○ おおつランド ○  2019年 3月
 2019.03.01

今日から3月。このところ、気温がプラスになる日が多い。
日の光も強さを増してきた。冬バージョンから春バージョンへと、
身体の各種の調節機能が切り替わる。気温より先に。

真冬にはマイナス10度でも、寒い感じは少なかったけど(笑)
今どきは、プラス3度でも、寒い~となる。おやまあ。
身体が春バージョンになってるんだなあ。すごいなあ。

私達にも、いろんなしくみが備わっている。
環境の変化にも、対応できるしくみもある。たぶん、もとから。
なので、アフリカを出た最初の人々は、異なる環境にも
適応しながら、世界各地へと広がった。

春になり、移動の時期。入学・就職・転勤・引っ越しなど。
色んなところで、色んな根をはり、つよくいきる。
それを、ずっと続けてるんだね。いつでも。

北海道も、移住組が増えている。いや、もともと道民は、
ほぼ移住組なんだけど。そして、今もまた新しい移住組が。

ここでもいい。ここがいい。それは、自分だけでなく、味方菌も、
ひそかにリクエストしてるのかも(^^)

ちなみに、旭川には杉の木がないので、杉花粉はありません。
温泉も色々あるので、あそびにいらっしゃ~い(^^)

 2019.03.02

「手に持って行こう・ダーリンの手仕事にっぽん」
 by 小栗 左多里&トニー・ラズロ

>たとえば。森の中で最初に欲しいものは。木の枝を加工する
>ナイフ、刃物のたぐい。それは、基本的に鍛冶で作るものだ。

>「あいずちを打つ」は、もともとは、鍛冶で二人が交互に
>打ち合うこと。鍛冶からくる日常語は、かなりある。
>「とんちんかん」「地団太を踏む」などなど。

>アメリカで一番多い姓ははスミスで、これは「鍛冶屋」という意味

岐阜県関市は刃物のまち。そこでの、2人の刃物作成体験談も、
なかなか興味深かった。手順の多さ、たくみさ。手仕事ってすごい。
もちろん、指導する匠たちがすごいというほうね(^^)
物がができてくって、ほんとに、これも奥深い。

その他に、紙すきや、器をつくる体験もあり、最後にそれらを
使う場面が出てくる。その感想は。

>「これ竹や粘土や鉄だったのに」
>「自分たちの手で生活用品になったんだよ」「確かに」

ものづくりは、昔は、もっと身近でふんだんにあって、
見る事や体験することがあったはず。
それが、工業・工場化して、特別な場所で特別に作るようになって、
見る事や体験することが少なくなっている時代になってる。

けどね。手仕事で作るって楽しい。同じものがつくれないだけでなく、
もっといい物ができるという、そういうことも楽しみのひとつ。
創意工夫って、楽しいのさっ(^^)

宇宙エネルギー流しながら、ものをつくる。
それはね、宇宙にひとつしかないモノだね(^^)うふふ♪
次に作ったモノは、きっともっとステキだよ♪イェイ!

 2019.03.03

今日は、ひなまつりの日。スーパーのチラシも、カラフル♪
気温はまだ冬だけど、日差しが春なので、着る物にも悩む時期。
春の装いをしたいけど用心を。本物の春まで、もうちょっと♪

このところ、一日一捨てにトライしてる。
使うこともなく、思い出もなく、「ただあるだけの物」をね。
先日は、数回使ったプラスチックのかんざしにバイバイ。
髪から滑って落ちるので、使いにくかったし。

何をしてるかというと、自分の基準のみなおし、更新。
宇宙エネルギー流しながら、要る・不要の基準の変更。


先日、友人と話してたら、古い家計簿を処分したという。
「だって見ることもないし、家族構成が変わったし、
日記じゃないし、今はパソコンで管理してるし~」とのこと。

ネットでも、家計簿は再び見る事のないコレクション。
という考え方もあり、友人と情報交流したのち、じゃあねに。

正解はないけれど、自分の性質にあったことをしてく。
暮らしを楽しむためにね。

今日は、ようやく豆びなを出して、目につく所に飾ってみた。
しばらく飾ってると思う(^^)。行事じゃなく、楽しむモノとして。

宇宙エネルギーをまた封入して、笑顔の一日で過ごそうっと♪

 2019.03.04

ゴボウは、皮の部分に、うまみも栄養もあるので、
皮を洗ったあとは、皮をむかない。そして。
ゴボウ料理を作る時に、きざんだら「水に入れない(さらさない)」

きざんだゴボウを、水に入れる(さらす)と、水が茶色になる。
これはアクが出たのではなく、ポリフェノールが溶けて出た現象。
アクといってたのは、このポリフェノールで、抗酸化作用があるそう。
せっかくの栄養を、わざわざ捨てていることになる。手間をかけて。

なんで、ゴボウを水にさらす行為が広まったのか、とある料理人が
TVで説明してた。
>料理店で、見栄えのため、白いゴボウにするために、
>水にさらしてたのが、どういうわけか、家庭料理に広まったのです。

プロの料理は、芸術品に近いレベルのものがある。
味もだけど、見た目の美しさも追及するのが、プロの料理。
「料理」という単語は同じでも、家庭料理とは同じではないんだね。

品種改良も進んでる、今の野菜たち。
ゴボウといっても、産地や時期、保存のしかたによっても、
いろいろあるから、自分の好みに合ったように料理して、
栄養と食物繊維をとっていこう。味方菌君達も、きっと好き。

ちなみに、「ゴボウの歴史」をネットで調べると、面白いよ(^^)

 2019.03.05

去年9月に、島を除く全道中で、電気が一斉に止まった。
ブラックアウトという現象だ。
TVもパソコンも電話も照明も、電気が来ないので使えない。

情報ゲットの、たのみのつなは、ケータイやスマホだけど、
バッテリーの残量によっては、むやみに使えない。あれま。
ポケットラジオに電池を入れて、情報を確認して過ごした。

電気のない時代に生きてた頃とは、生き方も変わってる。
電気エネルギーがある、ないとでは、生活行動も変わってしまうね。

ところで。早々と電気が通ったり、回復したりの所もあった。
そして、スマホやケータイの充電ができる場所が、情報として伝わる。
行列ができる。何時間も並ぶ。その光景を、のちのちTVで見た。

余震がどうのは、とりあえず置いといて。
並んでたのは若い人が多かった。体力があるとかの話ではなくて。
スマホが使えないことに対するストレスの方が、まさったのだと思う。
今、起きてることよりも。

電気があるとかないじゃなく、スマホが使えないという不安。
現代において、日常を占めている道具のトップにきてるのかも。
持ち運びできるスマホという道具。その道具でつながってるソノサキ。
それらが無いということが、不安になってしまっているかんじがした。

電気が通じて、TVがつき、照明もついた時に、真っ先にしたのは、
通信機器の充電。いつでも使えるようにしておくと、ストレスが小さい。
たとえ、すぐに使わなくてもね。あると安心の範囲で。

ところで。スマホを片時も手放さずに使ってる人たちに、
スマホを一日だけ手放せるか?と、問うと、どう答えてくれるかな。

スマホの前は電話で。電話の前は手紙で。その前には…、テレパシー!
たぶん、通じてたと思うんだ~(^^)。うふふ♪

 2019.03.06

「ヴィオラ母さん」 by ヤマザキマリ

古代ローマとその時代のお風呂、そして現代日本を
タイムトラベルする「テルマエ・ロマエ」の作者さんの、
お母さんのエピソード話。

この本のほぼ終わり頃に、こういうエピソードが載っている。
マリさんがオトナで半世紀も過ぎた誕生日のこと。
マリさんは、自分の誕生日について、こう思っていた。

>誕生日は毎年やってくるものだし、周りの方から、
>「おめでとう」と言われ、あれこれと思うことはあれど、
>同じ時代を過ごしてきたね、関われて良かったねと、
>そういう気分でいたら。

母のリョウコさんから、マリさんに電話がかかってきた。
>「誕生日おめでとう電話」かなと思って出ると、母は、こう言った。

>「今日は、私があなたを生んだ日です」

マリさんは、その一言を聞いてしばらく黙りこんだ後、
>「あ、そうですね。本当にご苦労様でした」と、返事した。

母のリョウコさんは、
>「誕生日って子供にとっては確かにめでたいことだけど、
>それ以前に、生むのにあんなに頑張った自分もおめでとうだな、
>と思ったわけよ」

子供の誕生日は、生まれてくる子供もがんばっている。
生む方の、女の人も、がんばっている。


>お互い大変な思いをした日ということで、
>こんなふうにねぎらい合うのも、間違いではないと思う。
と、このエピソードが、マリさんによって語られている。

なんでヴィオラ母さんなのかというと、できたばかりの
札幌交響楽団で、お母さんがヴィオラ奏者をしておられたから。
北海道でのエピソードもたくさんあって、からっとした風が吹いてる。
という感じで、この一冊を読みました。

誕生日は、自分が地球に来た日だけど、
ここに生んでくれた女の人の活躍があって可能になった日。
でもあるのですね(^^)すごいなあ。すてきだなあ。感謝です♪

せっかく地球に来たのだから、自分のやることやってゴー♪
宇宙エネルギーたっぷりで(^^)

 2019.03.07

「なぜ?」と理由や意味を考える。これも暮らしの一部。

なぜ、着物を着るのがたいへんなのか、メンドウなのか。
簡単に着る方法があるのではないか。と、トライを続けていると。

情報がやってくる。目に留まる。これだ!と閃いたりも。

着物に、ほんの少しの細工をする。これだけでも、かなり便利になった。
帯は結ばなくて済むよう、折り紙の要領で折り、マジックテープをつけ、
5秒で装着のカンタン帯に作り替えた。

ある日、とある番組で、男性たちの今風の着物の着こなしで、
帯ではなく、帯の幅の「皮ベルト」をしてて、良いなあ~と思った♪

と、ここでひらめいた。胴に巻くベルトの部分だけあれば、良いかも♪
背中の飾りとなってるお太鼓部分は、なくてもいいかも♪
その分、帯も軽~くなるし。重くて使いにくい帯は、もうこれ!

で、使ってない帯にハサミを入れ、ちくちく(^^)。胴に巻くだけの帯。
というか、ベルトね。マジックテープをつけて、帯締めを結ぶ。
ほら、5秒(^^) いや、3秒か(笑)

たいてい羽織を着てるので、そもそも、背中部分が見えない。
ならば。このベルト帯で、間に合うのさっ♪
帯が軽いって、らくだな~(^^)。と、つけてみて思った。

帯にハサミを入れるのは勇気が要ったけど、使わない方がモッタイナイ!
エイ♪と、やってみた。できた。これも毎度のことで(^^)

あるから使おう。惜しまず使おう。それは脳もだね(^^)
宇宙エネルギーたっぷりで今日も脳を使ってゴー♪


 2019.03.08

昨日のコラムのベルト帯は、少しだけど細工と工夫がある。
友人に、実際に作品を見せると、その工夫を「いいね~♪」と
評価してくれた。にこっ(^^)

そして何故、帯を切ってベルト帯に作り替えたかの説明をすると、
「それ、よくわかる」と。「軽いのは、大事だよね~」

帯を手に入れて判ったことがある。帯は厚みも長さも重さも、色々。
軽くて締めやすい帯もあれば、どうだまいったかの帯も(笑)

これは店頭で手にとっても、あまりわからないかもしれない。
ましてや、ネットでは、どんなに説明してあっても、想像できない。

厚みと重さ。その他に、ぎゅっと締めても、ゆるんでくるタイプもある。
はてさて、これらをどうしたものか。

と、考えてくうちに。
【新しい道具を作るための、材料、素材】】という見方になった。

このままじゃ使わない。ならば新しい道具へ変身、変更、加工♪
使えるものになるのは、帯にとっても喜びかもしれない(^^)
なんてね♪

宇宙エネルギー流しながら、今日も新しい脳を開拓♪
新しいアイデアも、きっと出てくる。新しい閃きもね♪
それは、とても楽しみだなっ(^^)


 2019.03.09

先日「マイたからばこ」の段ボールを開けてみた。
中に入ってたのは、思い出につながるものや、好きなもの。
開けたのは、この箱に詰めてから初めて(笑)

修学旅行の旅のしおりや、旅の色んなチケットなども入ってた。
で。あっさりと、それらにはバイバイ。
自分には思い出だけど、もう取っておかなくてもいいや。
時間の経過とともに、要る・要らないって、変わるもんだな。

小さな表彰用の盾や、賞状も、バイバイ。ありがとうね。
記憶がよみがえる物もあれば、忘れてしまった物も。

箱の中身の、1/3くらいは、処分したかな。
あとはまた別の日に。それもあそび、楽しみの範囲。

自分の歴史の一部。だから自分で整理した。そういうこと。
誰にも見せない、誰にもあげられない自分史。
なので自分で、ちゃんと処分。宇宙エネルギー流しながら♪

新しい自分史は、これからも増してく。
それは、宇宙エネルギーたっぷりで生きてる自分史だ。
わくわくが、たくさんあるといい。イェイ♪


 2019.03.10

ふと思った。卵の、どの部分が、ひよこになるんだろう?
こたえは黄身にある、ポチっと数ミリの白っぽいもの。
これが胚盤(はいばん)で、ひよこのモトだそう。

>胚盤→胚→ひよこ。黄身も白身も、胚盤が成長するための栄養。
>卵黄は胚盤の栄養になるが、ひよこのお腹に大部分蓄えられる。
>孵ったひよこは、一日目は黄身の栄養で、二日目から餌を食べる。
 by ネット各種より

体内に、しばらく大丈夫な栄養を蓄えてあるって、すごいなあ。
魚の赤ちゃんも、お腹に栄養袋をつけてるタイプのコたち、多いよね。

卵黄と卵白は、成分も役割も異なる。それが一個の卵の中にある。
「進化」とひとことで済ませられないくらいの、とても優れた役割。
どういう過程があって、このしくみに落ち着いたんだろう?謎だ。

哺乳類は、母親の胎内にいる時は、へその緒で胎盤につながり、
母親から栄養を得ている。そして生まれるまで、羊水という水の中で
成長、生活してる。見方を変えると、水生の生物だ。
それが生まれると同時に、酸素のある環境に対応できる。

生き物のもつ、色んな能力や、備わってるしくみについて、
どれほどのことが、わかっているんだろう。たぶんまだ未知も多い。
これからの科学で、わかってくることが増えてくんだろうな。

わからなくても、現象はある。
今の科学で、解明・証明されてないというだけ。
この先の科学が、「そのレベル」に達すれば、解明・証明されるわけで。


宇宙エネルギーによる、様々な現象がある。
今の科学でわからなくても、現象がある(^^)。
あるから、つかおう。生きていこう。楽しいし、味方だもんね(^^)

 2019.03.11

吾蘇慕宇会セミナーイン札幌が済みました。

Mさんによる、身近なことでとても役に立つ情報や、
今現在起きていることに対する考察の仕方も。

色んな事に対し、「確認する」を習慣化する。
それから今年行ってる「とあること」は、自分にもプラス(^^)。
などなど、お話は多岐にわたり、あっという間に一次会の時間が過ぎる。

時間の経過が3次元ではない。というのが実感です。
しかも、身体は軽さを増している。
参加したメンバーも、活性化してる(^^) うふふ♪

2次会では、おおつが、いくつかの話を。
脳の「とあるネットワーク」が、「本来の脳の処理する部位に
つながってる」を前提にする。これが正常な状態だと仮定する。

・ネットワークそのものが、つながったり、とぎれたり。
・ネットワークが、あっちにも、こっちにもつながってたり。
・ネットワークが、本来とは違う脳の部位に情報を送ったり。
・ネットワークそのものが、最初はあったけど、消えたり。
・ネットワークそのものが、最初から無いことが。

などなど、本来あるべき脳内のネットワークが、役割をしない、
果たせないということが起きてるとするなら。

性格だと思われがちだけど、実は、脳の状態や性質の話になってくる。
脳内ネットワークが、そもそも、本来あるべき状態なのか。

これは現象であって病いではない。これは〇〇と分類もできない。
今は、こういう状態で、脳内の情報処理をしていると、そういうこと。

普通なら、あのひと、性格に問題があるねくらいの話だけど(笑)、
もしも脳内の情報処理が少しでも異なってたら、という視点で考える。

考えていると、脳内ネットワークが、育つ、つながる。
宇宙エネルギーたっぷりあるしね(^^)
まずは、自分の脳内ネットワークを豊かにしよう。
それは、未来の自分へのすてきなプレゼントだよ♪


 2019.03.12

旭川では3月上旬に、クロスカントリー・歩くスキー競技で、
「バーサーロペット・ジャパン」という国際大会がある。
今年で39回目だったそう。主に旭川の郊外で行われる。

ところで。この大会は、最初は春分の日に行われてた。
1981年3月21日のこと。そう、その頃は春分の日でも冬のまま。
たっぷり雪が残ってた。街にも郊外にも。全然春じゃなかった。

そりゃ、その頃でも日差しは春のつよさだったし、
大会のあとからは、一気に春っぽさが増したけど。
いつからか、春分の日では雪不足という状態になり、
やむを得ず、大会開催が3月上旬に日にちが変更された。
それくらい、天候が変化してるようだ。

今年は2月20日前後から降雪量が少なくなり、降る日も数える程に。
けれどまだ冬の範囲。去年は3月上旬に、まとまった降雪があり、
なんで今頃…と思ったものだ。

今朝は、うっすらと雪が。そうだよね、まだ3月なんだよね。
4月に入っても雪が降るような地域だもの。あはは。

だけど。閉じ込められるような街の雪の量が、どんどん減ってくる。
減るために、雪割りもする。雪割りは、ほとんどスポーツだ。
コツもテクも体力も要る(^^)

先日、札幌に向かう電車の車窓から見える田畑には、
黒の融雪剤がまかれ、雪の上に太い線が、規則的に並んでた。
それを見て「春が近い、春を呼んでる」と、わくわく。

早く雪をとかし、土を暖める時間を増やす。
あったかい土にするのは大事なことだ。土の微生物にも植物にもね。
ぬくぬくのお布団をイメージすると、そうだねと、うなずくでしょ。

ゆきつ戻りつ春になる。白鳥が空を飛ぶ時期になった。
春まで、あとちょっと。
宇宙エネルギーたっぷりで、正常元気でゴー♪

 2019.03.13

3月に入って、そうだ一日、一捨てをしてみようと思った。
今日もやっている、続いてる(^^)。できるヒトになったワ~(笑)

ルールは、いたって簡単。ボタン1コ、クリップ1コでもOK。
物は無くなってるのに、残ってた説明書や箱。などなど、
見てた(はず)けど、気にも留めてなかった物たち。
引出しを開けると、もうこれは使わない物が。あれれ~。

なにをしてるか。脳の開拓。脳の改革。

要る・要らないの判断は、複雑な情報処理が脳内で行われる。
脳をフルに発動。過去データと照合し、未来予測もする。
そのうえで、要る・要らないを自分で判断、決定する。
あれれ~、いやあ~となるのも、道理だね(^^)

日々の暮らし。買い物は狩りだ。要る・要らないだけでなく、
気に入った・欲しい・試したいなどで、それが高くても100均でも、
手に入れる。そして満足したり、しなかったり。

気がつく、つかないではなく、日々、物が入れ替わってる。
そしてちょっとずつ増えている。気がつかない量と時間とで。

なので、今月は、一日一捨てをやっている。
宇宙エネルギー流しながら。

脳が動くと、物の量の見え方も管理の仕方も変わる事を希望(^^)
うふふ。勝つぞ!
宇宙エネルギーたっぷりで、正常元気でゴー♪

 2019.03.14

見てた(はず)けど、気にも留めてなかった物たち。

脳の同じところだけが動くなら。記憶も認識も同じままだ。
宇宙エネルギーの応援で、脳の記憶や認識もどんどん変化してく。
なので一日一捨てにトライしてる。

物が増えてく理由は、さまざまだ。
片づける片づけない以前の話から(笑)、ひとまずここに置こうとか、
好きだから、もったないから、いつか使うから、誰かにあげるから、
思い出の品などなど、本当に沢山。

小引出しの中のクリップを取り出したら、とある小道具が目に入った。
この小道具、この先も使わないな~と、すぐに認識し判断した。
今日は、この小道具にバイバイ(^^)。

大小は問わない。とにかく、一日、一捨て。

記憶と認識、判断の能力を、鍛えていく。日常生活を利用して。
どこに何がどれだけあるかを把握してく作業。脳がフルに動く、働く。
そのための、一日、一捨て。これが脳トレ(^^)


宇宙エネルギーたっぷりで、元気アップしてると、
物たちの、ずっとここにいるから~サインを、はねのけられる(笑)
あはは。
宇宙エネルギーたっぷりで、新しい自分つくり、自分開拓でゴー♪

 2019.03.15

去年、吸水力の高いタオルの話を、とある番組で見た。
その製品は以前にも、別の番組で特集されてた。
一度目は、ああ、そういう製品があるんだと思っただけ。
二度目は、どこで買えるのか調べ、札幌で購入可能なのが判った。

札幌に行った時に、店に行く前に、念のために売り場に電話したら、
売り切れてて、次の入荷日は未定と言われた。皆さん見てるのね~。

視野を広げ、範囲を広げて、吸水力の高いタオルは他にもあるかな?
と、そういう探し方をしてると、目につく、目につく。そうだったのか~。
色んなブランドが、吸水率の高いタオルを開発してる。まああ。

で、ありすぎて、よくわからない(笑)

一秒とか、一秒以内とか、そういうことを基準にして、
とりあえず、とある一枚をゲット♪許容範囲の価格だったし(^^)

使って判ったこと。お風呂で濡れた顔や身体の水分が、さっとなくなる。
特に髪に対しては、その良さを発揮してると、ワタシは思った。
髪が早く乾くので、ツルツル度がアップしてる感じが♪
もちろん、宇宙エネルギーは、たっぷり封入してるのもプラス要素で♪

この話をメンバーさんに伝えると、同じ製品をゲットしたメンバーさんは、
洗ったあとにタオルが乾くのが早いと言ってた。それはワタシも実感♪
となると、例のあの現象も起きにくいよねと、うなずきあった(^^)

以前から、この「もの」は、あった。それを認識できるようになった。
色んな分野で、身近にこういうことが起きる(^^)。
日々、宇宙エネルギー流しながら、トライしてるもんね~♪勝つぞ♪

 2019.03.16

出先で、何気なく眺めた本が、インテリアの本だった。
「何もない部屋に、好きな家具を置いてみた」という特集があった。

白壁の8畳の洋間。アンティーク調の低い飾り棚を窓際に設置。
その上にはグリーンの鉢や写真立て。床にはホワイトの敷物(ラグ)と、
白木の2人掛けの長椅子と、壁に立てかける姿見の鏡を配置。
小さなテーブルには、編みかけのレースと、ハーブティーが。

どこにも洗濯ものは干してなく、ぬいだ靴下もない(^^)
すてき~♪ながめるぶんにはね(笑)

この部屋の間取りは、あと1.5畳のキッチンと、バス・トイレのみ。
クローゼットはなし。収納がない8畳で生活するには、どうする?

「インテリア・おしゃれ」が優先なので、この部屋にはベッドがない。
2人掛けの白木の椅子で寝るのはつらそうだ。布団をしまう所がない。
ならば。床に寝袋か。寝袋なら、たたんでくるめば、クッション風♪

着るものは、低い飾り棚に入る分だけ。これはなんとかなるかも。
でもコート類はどうしよう。都会とはいえ、要るよねえ。
洗濯はコインランドリーで。料理は少しならできそうだ。
生活用品のストックはキッチン下に収納かな。あ、分別ごみはどこに?

おしゃれは大事だ。こころのゆとりだし。
生活の匂いがしない、けれど生活できる部屋にするには。
数ページの特集だけど、ものすごく、脳トレになった。
なんでも、考えるタネにできるもんだね~(^^)

 2019.03.17

昨日のインテリアの本のベースになったのは8畳の洋室。でね。
この春から就職や進学等で、「都会で」部屋を探すと、
だいたい6畳か、6畳プラスキッチンといったかんじかな。

とある番組で、東京の新居の6畳の部屋に、40個の段ボールを送って、
へんだな~、こんなに狭かったかな~というコを見た。

親元で一軒家にいた場合。自分の部屋には生活用品はない。
独立する時に、自分の持ち物に加え、生活用品と生活家電も加わる。
これが引っ越しして、初めて目の当たりにして、びっくり~のもとに。
6畳って、こんなだった?何もない時は、けっこう広いと思ったのに~。

これも要るし~、あれも要るし~。なんとかなるよね~と選ぶ。
そして都会で荷物を見てびっくり!けど、なんとかしなくちゃ、だね。
入れ物(部屋)の容量の把握。これも脳トレかな。

対極なのがミニマリスト。6畳の部屋には、ほぼ、なにも置かない。
引っ越しも、スーツケース一つか二つ。とてもシンプル。

さらには。リュックに荷をまとめ、毎日宿を移動しながら過ごすかたも。
季節用品などの必要な物はトランクルームに預けて、毎日移動。
仕事がら、それが便利という選択のひとつだとか。

定住するも良し、移動する自由もある。
そもそも、地球にいる、あらゆる人々は、その昔に、アフリカから、
世界中へと広がっていったと言われてるし。

新生活を応援の広告やちらしを見てると、今も、移動は続いてるんだと。
どこが良しということでもなく、ずっとそこでということでもなく。

地球生活を楽しもう。宇宙エネルギーたっぷりで(^^)。
私達は、みんな、宇宙由来。そしてまた宇宙へ。

楽しいデータ、たくさん蓄えよう(^^)。これは、荷物にならないから~♪
そのデータは宇宙へも持っていけるね~(^^)

 2019.03.18

掲示板にメンバーさんがカキコしてくれたけど、
一日一捨て、やってみるのは、面白いですね~♪

あ、ここにこんなモノがある!ここにあったのか!などなど、
忘れてたシリーズが、たっぷりと(笑)

衣替え第一弾で、ちょっと引出しをあけてみた。
春色の日差しの中で考える、選ぶ。
これもこれも楽しんだなあ。じゃあね、バイバイ。

これができる脳になってて、自分でも驚いた。
脳トレしてる甲斐があるなあ(^^)

もちろん、もったいなくて、もとの位置に戻したものもある。
愛着のあるものは、やっぱり色々と考えるし。

だけどね。先日書いた高校生の時に編んだセーター。
上手にできたし、とっておいたけど、突然、もういいやの脳が動いた。
で、バイバイ。ちょっとオトナになったかしら(笑)

脳の動くところが変わると、アイデアも新しいのが出てくる。
脳の稼働領域を広げる、増やす。色んな刺激と触発で。

一日一捨てを続けていると、「考え方」も変わってくる気がする。
脳は、まだまだ使ってないところが、どっさりあるね~♪

ちなみに、もう使ってない・この先も使わない物にバイバイしてるので、
何を捨てたか、それも記憶から、すぐに消えてくの~。あはは。
記憶にもない物が、家の中のあちこちにあるのか~。ならば。

今日も一日一捨てにトライだ♪宇宙エネルギー流しながらね(^^)。

 2019.03.19

先日、郊外をドライブしてたら、丘の稜線に動くものが。
それはキタキツネだった。写真を撮ろうと車をおりたら、
気配を察知したのか走り去った。とても離れてたのになあ。

野生で生きるものたちは、常に五感の能力を発揮して生きてる。
自分が獲物を捕るために、そして自分が獲物にならないためにも。

今どきの「歩きながらスマホ」組は、安全にも危険にも無防備に見える。
外界を歩いているにも関わらず、外界の情報を遮断してるようで。

スマホの画面にも外界の情報にも、どちらにも注意を払ってると、
自分ではそう思ってるかもしれないけど、どうかなあ。
スマホを見ている間、外界からの情報を受け取ってるのか。
今の自分の安全・危険を判断してるのか。うむむ。

安全な場所と空間で、スマホの画面に見入ればいいだけ。
都会で群衆の中を歩きながらのスマホは、相手にも危険が。
ちゃんと前を見てないことがあるし。というか前が見えてないよね。

安全と危険の範囲の話。
「自分を護るということは、相手も護るということ」にもなる。
これを想像、認識できる脳になってるか。

宇宙エネルギー流しながら、想像の脳を動かしていこう、育てていこう。
自分を護る。それは家族を護ることになり、友人、知人も護ることにも。

都会をジャングルと想像したならば。
五感をフルに使って歩く方を選べるよね(^^)。イェイ♪勝つぞ!

 2019.03.20

札幌は、昨日18日に、根雪ゼロ宣言が出た。
本州各地では、今日19日にソメイヨシノの開花宣言が出そう。

旭川は生活道路は、ほぼ、もとの複数車線に戻って広々(^^)
対向車とすれ違うのも大変だった冬の道路は、とりあえず、おしまい。

まだ雪があるけど、自分のところだけ土が出てるフクジュソウは、
どんどん蕾に黄色が出てきてる。咲くのは今日かな、明日かな♪

暖房が入ってる今のうちに、冬服を洗って乾かして、しまう作業が。
だけどまだ冬服、出番があるかもよと、作業を見ないふり(笑)

ふっと時間がとんでいく。ふっと時間がたっている。
オトナの時間って、そういうことだね。
やることは、どっさりあるのに、時間が足りないと思ってる場合。

「今日は、これをやる」が、でき、その他にも何かできたなら、
それらはラッキーの範囲。という発想もありだな。

時間も体力も有限の世界で生きている。
無理と無謀は、のちのち、どこかで、むむむになったりも。

宇宙エネルギーたっぷりで、知恵もゲット、知恵も働くように(^^)
考える力も復活、再生、バージョンアップも(^^)
限られた時間と体力を有効に活用(^^)宇宙エネルギー流しながらね

 2019.03.21

とある目的のために行ってる、一日一捨てを続けてきて。
またひとつメリットが。「勇気の脳」も活性化してるみたい。

これをどうしようかと悩む。特にグレイゾーンの物は。
残しておきたい気持ち、もったいない気持ち、迷う気持ち。
それらに打ち勝ち、おもいきって、エイ!バイバイ。

そのあとは、勇者になった気分(^^)。勝ったぞ!

グレイゾーンの色んな物たち。迷いはあったけど、
もうなくてもいいとバイバイ。ありがとうねとバイバイ。
できるヒトになったと自分を褒める♪

勇気を出す。クリアする。すると、脳にも良い影響が♪
宇宙エネルギー流しながらやってるし!

昨日の脳と別のところを動かして、認識、判断、行動する。

今まで見てたはずなのに、認識してなかった物を認識しだす。
認識すると、今度はどうしようかと思考回路も動く。
この繰り返して、脳が活性化してくる。

そして認識力がアップするだけでなく、勇気も増す(^^)

色んなトライを毎日してる。思うように進まない日も、
やればできる、やってるんだからと、勇気を出す♪

宇宙エネルギーの応援で、脳の稼働領域が広がる、働く(^^)勝つぞ!

 2019.03.22

本州方面では、ソメイヨシノの開花宣言も出て、気温も上がり
3月の春分の日に、早くも25度を超えたところがあったとか。
早々に気温が高くなる。だけど体内の調節機能が対応できるか。
気候と身体のつり合い。今までに経験したことない時代かも。

昨夜の旭川、夜に外で音がする。風で何か飛んでるのかと、
外を見ると、なんと、近所の屋根雪が落ちる音だった。
屋根に積もった雪が、すべり落ちる。かなり、どさっという音がした。

今朝カーテンを開けると、なにこれ?という雪の世界が。
短靴では歩けないくらい雪がある。目測で15、6センチくらい。
南の方から来た旅行客は、これが雪!と喜ぶだろうなあ。

とけてふって春になる。昨日は雨が少し降った。その後みぞれもね。
そして夜には雪に。まだ3月だしね。そういうもんさ。

しまおうかと思ってた冬服たちが、ほらね、まだ出番があるよと、
目に入ってくる。今日のような日は、おとなしく着ちゃおう(^^)
このところの陽気で気分は春だけど、気温が優先。

とはいえ、この積もった雪も、明日になれば、明後日になれば。
気温がプラスになって、太陽さんが出ると、みるみるなくなる。
なんたって、もう3月だからね。

咲こうとしてた福寿草が、また雪の下に隠れた。
次に顔を出す時は、たぶんすぐに咲くだろうな(^^)春色の金色の笑顔で。

気温の変化に対応してくにはエネルギーが要る!暑くても、寒くても。
今日は、宇宙エネルギー流しながら安全無事でゴー♪

 2019.03.23

頭にエネルギーがたっぷりあると。
ジョークもがんがんいけちゃうし、笑顔で過ごすし、笑いも増える(^^)
頭にエネルギーが不足してるときは。
ちょっとしたことでも、くよくよ、ジョークを真に受けて落ち込んだり。

性格だと思われがちだけど、もしかしたら頭のエネルギー量の差かも。

頭にエネルギーがあるか、ないかによって、情報の流れが変わり、
情報の届く領域が変わり、情報処理も変わる。
すると、導き出される回答が、マルになったりバツになったり。
そう、脳内の情報処理ルートが、ほんの少し違うだけなんだと思うの。


同じ人間で、同じ脳で、なんでこんなに日々情報処理が違うのか。
川の流れで例えると、たっぷりと水量がある時は、川下まで水が届く。
その先の海まで水が届く。山からの栄養も、水と共に海に届いてく。

少ない水量の時は、川の途中で、流れがなくなったり、細くなったり。
山からの栄養も、海に届くことなく消えてしまう。
そういうイメージをするならば。情報が、どの領域に届くかってことで。

頭は膨大にエネルギーを利用する部位。あると、動く、働く。機能する。
エネルギーが少なくなってくると、あれれ、ってことが、色々と。

身体のエネルギー消費が大きい日は、頭に回すエネルギーが減少。
すると、いつもと違うことをしたり、どうでもいいやになったりも。
頭が、うまく、いつのものように動かない。

ザ・偉大なる流れから貰う宇宙エネルギー。
特に、上位者のトリートメントを受ける、エネキャップを装着すると。
頭が、さくさくと動く、機能する。だけでなく、性格の明るいところが働く。


年度末で忙しい。冠婚葬祭や行事も色々と。
宇宙エネルギーをたっぷりゲットして、安全無事でのりきってゴー♪

 2019.03.24

時々、ジャムをつくる。保存しないタイプのを。
常温で保存するタイプは、菌君たちとのバトルがある。
何もかも煮沸して、色んな手間をかけて常温保存のジャムに。

シンプルでもいいよね、常温保存じゃなくてもいいよねと。
2、3回の食べきりの量でつくって冷蔵庫で保存。これもマル♪
最初から小分けにして冷凍しても大丈夫。こういう発想もある。

去年は、色んなジャムにトライした。
面白かったのは、バナナ。桃もサクランボも美味しかった。
熟れすぎててもOK。B品でOK。可食部分を残して、刻む。

重さの30パーセントの砂糖をまぶして、半日以上ほうっておく。
砂糖の浸透圧で、果物の水分が染み出てくる。
その後30分~ほど、「ホタル火」で加熱。それでも沸騰してくるよ。
たんぱく質や酵素は高温に弱いけど、これならかなり、いけてるかも。

使う砂糖も、黒糖系のミネラルが入ってる製品を使ってる。
なので出来上がったジャムの色は、ほんのりとダーク。
でもね。美味しいの。すごく美味しいの。

もとより、ペクチンで固めるつもりはないので、レモンもなし。
果物と砂糖だけ。だから柔らかい果実とジュースに分かれたまま。
柔らかい果実はパンにつけて食べる。ジュースは水で薄めてゴクゴク♪

宇宙エネルギーたっぷりのジャム(^^)。おいしいなあ♪
ほんと、高級なジャムだよ~♪♪

 2019.03.25

吾蘇慕宇会セミナーイン旭川が済みました。

Mさんによる、色んなエピソードが盛りだくさんで。ラッキー♪
たんぱく質や酵素に関する話、さらにはそれを応用した
科学的な料理の話から、身近な事例をあげての考え方も。
脳の色んなところが、触発を受ける。活性化してくる。

そして、休憩をはさんだあとで。
Mさんは参加者に、宇宙エネルギーのとあるプレゼントを。
参加者は、すぐさま動いてみて、その効果の凄さを実感(^^)

Mさんは、そのあとで、行ったことを私達に解説してくれたので、
この先のトリートメントも、さらに楽しみに♪

現実に効果を実感できる。
それは、積み重ねと応用があってますますレベルがアップしてる。

続けている私達に、なおそれがわかるのも、
ザ・偉大なる流れから貰う宇宙エネルギーが本物だから。

見えなくても、現実に実感できていることが沢山。
うれしいね。たのしいね(^^)

一次会で変身、レベルアップした参加者は、
二次会で、ウルトラのイベントを(^^)(^^)
それは、これからも続く、とあることのひとつで。

わくわくは、この先もたくさん。アップするぞ、勝っていくぞ。
宇宙でも地球でも生きてるんだしね(^^) イェイ♪

 2019.03.26

宇宙エネルギーたっぷりの日々で、脳のネットワークも進化、変化。
そして、色んな情報をゲットしたり、行動してるうちに。
モッタイナイの基準も、ちょっとずつ変わってきた。

そのひとつに「ストレスとバトルしてるのがモッタイナイ」がある。

使いにくい道具、書きにくい文房具。着ずらい服、靴下。
まだ使える。それは事実。不満があっても使ってきてるしね。

だけど待てよ。
不満やストレスを感じながら使うのって、どうなんだろう。
そっちのほうが、もしかしたら、問題なんじゃないか。
ストレスとバトルする時間。短くても、無い方がいいんじゃないか。

ということで、塗りにくいスティックのり、書きにくいボールペン、
などなど、ストレスを感じて使ってた道具たちに、バイバイ。
足首のゴムがゆるくて、ぬげそうになる靴下にも、バイバイ。
予備があるし、なんなら春の靴下を散歩がてら探してもいいし。

コラムに書いた着物の帯をベルトに作り替えたのも、
ストレスとバトルするのがモッタイナイから。
使いにくい帯。なんとかならないかと考えて、作り替えに着手した。

物の処分だけでなく、新しい物にしてくことで、
「ストレスとバトル」を少なくしていける。

宇宙エネルギー流しながら、小さくてもストレスを見直していこう。
やったもの勝ち♪勝つぞ!

 2016.03.27

有名なアニメ映画、「魔法使いと魔法でおばあさんにされた少女と
動くお城のお話」を、なんの気なしに音を消してながめた。

字幕が出てくるし、何度か放送されてるので、ぼうっと見てると。
おや?
声優さんとは全然違う声が、脳でひびく。
魔法使いも、おばあさんになった少女も。

絵に対して、ワタシがイメージする声とでもいうか。
これは初めての経験だったので、とても面白かった。

この話をメンバーさんにすると、
「本を読んでいると、そういうことがありますよね」と応答してくれた。
ああ、それだったか~。

いつもは、音声付きで、画面を眺めてる。
だけど音を消してみると、思いがけず、自分が絵に対して
イメージする声が現れてきた。脳内で。

本を読んでいると、文字だけで表現されてる主人公の、
姿・形や声までも、自分でイメージ・想像して立体にしている。
なので映画やアニメになった時に、自分のイメージと異なると、
あれれ?となることも多い。

脳は、自由に、色んなことをしてるんだなあ(^^)。
楽しむことを一番知ってるのは、脳かもねえ。
宇宙エネルギー流しながら、楽しい事を組み込んで過ごそう♪
それも人生だよね、きっと(^^)

 2019.3.28

冷凍庫を開けると、とろろ昆布を巻いた、おにぎりが1コあった。
そうだ冷凍しておいたんだ。見つけたから食べよう♪
レンジで解凍しようと思ったけど、ふとひらめく。煮て、おじやへ♪

小鍋に適当に水を入れ、冷凍おにぎりを、凍ったまま投入。
とろろ昆布も、中の梅干しも、味の深みのもと♪

小鍋なので、すぐに沸いてくる。冷凍おにぎりをツンツンして崩す。
沸いたので、火を小さくして、卵を割っていれて、かき回す。
エネ塩、エネしょう油を入れる。火を消し、蓋をしてちょっと置く。
それから中身を器に移すと、湯気が上がる。良い香りも(^^)

料理の本なら、ここで三つ葉をのせたり、刻みのりをかける。
けど、そんなこと、一般人はしない。パス!(笑)

ごはん粒の芯まであったまってて、レンジでチンより美味しい♪
冷凍のまま煮ても大丈夫だった。冷凍ごはんも、これはいいな。
ふつうのご飯からおじやにする感覚。硬さを確認しながら煮るだけ。

キャンプだけでなく、例えば電気が使えない時でも、
カセットコンロで冷凍ごはんや冷凍おにぎりを煮るのはありだなあ。
「解凍」ではなく、「解凍しつつ、別の料理にしてしまう」発想。

見たり聞いたり。興味を持つ。好奇心を持つ。
なんにでも、あてはまるね(^^)。
そして、あそんじゃおう。おもしろがってみよう♪
宇宙エネルギー流しながら(^^)(^^)

 2019.03.29

進化というと、複雑化するというイメージがある。

単純だったのが、混合、合成、複製されて、サイズも大きくなり、
システムも複雑になっていく、というようなカンジ。
ところで。色んな研究や発見がある中で。

単純化という進化を選んだタイプの生き物がいるらしい。
そういうことがわかるようになってきたそうだ。

うむむ。進化っていうのは、そっちの方にも進化できるのか。
生き物でも機械でも、複雑に進化してるタイプが目に入るけど。
実は「単純化の方にも」進化してるとしたら。

今までの考え方だけでは、答えに届かないかも。

複雑な方が有利な場合もあるけど、
単純の方が有利な場合がある。
どっちもありなのだ(^^)

この、単純化を選んだタイプには、「ウイルス」くん達がいるらしい。
他にも、もっといるかもしれない。探し方が変わると、見つかるかも。

宇宙エネルギー流しながら本を読む、新聞を読む、ネットやTVを見る。
新しい情報に気が付くようになるのも、楽しい(^^)

 2019.03.30

家庭で、女性が家事を担ってることが多い文化の中にいる。
ひとりで、あれもこれもと、日々を忙しく過ごしてる。
丁寧にする日もあるけど、ささっとしかできない日もある。
なんたって、身体はひとつだしね。

そういう日々で、妻が夕食を用意する。
帰宅した夫が、食卓を見て、
「え~、おかず、これだけ?」

さあ、どんな反応をしますか?
料理を用意した奥さんになった気分で、考えてみて(^^)

とある方に、これにトライしてもらったら、
「納豆も卵も冷蔵庫にあるよ。なんなら自分でとってくれば」と、
そういう反応を♪おかずを足すパターンですね。

「忙しいのに、疲れてるのに、がんばって作ったのに、なにそれ」と、
がっかりしたり、怒ったりもある♪努力を無視されたって感じかな。

でね。皆さん、すごくシンプルにしてみよう。夫は、
「おかず、これだけ?」と、【質問してる】という見方ができるの(^^)
ならば。答えは。

「はい」

だけ。他は、無し(^^)。

聞かれたことに、答える。何もつけない、何も足さない。
言葉も、感情も(^^)

暮らしは毎日連続してく。
限られた時間と体力では、できる作業量は、ほぼ決まってくる。
余分なできごとがあった日は、日々の作業を一つ二つ減らしたりも。
そして、元気な自分を維持してく。

で。元気な自分を維持してると、今日は、いつもより気分もいいし、
たまには、これをしてみようかと、腕をふるったりもできる(^^)

宇宙エネルギー流しながら、明るい脳を動かしていこう。
円滑なことも、たくさん起きてくるよ、きっと♪

 2019.03.31

先日、とある料理人の方が、ご飯を茶わんに入れて、
味噌と梅干をのせ、お湯をかけて食べるのを紹介してた。

味噌を溶かしつつ、ご飯を食べる。味噌の味の濃い所や薄い所があり、
変化を楽しみながら食べられると言ってた。

むか~しのごはんって、こういう感じだろうなと、見てて思った。
バランス良くとか、見栄え良くとか、色々あるとは思うけど。

自分が食べる。お客に出す料理ではなく、自分が食べるなら。
これは、ありだなと(^^)

足し算の料理もあるけど、引き算の料理もある。

手間をかけるのが料理という本が、世には沢山あるけど、
「単純で美味しい」だけのシンプルな本は、なかなか無い。
え、あるよ?でもね。

簡単料理の本も現れてきたけど、実はね。
本を作る側の意識がまだシンプルになりきれてない。
どりらかといえばインスタ映えしそうな、カラフルな写真で。
おいしそうに見えるけど、作る気が起きないのはナイショ(笑)

どこらへんで、折り合うか。
シンプルに、ごはんに味噌、梅干しをのせ、お湯をかけた写真を、
おいしく見せる写真家が、この先に現れてほしいなあ(^^)

こういうのも、脳トレのひとつ。あそんじゃおう。
宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、楽しもう♪♪勝つぞ!!

             

    
おおつランド総ページへもどるトップページへもどる