おはぎと赤飯は、毎日スーパーで売ってるよ、北海道では。

  天人峡の忠別川。これは下流で石狩川と合流♪


おはぎ。ぼたもち。赤飯。
いわゆる、行事食。お祝いや季節のね。

ところで、北海道民は、いつでも、ふつ~に、これを食べてる。
専門の店もあるし、スーパーでも、「毎日」ふつ~に売っている。
なので今では普通食というポジションに。行事食、特別食ではなく。

ずっと昔は、あずきを炊いて、あれしてこれして…と、
各家庭で作ってた。一度に、たくさん作ってた。
けれど今は、欲しい1個や2個を買ってくる時代に。

北海道の赤飯は、食紅でピンクに染め、甘納豆が入ってる。
いわゆる、あずきの赤飯もある。この辺は、お好みで。

友人に教わったレシピ。

>もち米2と、ふつうの米1の割合で、ふつうの水の分量で、浸水。
>その水に、食紅を割りばしの先に、ほんのちょっとだけつけて、
>ピンク色にする。
>その後は、炊飯器で、普通に炊く。
>炊き上がったら、その中に、甘納豆を洗わずに投入♪
>フタを閉め、20分くらい待って、かき混ぜる。

蒸さない赤飯、炊く赤飯のできあがり(^^)

日本は広い。その土地ならではの文化は、今もある(^^)

昨日は中秋の名月の日で、月見団子を食べた方もいるかな。
これもたぶん、行事食だよね(^^)

旅先は、たいてい観光地なので、その土地の人が行くスーパーを
訪れることは、まれかもしれないけど、
行ってみると、色々発見があるかもしれないよっ(^^)

北海道に来たら、いつでも売ってる「おはぎ・赤飯」を、
眺めてみてね。イェイ♪

10月を楽しもう♪北海道を楽しもう♪日本を楽しもう♪
宇宙エネルギー使いまくりで!

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、ポジティブでゴー♪♪♪勝つぞ!!

 

タイトルとURLをコピーしました