暦は時代によって、一日の始まりも違うし、一年の長さも違う(^^)

 クリスマス3勇士(^^)


 

こよみ。
今はお日さまメインの太陽暦で、1年が12か月だけど、
かつては、お月さまメインの太陰暦の時代があった。

太陰暦は、約3年に一度、13か月になる。
しかも増えた1か月は、3月と4月の間、7月と8月の間、
12月のあとなど、一定でもなかった模様。

月の満ち欠けで、その日が何の日かわかるので便利。
15日は必ず満月。汐の満ち引きも計算しやすい。

ただし、地球が太陽の周りを回ってるので、一年の長さに
ずれが出てくる。これを調節するための13か月。
今の太陽暦でも、4年に1回1日を増やしてるよね(^^)

ネットで調べると、今日は旧暦で11月10日になるそう。
旧暦だと、まだ師走にもなってないんだねえ。

とはいえ、今は太陽暦で、今日はクリスマスイブで。
今年もあと8日なんだね。

今は、日の出が一日始まりだけど、昔は、日暮れで
一日始まりという数えかたのところがあったそう。

なのでクリスマスプレゼントが25日の朝なのは、
クリスマスの日が、前日の日暮れに始まってるから。
という説もある。

ほんと、色々あるんだね。
ちなみに、北海道では、31日から、おせち料理を食べます。
これも、日が暮れたら日付が変わって、新年だから。
という古式の考え方によるんだそう。

基準も、ほんと、さまざまだねえ(^^)
今日も、宇宙エネルギーいっぱいで楽しんでゴー♪

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、ポジティブでゴー♪♪♪勝つぞ!!

 

タイトルとURLをコピーしました