覚えていられる量。昔と今では、変化してるかも。

レッサーパンダ♪


家の中にある引出し。年に一度もあけないものが。
あけてみると、そうだ、こんなのがあったんだ~。
で、ぱたりと閉める。あはは。

外の景色。室内の光景。引出しの中。
見てるけど、あんまり記憶してなのかも。

例えば、たまに通る道。いつのまにか空き地で。
あれっ。ここに、何が建ってたんだっけ?
みたいなことが。

家の中で、置物を変えても、誰も気がつかないことも。
そもそも、そこに何があったか、覚えてなかったり。

だんだんと、覚えていられる量が変化。
入るのも、出るのもね。

定住すると、だんだんと使わなくなったものが、じわじわ増える。
家族構成や年齢が変わってもね。
新しく必要なものが増えても、以前のものも置いてある。

それは、なじみの景色だから。ということらしい。

見慣れた室内の光景に、特に注意を払うことはない。
ないまま、長年過ごすということがわかった。

なので。脳トレ。自分の基準値の変更。

好きなモノ、使うモノ、それらを残そうなどの片付け本や記事を、
いっぱい読んできたけど、
「覚えていられる量」にしようというのは、今までに見た中では、出てこなかった。

年齢にかかわりなく、自分が覚えていられる量にしてく。
好きなものや使うものは、「覚えていられる量チーム」に入る。
これは、記憶の容量・質の範囲ということかも。

着なくなった服、使わなくなったものは、記憶から、こぼれている。
そうだよね~。
記憶の容量は、有効に使ってるはずで(^^)

ならばと、日々、脳トレをしている。

色んな暮らし方がある。色んな楽しみ方がある。
そのひとつに、「覚えていられる量」だってある。イェイ♪

宇宙エネルギーたっぷりで、今日もポジティブでゴー♪

平穏な状態が、早く戻ってきますように(^^)
会ったり話したりが、普通にできる日々でありますように(^^)

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、ポジティブでゴー♪♪♪勝つぞ!!

タイトルとURLをコピーしました