脳は、運動、触る、痛いの順で、優先順位をつけている。

ぴっぷスキー場の雪も、残りがわずかに。


「痛いところに手を当てるのは、なぜ?」 by チコちゃんに叱られる

解説は、柿木隆介医学博士   2018.11.30放送回より

>脳は意外と単純で、複数の感覚が一緒に来ると
>優先順位をつける機能があります。

その感覚の優先順位は、

運動
触覚
痛み
冷覚
かゆみ

>痛みより触覚の方が、優先されるんです。

>痛みを感じた時に、その部分をさすると、痛みの感覚よりも
>触ったという感覚を、脳は大切だと認識して痛みが減る、和らぐ。

>「痛いの痛いの飛んでいけーってさするのは、
>科学的に正しいんです。

と、柿木博士。第3者が触っても、同じくらい和らぐそう。

炎症を伴う痛みは別として、慢性的に痛いとか、
原因はわからないけど痛いには、けっこう効果あるかもと、
放送を見てて思った。

もちろん、手のひらから遠赤外線が出て、血行が良くなるという
研究もあるので、複合的に、結果になってくのかもね。

私達宇宙エネルギー使いは、あれもこれも(^^)。

手のひらから宇宙エネルギー流して、痛い所に手をあてる。
痛いところだけでなく、痛みをおこしてるところも、
浄化・トリートメント♪

そもそも痛みの原因って、ほんと複雑で、特定できないものも
多々あるらしい。そういう時に、こういう情報を知って実行してくと、、
ストレスを小さくしていけるのも、いいよね。

出会って良かった、
ザ・偉大なる流れから貰う宇宙エネルギー!
出会って良かった、
吾蘇慕宇会!

今日も科学知識をもとに、色々くトライしてみよう(^^)


【お知らせ】

エネボディースーツとエネキャップに、キャンペーングッズとして、
【エネ塩】を、おつけします。詳しくは、ここをクリックしてください。(4~9月の予定です)

タイトルとURLをコピーしました