モノの「価値に対する認識」

 出先で。うさぎ人形♪


モノの価値に対する認識。

朝、ふっと思った。モノに対する価値観って、
そもそも個人で異なることがあるなあ。と。

もちろん金や貴金属みたいに共有できる価値感ってあるけど、
もっと範囲をせまくして。

自分の身の回りのモノ。
今現在、使ってるモノ・思い出の品は置いといて。

あるけど忘れてたモノ。ただ置いてあって邪魔にさえしてるモノ。
例えば、「これらを手放そう」と言われた時に。

自分の中では、これは「価値のあるモノ」と認識してるなら。

そりゃ、手放すのは勇気と元気がいるよね。
なんたって、「価値がある」んだから。

バブルの頃の高かった服。きらびやかな服。
今の時代は、外に着てくことができない。
だからといって室内でも着られない。サイズがあったとしてもね。

けど、「高かった」の記憶が。それは今でも「高いまま」なのかも。

モンダイは、それがタンスやクローゼットの大半を占めていて、
いつも着ている服は、家のソファやあちこちに点在してること。かな。

当人には「価値がある」ので、今も置いてあるんだけど、
その他のヒトには、「価値があるの?」っていうことが。

モノの「価値に対する認識」

時代でも変わるし、ひとりひとり異なる。
誰も入り込めない領域かもしれないけど。

でも、当人には入れる、変えることができる領域。
なんたって、「自分の持ち物」に対してだからね。

過去には価値があった。
けれど今は価値がなくなってしまった。というものがある。
これは、現代ならではの現象かも。

ということを、なんとなくひらめいた朝でした。
さあ、また新しい自分になって、イロイロトライできそう(^^)

宇宙エネルギーたっぷりで、今日もポジティブでゴー♪

平穏な状態が、早く戻ってきますように(^^)
会ったり話したりが、普通にできる日々でありますように(^^)

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、ポジティブでゴー♪♪♪勝つぞ!!

 

タイトルとURLをコピーしました