇宙エネルギー流しながら、雪を放り上げる。
放物線を描きながら、遠くまで、雪が飛んでいく。

雪かきしてると汗をかくので、室内に入ると、即、着替える。
身体を冷やさない。これくらいは…と、油断しない。
体温を維持することで、風邪症状が起きないようにする。
自分を護るためにも、惜しまずに着替えて、洗濯する。

暖房があるこの時期は、洗濯物の乾くのが早い。
どうかすると、ヒトも乾くので、湿度の確保は大事♪

宇宙エネルギーたっぷり封入した水と洗剤と洗う物。
洗い上りが、ふっくら、なめらか(^^)v

いつのまにか、一月も今日で終わり。
これから、本格的に、気温の低い日がやってくる。
寒さにも、乾燥にも勝つぞ!

             

    
おおつランド総ページへもどるトップページへもどる