冬至前から、明け方の「かわたれ」が、早くなってきてる

 青空と新雪と(^^)


 

「黄昏(たそがれ)」が伸びて、夕方の明るさが長くなってきてる。
誰ぞ彼はから、たそがれ、彼は誰ぞから、かわたれへ。

ところで。今日は、あ!と気がついた。
なんと「彼は誰(かわたれ)」も、早くなってきてる。
夕方は、たそがれ。明け方は、かわたれ。優雅だなっ♪

日の出の前の明るさ。これが、早くなり、明るさも増している。
冬至は明後日だけどね。うれしいなあ♪

11~12月になると、このあたりは、雲が多くなり、
日照時間そのものが少な目になることが多いので、
なかなか気がつきにくいんだけど、
これを知って日々を観察してると、気がつきやすくなる。

北海道は広いので、天気予報も、各場所で相当異なる。

冬の十勝地方は、冬型の気圧配置になると晴天が続く。
通称「十勝晴れ」。雪が少ないし、いいなあと思うけど、
気温が低いところも多いらしい。冬の晴れは、そういう面も。

気温の高めのところで降る雪は、水分を含んで重い。
気温が低めのところで降る雪は、水分が少なく、軽い。

このあたりは、基本的に、軽い方の雪が降る方が多い。
寒いのもきついけど、重い雪はかなりキツイ。これも経験した。

毎年、雪の降り始めの時期や積もり出す時期も、まちまち。
けどまあ。一年とおしてみると、ま、例年くらい。
数年とおしてみると、まあ、例年くらい。の感覚で。

旭山動物園の冬の名物、ペンギンのお散歩も、
もう少ししたら、始まるかなあ。
直に見ると、ほんとに、ほっこりしますよ~(^^)

今日は、太陽さんのヒカリを浴びながら、雪かきしました。
げんばから、おおつがお伝えしました(笑)(^^)

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、ポジティブでゴー♪♪♪勝つぞ!!

タイトルとURLをコピーしました