私達ニンゲンの未来は、ずっとニンゲンなんだろうか(^^)

日本各地で、朝の気温がひとケタの時期に。
けれど昼間は20度前後のところも、かなり。
太陽さんが出ると、気温よりも、もっとポカポカで、過ごしやすい(^^)

紅葉のピークが過ぎたところあり、これから紅葉のところあり。
日本って、広いなあ。

パンゲア大陸という超大陸があったという説が。
それが次第に分裂、移動し、いまあるような数々の大陸に。
その形跡が、化石等で証明されている。

恐竜は、そのパンゲア大陸の頃に現れて、その後分裂した
今の大陸になり、いなくなったらしい。

地球に衝突した隕石により、環境変化でいなくなった説もあるけど、
そもそも大陸分裂による環境の変化は、彼らには、
どうだったんだろう?

巨大な超大陸。海から遠いところは、乾燥してただろう。
そこでの植物は育ちにくいのでは。種類も少ないのでは。

大陸が分裂し、地面が隆起し、山ができる。
山ができれば川もできる。
植物にとっても、生存を広げるチャンスが。
もちろん、それを食料とするチームにとってもね。

と、パンゲア大陸と、今の日本列島を比べて考えると、
日本は、とても環境の多様性があるところだと思う。

この多様性は、たくさんのイキモノにとっても、恵まれた環境に。
山地も川も多く、湿度もあり、それらを糧とするイキモノが多大。

種類がたくさんということは、一人勝ちのない状態と言える。
互いに、折り合って生きてるということだ。

そういうふうに、生きてきてる。地球の歴史の中で。

恐竜の一派は、今現在の鳥類となって生きのびている。
私達ニンゲンの未来は、ずっとニンゲンなんだろうか。
それもこれも脳トレで(^^)イェイ♪

タイトルとURLをコピーしました