モノづくり。これも技術の積み重ねなんだよね

上野ファームのバラたち・パート4











モノづくり。
道具と材料があれば、誰にでも出来ると思いがち。
だけど道具と材料があっても、作り手の腕(技術)とセンスによって、
出来上がりが、まるで違うモノになることさえ。

というのが、モノづくりの世界なんだそう(^^)

>デジタルデータは簡単にコピペできる。なので、ソフトウエアは
>世界中に急速な勢いで広がった。

けれど、
>「ハードを製造する技術」は全く異なる

いまや、製造技術は、ナノスケール(1ナノは10億分の1メートル)での
精度が求められていて、しかも理論とおりに製造できるかのレベルでの
モノづくりなのだそう。こういう技術は「コピペ」が不可能。

できる会社、できる環境、できるヒト達が揃うかどうか、かも。

という記事をネットで見つけて、そうなんだ~に(^^)
https://news.yahoo.co.jp/articles/64b8a4f4c25f8baa37616b57095ce15fe9010dca?page=1

新しいアイデアは外国産のことが多くても、
さらに発展させてぐっとアップするのが得意な人々が多い国。
今に始まったことではなく、ずっとそうだったのかもね。

江戸の後半に黒船を見て、和船の技術から、
それに匹敵するような船をつくっちゃった船大工たちの
物語を読んだことがある。
構造を理解、工夫して、作っちゃった。
なんということでしょう♪

技術はたからもの。
そこに至るまでの過程もたからもの。って思ってる。

つくって終わりじゃなく、それがずっと使うことができる。
というレベルでのモノづくり。
すごいことだよね。

宇宙エネルギー流しながら、何かしらつくってみるのも楽しいね♪

 

タイトルとURLをコピーしました