いつでもどこでも、「みんなが同じ歌を聞いてた」時代があった♪


出先で。つやつやのコーヒーの木のグリーン♪


令和になってのヒット曲、バズってる曲は、
ネット経由というのが、増えてるらしい。
そこでは、自分で歌ってみた、踊ってみたの動画も沢山。
年齢層も多々。若いだけではなく、子供から高齢者まで。

新しい歌も多いけど、昭和に流行った曲も増えてる。
そう、今時の若者たちには、昭和の曲が新鮮なんだそう(^^)
すぐに覚えて口ずさめる。一人でも大勢でも歌える、踊れる。

マシンで作り込んだ歌や音も増えてるけど、
シンプルだけど、ゆらぎのある歌や音には、
「心地よさ」があるなあと、ワタシは思ってる。
特に昭和や平成のはじめのはね。

歌詞に共感する。これは昔も今もあると思うけど
令和の歌は、言葉数が多いので、説明文を聞いてるかんじ。
なので共感というよりも、ほほ~。で、終わる。ワタシはね。

物語をつくるように、作詞もしたし、メロディもつくった。
楽譜はかけなかったけど、作詞しながら歌ったうたは、
今でも、自分の中に残ってる、オリジナル。

先日の伝説のアイドルのラストコンサート。
今どきの若者たちも、往年の若者たちも、
新鮮な輝きを受け取っただろうな。

いつでもどこでも、「みんなが同じ歌を聞いてた」時代があった。

令和の歌や歌い手は、どんな輝きを放ってくのか。
それも、楽しみのひとつ。

今日のBGMは、「赤いスイートピー」(^^)イェイ♪

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、ポジティブでゴー♪♪♪勝つぞ!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました