言葉って、色んな表現のしかたがある

 比布のマンホール♪上は、いちごです♪


言葉って、色んな表現のしかたがある。
同じ言葉でも、専門的だったり、シンプルだったり。

「相手に伝える、判ってもらう」のが目的の場合」
相手がわかる言葉にしてく必要がある。
自分の方がね(^^)。

新しいホームページは、wordpressというソフトを利用してる。
これは自分が利用するサーバーに自分でアクセスして、
サーバー内で作業するという、今までに経験のないタイプ。

今までは、自分のパソコンで作ったホームページのデータを、
サーバーに送ると、全てのパソコン画面で表示されたんだけどね。

で。とにかく、利用してるサーバーのマニュアルを見ながら、
色々と設定してくのだけど。このマニュアルが。
「わかるひとには、わかる」バージョンで。ムムム。
「わからないひとには、なんのことやら」とも言えるもので(笑)

今回は、パソコン教室の先生にも応援していただき、
わかりずらいマニュアルを見ながら、設定をしてゆき、
ようやく作業ができる状態に。ほっ♪

のちに見当がついたこと。
サーバの、質問に答えるサポートチームは、パソコンの知識が
豊富にあり、パソコンに詳しい。そして仲間内では、
専門用語と専門知識が、ふつうに通じる。

ところで。利用する側、顧客側が、
「これで判ってくれるかなの検証」が、たぶんナイのかも。
専門知識を、ふつうの人に伝えるというのは、
また別のスキルやレッスンが必要なんだな~(^^)と、思った。

別のサーバーのマニュアルを見ると、作業の画面のフォトも
豊富にあって、そうか、この画面から作業すると良いんだなと、
わかりやすいような工夫がされてた。
もちろん、これで判るかどうかは、また別の話だけどね(笑)

パソコン教室の先生は、幼稚園児から超高齢者でも、
その時々で、相手がわかるように説明できるそう。

こういうエピソードも伺いながら、パソコンのスキルを磨いてる。
教わって、一緒にいてもらって、身に着くことが、多々ある。

どの世界も同じだね(^^)イェイ♪

宇宙エネルギーたっぷりで、今日もパソコンや色んなことに
トライでゴー♪勝つぞ(^^)

タイトルとURLをコピーしました