「これ」という基準のないモノに囲まれてる。「あいまい」に、勝ってくよっ♪

 絵画風の景色写真♪


「がんばる」にも、基準はない。全くない。
とってもあいまいだ。

Aさんが、がんばってるとしても、Bさんには、それじゃ物足りない、
もっとがんばって。と、はてしなく要求されるのが「がんばる」だ。

見渡すと、「これ」という基準のないモノに囲まれてる。
さきほどの「がんばる」もそうだけど、

「うまい演奏」「うまい文字」「うまい絵」なども、基準がないような気がする。

これらについては、受け取る側が「好きかどうか」が基準のこともある。

評論家が、どれほど「うまい」と褒めようが、受け手のほうは、
「やっぱ、わかんな~い。好きじゃない」なんてことがある。

明確な基準がないことによる評価・判定。
しかも、ジャッジによって、全く違うことさえ。
これは、どの時代にもどの分野にも、あるよね。

がんばれって言われて、もうこれ以上がんばれない。
というのも、よく聞く。
これは、「がんばる」の規準がないことによる。

なので、自分の規準で、判定しよう。
がんばってがんばって、そして倒れる時代は、もう終わった。

自分としては、ここまでがんばったから、一休みする。
という選択も選べるようにしておこう。

休んだ後は、また動ける。がんばれる。
休んだあとは、また「うまくなる」にチャレンジできる。

ニンゲンは休まずに何かをするようには設計されてない。
進化の最中でも、休まず動けるという変化が起きなかった。
シンプルに、そういうことかもしれないのさっ(^^)

がんばりやさん達のがんばりで、世の中は動いてるけど、
がんばりやさん達の代わりは、いるはずもない。

疲れたら、がんばらないを、がんばって(^^)
というのも、生きてくノウハウなんだそうです~。

規準は、みんな、バラバラ。あいまいってことなのさっ♪

今日も、宇宙エネルギーたっぷりで、あいまいな基準に勝っていこう!

宇宙エネルギーたっぷりで、今日もポジティブでゴー♪

 

タイトルとURLをコピーしました