イキモノって、なあに?いつから地球にいるの?

 上野ファームにて。


コブシ、サクラ、レンギョウ、スイセン、ヒヤシンス…。
春の花が、これでもかと一斉に開花。
雪どけは早めだったけど、花が咲くのは、まあ、例年なみ。

それでも、以前よりはちょこっと早いけどね。

開花点に達したら、咲く。そういうことなんだよね。
決まりきった〇月〇日に咲く、なんてこともなくて。

しかも、順々に咲いてく。一斉に咲くわけでもなくて。

気候や気温の変化にも、誰かは対応してく。
誰かの種は実を結び、誰かの種は、リレーしてく。
次世代へとね。

イキモノって、なあに?いつから地球にいるの?

>北大低温科学研究所で、隕石から生物の遺伝子の
>「材料」となる5種類の主要塩基全てを世界で初めて
>同時に検出した
by北海道新聞より

グアニン、アデニン、ウラシル、シトシン、チミン
5種類総てが検出されたそう。

材料が揃った。さあ、これを組み合わせると…。
って、材料だけじゃ始まらないけど、
材料があれば。組み合わせることができれば。
って、わくわくは、どんどん広がっていく。

地球のイキモノすべてに、あてはまるのかもしれない。

私達の由来、材料は、宇宙かもしれない。
って、もちろん、地球は宇宙に浮いてるんだから、
そもそもは宇宙由来だけど。

けど、きっかけが、隕石に含まれてた化合物ならば。

それをもとに、地球という環境で、色んなイキモノが生まれ、
進化し、生き続けてるのなら。

このすばらしく大量ないきものたちが、互いにバランスとりあって、
支えあって生きてるっていうのも、すごいことだとおもう。
ひとり勝ちは、ナイ。
これも、すごいことだとおもってる。

地球って、いったい、ナニモノ?

と、今日は、そこまで発想が広がった。
イェイ♪

今日も、宇宙エネルギーつかいまくりでゴー♪安全無事でゴー♪

今日も宇宙エネルギーたっぷりで、ポジティブでゴー♪


☆☆2022年の吾蘇慕宇会のゴールデンウィークのお知らせ☆☆

【5月1日(日)はお休みしますが、それ以外はトリートメントを行っています】

今年のゴールデンウィークも、、慎重にね。の呼びかけが。
ならば。ゴールデンウィークに、上位者のトリートメント三昧という発想もあります。
この機会を有効活用。連続トリートメントで、生きる力アップ!免疫アップは、お勧めです!

☆吾蘇慕宇会のゴールデンウィークは、祝日もトリートメントをお受けしていますので、
お気軽にどうぞ(^.^) (5月1日(日)のみ休みます)

※今年のゴールデンウィークは、エネチェックを継続します。(5月1日(日)は除く)
ただし、つながる・つながらないがあります。これも研鑽の一環です。

タイトルとURLをコピーしました