料理はね~、ほんとは自由なものなんだよね♪


とあるスィーツショップにて、ハロウィンの頃で。


料理はね~、ほんとは自由なものなんだよね~♪

北欧の料理研究家が料理する番組を、ながめてたら。

>お砂糖は、大さじ2杯くらいね。ワタシは甘いのが好きだから、
>もう少し足しちゃうけど。ほらね。
計量スプーンの大さじではなく、普通に食べる用スプーンを使用。

>バターはたっぷりの方が美味しいから、これくらい入れて。
見ると、日本で売ってるサイズの半分くらいを、フライパンに。

とても楽しそうに料理してる。
アニメ映画で見た、暖炉兼かまどを使って料理してたりも。
洗面器サイズの平たいカラフルなボウルも、カワイイ。

材料の量も手順等も色々あると思うけど、それは番組内に出ない。
楽しさが伝わる、食べてみたいと思うような構成が優位。
最後に作った本人が食べて、美味しい表情の顔が映る(^^)
そして北欧の景色も。

日本の料理番組って、ほとんど理科の実験みたいだなあ。
外国の番組と比べてみて、わかったことのひとつ。

プロの料理人では、計る、手順などは必要なことだけど、
日々の家庭料理は、別の発想でいこうと、ちょっと思った。

食べたもので、私達はできている、動いている。
私達だけでなく、味方菌チームもね。
宇宙エネルギー流しながら、シンプル料理にトライでゴー♪

家庭料理って、どういうふうに作っても良いのさっ(^^)

 

タイトルとURLをコピーしました