空の鳥、地の鳥、水の鳥。もとは恐竜かもね。

  エゾ松と、松ぼっくり♪


今朝は、朝から太陽さんが(^^)。最高の散歩日和♪

いつものゼロ密のコース。朝露に濡れた緑の葉っぱが
太陽さんに照らされて、きらきら。いいなあ~。

今日は、黄緑の、たぶんキリギリス系のタイプを2匹見かけた。
あざやかで、とても目立つ。写真は撮らずに、記憶に残した。

ふと、遠い空を見ると。
トンビが風にのって、ゆうゆうと、滑空してる。
ほとんど、羽ばたかない。風の流れをキャッチしてるのか、
風にのって、省エネで移動してる。
ナウ〇カが空を飛ぶシーンを思い出した♪

二、三度羽ばたいて、つい~っと進み、また羽ばたき…という
飛び方をする鳥がいる。なんという鳥か、知りたいなあ。

カラスやハトは、道路にいても、間合いを測って、
歩ける時には、歩いて車をよけている。
鳥なんだから、飛べば!って思うけど、
けっこう大変なのかもね。飛ぶのって。

鳥の場合、環境によっては、飛ぶことをやめたタイプもいる。

ヤンバルクイナとか、ペンギン、ダチョウなど。

退化というよりは、適応なのかもしれない。
生きのびてくための。しかも、鳥類としての。

鳥は、恐竜のながれを組むという。
大型の恐竜は、今はいなくなったけど、
鳥となって生きのびてる説が有力で。

地球にいるすべてのイキモノは。
すべて、宇宙のながれをくみ、今は地球ですごしてる。
姿をかえ、暮らしかたをかえながら。
その能力、どう手に入れたんだろう?

宇宙エネルギーたっぷりで、色々かんがえて、アソボウ(^^)

宇宙エネルギー使いまくりで、今日も、ポジティブでゴー♪♪♪勝つぞ!!

タイトルとURLをコピーしました