選ぶのは自分。選ぶのは自由。ハッピーな方を選ぼう。

 出先で。ラベンダーは満開に。


縫物や料理などの本を書く人は、
「基本的に」、それが好きという人が書いてる。

超初心者が、なにができて、なにができないのか、難しいのかが、
すっとびになってるのは。

だって、【そんなことは当たり前じゃん】の脳だから。
そして、手間もどんどん足されてく。
だって、【こんなことは基本に決まってるでしょ】の脳だから。
こういうのが、とても多い。

縫物も料理も、基本的なルールはあるけれど、
どうしても、こうじゃなきゃっていうけど、そうでもないことも沢山。

Aさん「この雑誌に載ってる直線縫いの服を作りたいです」
先生「そんなの作れません。作っても着れません」
Aさん「え、でもこのモデルさんは着てますが」
先生「・・・」

洋裁という縫物は、自分用の型紙を作ってから、進んでく。
この「型紙」をパスしたいAさんは、直線と直線の布を縫い合わせて
洋服を作ろうと思った。なぜなら。着物がそうだから。

ところで、【型紙を作るのが当たり前の先生】には、受け入れられなかった。

う~ん、自分で作るんだから、なるべく早く作って早く着たいんだよね。
どうかすると時間がかかって季節を逃すこともあるし。
と、Aさんには、Aさんの理由があるんだけどね。

型紙を作って着ても、着心地が良いかどうかは別なことを、
Aさんは経験して判った。もちろんマイサイズなんだけど、なんとなく違う。
伸びない布で作るので、ゆとりの幅をもたせた方が着る時にラク。
この、ゆとりの幅が、デザインによっても色々あるみたいだなあ。

色々知ってると、色んな選択ができる(^^)
今の自分ができる範囲でね♪
昔と今では、利用できる時間が少ない。その中で、できることをしてる。

こういう発想もあり♪(^^)。

簡単な方が、色々作って、腕を上げてくこともあるし(^^)v

選ぶのは自分。選ぶのは自由。ハッピーな方を選ぼう。
それが複雑なことだったりもある。シンプルなことだったりもある。
日によっても違いがある。
だから、楽しいのさっ(^^)イェイ♪

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、楽しもう♪♪勝つぞ!!

タイトルとURLをコピーしました